サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: マドリー

    1 名前:数の子 ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 09:24:51.11 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000033-goal-socc

    スペイン・スーパー杯 バルセロナ 1-3 レアル・マドリー

    レアル・マドリー:OG(50分)、C・ロナウド(80分)、アセンシオ(89分)

    バルセロナ:メッシ(77分)


    13日にスペイン・スーパーカップのファーストレグが行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでレアル・マドリーに1-3と敗れている。

    今夏パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールが不在となり、「ポスト・ネイマール」時代で初の公式戦を迎えたバルセロナ。一方、昨季前人未到のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げたマドリーは6冠を目指して今季2つ目のタイトル獲得に挑む。

    バルセロナはネイマールの代わりにデウロフェウが前線に入り、メッシ、スアレスと共に3トップを形成する。対するマドリーは出場停止のモドリッチ代役にコバチッチが起用され、今夏プレシーズン合流が遅れたC・ロナウドはベンチスタートとなった。

    両チーム通じて最初のシュートを放ったのはマドリーだった。1分、テア・シュテーゲンのパスを高い位置でイスコがカット。それを拾ったコバチッチがロングシュートを放ち、枠を捉える。

    バルセロナは9分、スアレスに決定機。イニエスタの中盤からのロビングパスを受けたスアレスは巧みなコントロールから左足を振り抜く。鋭いシュートはポストをかすめて左へ外れた。

    対するマドリーは36分にイスコが左サイドを破り、速いクロスを入れる。中央でベイルがボレーを放ち、GKテア・シュテーゲンを強襲する。

    スコアレスで前半を終えた両者だが、50分に均衡が破れる。イスコのパスを受けたマルセロがグラウンダーのクロスを入れると、これがピケのオウンゴールを誘ってマドリーが先制に成功した。

    ジダン監督は58分、ベンゼマに代えてC・ロナウドを投入。エースをピッチに送り込み、バルセロナを仕留めに掛かる。

    しかし76分、バルセロナが意地を見せる。スアレスがGKナバスに倒されてPKを獲得。これをメッシが沈め、15分弱を残したところで同点に追い付く。

    カンプ・ノウの観衆の安堵の表情が保たれたのは数分だった。80分、マドリーが電光石火のカウンター。最後はイスコのパスを受けたC・ロナウドがピケをかわして右足を振り抜き、GKテア・シュテーゲンを破った。

    C・ロナウドは得点から2分後に、ペナルティーエリア内でユムティティと接触して、PK欲しさに倒れたとして主審からこの日2枚目のイエローカードを受け、退場処分となっている。

    エースを欠いて10人になっても、マドリーの勢いは衰えなかった。89分、またもカウンターからL・バスケスが抜け出し、そのラストパスを受けたアセンシオが左足を強振。豪快なシュートがゴール左上隅に突き刺さり、マドリーが2点のリードを奪った。

    マドリーはそのまま逃げ切って、見事カンプ・ノウを征服した。マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセカンドレグは、16日に行われる。
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502670291
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    308: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2017/08/09(水) 07:39:51.10 ID:D3tV/Cqj0 ⇒「マドリーはオフサイドの王者だ!」 レアルの先制点にマンUサポーター激昂(TheWorld)

    カゼミロの先制点に怒り
    8日に行われたレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドのUEFAスーパーカップは、2-1でチャンピオンズリーグ王者レアルが勝利した。しかし、これに納得していないのがマンUサポーターだ。

    彼らが注目しているのは、24分にレアルのカゼミロが決めた先制点だ。ダニエル・カルバハルのクロスにカゼミロが抜け出してボレーで合わせたシュートだが、カゼミロの位置がオフサイドだったのではないかといった議論が起こっている。英『Express』もわずかにオフサイドだったのではないかと取り上げており、少しばかりスッキリしないゴールになってしまった。

    英『Daily Mirror』はオフサイドと信じるマンUサポーターの声を取り上げているが、SNS上ではあの一撃に不満を訴える者が続出している。

    「マドリーのシーズン初ゴールはオフサイドだ」

    「あれはオフサイド。マドリーはベスト・オフサイド・チーム。オフサイドの王者だ!」

    「マドリーはオフサイドからゴールを決める達人だ」

    「新シーズンも変わらずマドリーはオフサイドからゴール。何も変わらない」

    マンUサポーターからはこのような不満が挙がっており、同メディアのおこなったアンケートでも77%の人がカゼミロのゴールをオフサイドだったと答えている。

    確かにカゼミロのポジションは非常に際どく、少し出ているようにも見える。しかしクリス・スモーリングの足が残っているようにも見え、意見が分かれるのも仕方がないところ。線審があの際どいプレイを判断するのは困難と言えよう。

    近年はビデオ判定を積極的に取り入れる動きがあるが、今季も早々にオフサイドか否かの議論が起きてしまった。

    引用元: ◆◇El Blanco Real Madrid 901◇◆ [無断転載禁止]©2ch.net

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 20:29:18.27 ID:CAP_USER9.net

    FC東京U-18に所属する久保建英に、レアル・マドリーが熱い視線を送っているようだ。

    英国『The Sun』が伝えている。

    今年5月、弱冠15歳ながらU-20ワールドカップに出場した久保。今年10月にはU-17ワールドカップへの出場が濃厚になっており、またもや注目を集めること間違いなしだ。

    そんな久保はご存知の通りバルセロナのカンテラ出身で、2011年から2015年まで在籍。

    充実した時を過ごしていたのだが、チームが18歳未満の外国籍選手に関するルール違反を犯したことで公式戦での出場ができなくなり、2015年に帰国していた。

    久保に関しては、18歳となる2019年にバルセロナに復帰するのではないかとも報じられたが、最大のライバルであるマドリーも獲得を試みているそう。

    マドリーは先日、『NEXTネイマール』と呼ばれる17歳のヴィニシウス・ジュニオールとの契約を発表しており、同世代である久保に対してもバルセロナとの獲得レースに挑むようだ。

    なお、同紙は久保について「アジアで最もホットな才能の一人」と紹介している。

    http://qoly.jp/2017/08/01/real-madrid-eye-takefusa-kubo-kwm-1
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501586958
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 20:29:18.27 ID:CAP_USER9 FC東京U-18に所属する久保建英に、レアル・マドリーが熱い視線を送っているようだ。
    (*゜∀゜)っ続きはリンク先から
    http://qoly.jp/2017/08/01/real-madrid-eye-takefusa-kubo-kwm-1

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: イコ ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 21:18:31.94 ID:CAP_USER9 レアル・マドリーが、モナコFWキリアン・ムバッペ獲得に動きを見せた。スペイン『マルカ』が報じている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000016-goal-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ