サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: レアル

    1: Egg ★ 2018/01/27(土) 15:17:38.33 ID:CAP_USER9 レアル・マドリードは今季のリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナと勝ち点差19の4位に沈み、スペイン国王杯も8強敗退という苦境に陥っている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/27(土) 15:17:38.33 ID:CAP_USER9.net

    レアル・マドリードは今季のリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナと勝ち点差19の4位に沈み、スペイン国王杯も8強敗退という苦境に陥っている。

    そうしたなか、今夏の移籍市場で総額770億円もの“爆買い補強”に打って出る可能性が浮上していると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

     レアルは来季の巻き返しに向けて、プレミアリーグから3人の大物獲得に照準を定めたという。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールに移籍金2億ポンド(約308億円)、今季もプレミア得点ランク首位を走るトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインも2億ポンド、そしてマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得にも1億ポンド(約154億円)を準備していると報じられている。

     総額770億円というフットボール史上最大の爆買いで、レアルは再び“銀河系軍団”完成を目指しているという。

     ジネディーヌ・ジダン監督は、以前からアザールの獲得を熱望。今季絶不調のFWカリム・ベンゼマに代わるセンターフォワードの補強は急務となっており、これまでもたびたびケインの名前は浮上している。そしてデ・ヘアは2015年夏に手続き上のトラブルで破談となって以降も、フロレンティーノ・ペレス会長が獲得に執念を燃やしていると言われている。

     パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール獲得の噂も浮上するなか、レアルはプレミアの実力者トリオを引き抜くことで再びスペインの頂点を目指すことになるのだろうか

    1/27(土) 12:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010007-soccermzw-socc

    【サッカー】<ジダン監督が辞任を示唆!>国王杯敗退から立ち直れなければ「明日にも去る」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516986869/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517033858
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/11(木) 06:28:29.66 ID:CAP_USER9.net

    ・半年間で3センチ成長し、大台突破…師事するトレーナー証言「ピピだけ怪我がない」

    サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳、中井卓大が半年間で身長が3センチ成長し、170センチに到達したことが明らかになった。

     華麗なドリブルテクニックで、下部組織の公式戦でゴールを積み重ねる、次代の日本代表候補は、スペインの大地で順調に成長していた。

    「ピピ(中井の愛称)の身長は170センチちょうどになりました。今は体がどんどん大きくなる成長期です。成長痛にならないようなトレーニングメニューに取り組んでいます。今は特に、どんどん大きくなる上半身を支える膝周りの怪我を予防するために膝周りの強化を進めています。膝の怪我はキャリアに大きく影響しますから」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。

     体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部のアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

     ピピの愛称でスペインで知られる中井は中学2年生。小学3年から「Koba式体幹・バランストレーニング」に励んでいる。昨夏にインファンティールA(U-14)からカデーテBに昇格した際は167センチだったが、順調に成長。170センチの大台に到達したことを木場トレーナーに報告したという。

    9歳から体幹トレ実践…木場氏「試合でも競り合いで力強さとキレ見せている」

     マドリード市内の中学校に通いながら、週4日のレアル下部組織で技術を強化。スペインの神童に勝るとも劣らないテクニックとセンスを見せ、中盤でゲームメークする姿はトップチームのクロアチア代表の司令塔ルカ・モドリッチを彷彿させるほどだ。

     レアル・マドリードファンデーションの日本で開催されたサッカー教室でコンディショニングコーチで招聘された木場氏のトレーニング本を9歳ですでに読破。スペインに渡った後も、休暇で帰国する際は都内の木場氏のジムを訪れ、ゴムチューブ、ファンクショナルマットを用いたメニューに取り組んでいる。

     木場氏はスペインに練習メニューを動画ツールで送って遠隔指導。朝のトレーニング、練習当日、疲労の少ない日など、コンディションに応じたメニューを準備し、中井は動画の木場氏のコーチングを暗唱できるほど日々、体幹トレーニングに励んでいる。

     9歳の若さから6年間、日々の研鑽の成果は今シーズンも如実に現れているという。

    「ピピと話した時は、チームの他の選手がみんな怪我しているのに、ピピだけは怪我がないと喜んでいました。試合でも競り合いのシーンでぶれない、力強さとキレを見せています。このまま順調に成長してもらいたいです」

     木場氏はサッカー界の至宝の順調な成長に目を細めていた。

    1/10(水) 9:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010000-theanswer-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00010000-theanswer-000-4-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515619709
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/01/14(日) 02:16:27.95 ID:CAP_USER9.net

    1/14(日) 2:10配信
    混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0-1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

    ■リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル

    ビジャレアル:フォルナルス(43分)

    13日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0-1で落とした。

    1試合未消化ながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられ、優勝争いから事実上脱落したレアル・マドリー。今後はコパ・デル・レイ、そしてチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を合わせたいところだが、来季CL出場権を確保するためにも、ここから調子を上げていくためにもリーガで力を抜き過ぎることはできない。ジダン監督はGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド、ベイルをスタメンとして起用した。

    レアル・マドリーは序盤からボールを保持して、ビジャレアル陣地に果敢に攻め込む。不調を引きずるように連係がうまく取れず、素早い展開が求められるフィニッシュの場面でもボールを持ち過ぎるきらいもあったが、それでも時間が経つに連れてチャンスを生み出していった。ただ、得点力不足は相変わらず。23分にはC・ロナウドが直接FKからゴールを狙うが、これはGKアセンホに弾かれる。また30分にはモドリッチのスルーパスからC・ロナウドがダイアゴナルランで最終ラインを抜け出すも、ループシュートは枠の左へと外れた。

    レアル・マドリーはさらに45分、ペナルティーエリア内右のイスコが折り返したボールにファーサイドから飛び出したC・ロナウドが合わせたが、またもアセンホのセーブに弾かれる。C・ロナウドはシュート時に背後からマリオの妨害を受けたと主張。だがウンディアーノ・マジェンコ主審はPKを取ることなく、前半終了のホイッスルを吹いた。冷たいこぬか雨が降りしきるベルナベウ。フラストレーションを溜め続けるファンは、ピッチから下がる審判団に対して容赦のないブーイングを執拗に浴びせていた。

    後半、レアル・マドリーは応援団が陣取る南スタンドのゴールに向けて攻撃を仕掛けていく。が、得点という実りを得るには至らない。ファンのフラストレーションの矛先は、次第にチーム自身にも向かい、カウンター時にC・ロナウドがミスをするとスタンドのあちらこちらから指笛が吹かれた。

    クロスからの攻撃一辺倒となり、さらにはビジャレアルのボール保持を許すなど、徐々に停滞していくレアル・マドリー。ジダン監督は69分に交代カードを切り、疲労が見えるイスコ、存在感がなかったベイルとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオをピッチに立たせる。だが、この交代策も効果はなし。そして43分、CKからビジャレアルのカウンターを許すと、フォルナルスにK・ナバスを破られ失点を許した。観衆はこのゴールから家路につき始め、残った人々はチームに向けて渾身の指笛を吹いた。

    レアル・マドリーはその後もあきらめずに南スタンドに向けてボールを運んで行ったが、そこに陣取る応援団以外からは指笛が聞こえ続ける。そうして試合は、レアル・マドリーが1点ビハインドを背負ったまま終了。マジェンコ主審がホイッスルを鳴らした瞬間に指笛はさらに強まり、マドリディスタスの神殿は混沌に支配されている。

    3試合勝利から見放されている4位レアル・マドリーは5位ビジャレアルに勝ち点差を1まで縮められ、また明日にアラベス戦に臨む6位セビージャは同勝ち点に並ばれる可能性がある。そして首位バルセロナが明日のレアル・ソシエダ戦に勝てば、勝ち点差は19まで広がる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000033-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000033-goal-000-2-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515863787
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/11(木) 06:28:29.66 ID:CAP_USER9.net

    ・半年間で3センチ成長し、大台突破…師事するトレーナー証言「ピピだけ怪我がない」

    サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳、中井卓大が半年間で身長が3センチ成長し、170センチに到達したことが明らかになった。

     華麗なドリブルテクニックで、下部組織の公式戦でゴールを積み重ねる、次代の日本代表候補は、スペインの大地で順調に成長していた。

    「ピピ(中井の愛称)の身長は170センチちょうどになりました。今は体がどんどん大きくなる成長期です。成長痛にならないようなトレーニングメニューに取り組んでいます。今は特に、どんどん大きくなる上半身を支える膝周りの怪我を予防するために膝周りの強化を進めています。膝の怪我はキャリアに大きく影響しますから」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。

     体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部のアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

     ピピの愛称でスペインで知られる中井は中学2年生。小学3年から「Koba式体幹・バランストレーニング」に励んでいる。昨夏にインファンティールA(U-14)からカデーテBに昇格した際は167センチだったが、順調に成長。170センチの大台に到達したことを木場トレーナーに報告したという。

    9歳から体幹トレ実践…木場氏「試合でも競り合いで力強さとキレ見せている」

     マドリード市内の中学校に通いながら、週4日のレアル下部組織で技術を強化。スペインの神童に勝るとも劣らないテクニックとセンスを見せ、中盤でゲームメークする姿はトップチームのクロアチア代表の司令塔ルカ・モドリッチを彷彿させるほどだ。

     レアル・マドリードファンデーションの日本で開催されたサッカー教室でコンディショニングコーチで招聘された木場氏のトレーニング本を9歳ですでに読破。スペインに渡った後も、休暇で帰国する際は都内の木場氏のジムを訪れ、ゴムチューブ、ファンクショナルマットを用いたメニューに取り組んでいる。

     木場氏はスペインに練習メニューを動画ツールで送って遠隔指導。朝のトレーニング、練習当日、疲労の少ない日など、コンディションに応じたメニューを準備し、中井は動画の木場氏のコーチングを暗唱できるほど日々、体幹トレーニングに励んでいる。

     9歳の若さから6年間、日々の研鑽の成果は今シーズンも如実に現れているという。

    「ピピと話した時は、チームの他の選手がみんな怪我しているのに、ピピだけは怪我がないと喜んでいました。試合でも競り合いのシーンでぶれない、力強さとキレを見せています。このまま順調に成長してもらいたいです」

     木場氏はサッカー界の至宝の順調な成長に目を細めていた。

    1/10(水) 9:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010000-theanswer-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00010000-theanswer-000-4-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515619709
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ