サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 本田

    1: 久太郎 ★ 2018/03/30(金) 16:34:01.77 ID:CAP_USER9 日本代表はベルギーのリエージュで23日にマリと、27日にウクライナと国際親善試合を行った。しかし、1勝も挙げられず、2連戦は1分け1敗という結果に終わっている。パチューカFW本田圭佑は、日本時間30日に自身のSNSで代表戦での課題について触れている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20180330/jpn18033015560004-n1.html

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/03/28(水) 17:27:12.47 ID:CAP_USER9.net

    3/28(水) 16:45配信
    【ベルギー・リエージュ27日(日本時間28日)発】日本代表の元エースが“復権”に失敗した。キリンチャレンジカップ・ウクライナ戦に臨んだ日本は、またもふがいないパフォーマンスで1―2と敗戦。ロシアW杯本番に向けて大きな不安を露呈し、ラストチャンスと言われる中で先発したFW本田圭佑(31=パチューカ)はインパクトを残せなかった。試合後はバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の方針にも異論を唱えるなど、自身3度目のW杯出場に暗雲が漂っている。

     約6か月ぶりのスタメンだったが、代表での“定位置”の右サイドでアピールはできなかった。サイドで起点になろうと懸命にボールをキープするものの、チームの攻撃を遅らせるばかり。スピードと運動量が足りない場面も目立ち、チャンスをつくり出すこともできないまま後半19分にピッチを去った。

     本田は「個人的には満足できないですけど、負けた以上ね。ただ、正直もうちょっとやりたかったなというのはありますね」と悔しさをにじませた。その理由について「前半から(敵の)サイドバックを走らせていた部分があったから。サッカーは奥深くて、最初の布石が後半になって生きてくる場面での交代やったので個人的には悔しいですよね」と解説した。

     その上で「監督にもっと見てみたいと思わせられなかった自分に非があるのはわかってますけど」とも。昨夏にレベルの高い欧州を離れてメキシコリーグへ移籍。ようやく調子を取り戻して代表復帰。しかし先発の好機も生かせずにロシアW杯メンバー入りが遠のいたことは、十分に理解しているという。

     ただ、自身よりもチームの状態の方が気がかりのようだ。23日のマリ戦(1―1)でも結果が出せずにチームは空中分解寸前。そんな状況で迎えたウクライナ戦も力負けとW杯に向けて不安は尽きない。「対策としては(試合を)支配することが大事で、結果として守備もよくなると考えている。ただ、チームがそれ(支配率)を大事にしているかというと、明らかに違う」とハリルジャパンの戦術と方針に異論を唱えた。

     さらに選手個々が能力を発揮できていない現状について「個以外のものが、個を引き立たせるというのもありますよ。それができていないというのはあるでしょうね」と、選手の特長を引き出すような組織的な戦いができていないと指摘。つまりはハリルホジッチ監督の戦略こそが日本代表が低迷している原因であると言わんばかりだ。

     とはいえ、3度目のW杯出場を目指す本田は指揮官の評価を覆すようなパフォーマンスを見せられなかったのも事実。今後もクラブでアピールを続けるが、5月31日に発表されるW杯メンバー入りはますます厳しい状況になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000037-tospoweb-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522225632
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 豆次郎 ★ 2018/03/28(水) 17:27:12.47 ID:CAP_USER9 【ベルギー・リエージュ27日(日本時間28日)発】日本代表の元エースが“復権”に失敗した。キリンチャレンジカップ・ウクライナ戦に臨んだ日本は、またもふがいないパフォーマンスで1―2と敗戦。ロシアW杯本番に向けて大きな不安を露呈し、ラストチャンスと言われる中で先発したFW本田圭佑(31=パチューカ)はインパクトを残せなかった。試合後はバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の方針にも異論を唱えるなど、自身3度目のW杯出場に暗雲が漂っている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000037-tospoweb-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: おうか ★ 2018/03/22(木) 07:27:26.53 ID:CAP_USER9 【リエージュ(ベルギー)21日】半年ぶりに復帰した日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が信じる道を突き進む。明日23日のマリ代表との国際親善試合に向け、ほぼ非公開で練習した。W杯(ワールドカップ)最終23人のメンバー入りへ、当落線上とみられるが「選ばれるためだけのW杯なんて何の意味もない」と言い放った。あくまで目標はW杯優勝、W杯で勝つこと。それを突き詰める。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00156344-nksports-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:おうか ★:2018/03/22(木) 07:27:26.53 ID:CAP_USER9.net

    【リエージュ(ベルギー)21日】半年ぶりに復帰した日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が信じる道を突き進む。明日23日のマリ代表との国際親善試合に向け、ほぼ非公開で練習した。W杯(ワールドカップ)最終23人のメンバー入りへ、当落線上とみられるが「選ばれるためだけのW杯なんて何の意味もない」と言い放った。あくまで目標はW杯優勝、W杯で勝つこと。それを突き詰める。

     とっくに腹はくくった。というより、本田にとっては当然の姿勢だ。半年ぶりの復帰。厳格で頑固なハリルホジッチ監督からは、メンバー発表会見で「このチャンスをつかんでほしい」と突き放された。

     だが、どんな状況でも目標は見失っていない。いつも夢、大目標から逆算して生きてきた。今もそう。4年前、惨敗したW杯ブラジル大会後は口に出さず胸に秘めたままの「W杯優勝」。このためにサッカーをし、日本代表にいる。

     「自分の目的がW杯だというゴールを設定した場合、どういう形でこの3度目のW杯を迎えるべきなのか。これは、選ばれる選ばれないは度外視して、選ばれるためだけのW杯なんて何の意味もない。それが議論されすぎているけど、いつも自分はW杯で勝つために今までやってきたし、そのスタイルはこれからも変えない。それで選ばれなくても、何の後悔もない。ただ、選ばれるためだけのこの3月の2試合でもない」

     パチューカではW杯イヤーの18年に入り、リーグ11試合で4得点5アシストと結果を出している。「パチューカでも、自分がこの日本代表に欠けているものを補える、付加価値を与えられるのは何なのか、それを自問自答してトレーニングしている」。選外が続いても片時も日本を勝たせることを忘れたことなどない。

     個の力でチームに違いをもたらす、その考えも変わらない。「晩年の選手がこれだけ個に集中し始めている。こんな頭のイカれた選手は今まで多分、日本だけでなく世界的に見てもいない。だから面白いです」。明日23日マリ戦も控えが濃厚だ。冷静に「スタイル的に、少なくとも監督の理想とするタイプでないのは100%承知なわけで。ここまで何とか盛り返してはきている」と現状分析もした。ただ、本田は本田。どうなろうと、信じる道を突き進む。たとえそれでW杯に行けなかったとしても。譲れないものがある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00156344-nksports-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521671246
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ