サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 移籍

    120: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/21(月) 18:38:12.48 ID:OX1d7YxX0 ⇒テネリフェ幹部、杉本健勇獲得の可能性に言及。地元紙インタビューに語る(フトチャン)

    スペインでの報道によれば、杉本とC大阪の契約には90万ユーロ(約1億1500万円)の契約解除金が設定されているとのこと。 2部のクラブにとっては大きな金額であり、金銭面が移籍の障害となる可能性もあるとみられている。

     スペイン2部テネリフェのペドロ・ロドリゲス・サラゴサGD(ゼネラルディレクター)は、セレッソ大阪に所属するFW杉本健勇を獲得する可能性があることを認めている。21日付の地元紙『エル・ディア』が同GDのインタビューを伝えた。

     昨シーズン後半にMF柴崎岳(現ヘタフェ)が所属していたテネリフェは、この夏の移籍市場で新たな日本人選手の獲得に動こうとしている模様。FC東京のFW中島翔哉や、レスター・シティのFW岡崎慎司の名前も挙げられていたが、その後杉本が前線の新戦力候補の一人であることが現地メディアで報じられていた。

     スペインでの報道によれば、杉本とC大阪の契約には90万ユーロ(約1億1500万円)の契約解除金が設定されているとのこと。2部のクラブにとっては大きな金額であり、金銭面が移籍の障害となる可能性もあるとみられている。

     ロドリゲスGDは地元紙のインタビューに対し、90万ユーロでの杉本獲得に動いていることを認めつつ、「クラブは850万ユーロ(約10億9000万円)の予算を準備できる。昨年より30%から45%増加している」と主張。だが実際に杉本の獲得が可能となるかどうかは、リーガによる予算の承認が下りるかどうか次第だとも述べている。

     杉本はC大阪でエースストライカーとして覚醒し、今季のJ1ではここまで14ゴールを挙げる活躍でチームの上位躍進に貢献している。海外への初挑戦を決断することになるのだろうか。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9342

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    172: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/21(月) 07:22:17.70 ID:KLtvxY3c0 ⇒C大阪・杉本 スペイン移籍か残留か…「24日に全部話します」(スポニチ)

    no title スペインリーグ移籍が取りざたされているC大阪のFW杉本健勇(25)が、自らの去就について24日に明かすことを明言した。今季14得点目を奪った磐田戦から一夜明けた20日、大阪市此花区で回復系のメニューを消化。練習後に報道陣から移籍関係の質問を受けると「24日に全部話します」と話した。

     スペイン2部テネリフェから獲得の打診を受けており、ほかにもスペイン1部ジローナなど複数クラブから興味を示されている。ゴールを量産するストライカーは日本代表のハリルホジッチ監督も追跡しており、W杯アジア最終予選オーストラリア戦、同サウジアラビア戦に初選出される可能性が出ている。そのメンバー発表日も24日。残留か移籍か、そして代表招集はあるのか。注目が集まる。
    [ 2017年8月21日 07:07 ]

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9341

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    370: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/15(火) 06:56:41.18 ID:KLKlxpyH0 ⇒FC東京MF中島 ポルトガル1部からオファー!条件次第で期限付き移籍へ(スポニチ)

    no title ポルトガル1部ポルティモネンセがFC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉(22)に期限付き移籍での獲得を正式オファーしたことが14日、分かった。複数の関係者が明かした。中島も海外志向が強く、条件面での交渉が順調に進めば、新天地へ踏み出すことになりそうだ。

     FC東京が誇るドリブラー、中島が念願の欧州移籍に大きく近づいた。1部昇格を果たしたポルティモネンセは今夏の戦力補強に積極的で、22歳MFに対して期限付き移籍での獲得を正式にオファー。関係者によれば、「目玉的存在として最上位にリストアップしている」という。

     ポルティモネンセは1914年創立。ポルティモンを本拠地とし、昨季は25勝8分け9敗で2部優勝を飾った。かつて浦和で活躍したポンテ氏がテクニカルダイレクター(TD)を務め日本サッカーにも精通。早くから中島のプレーをチェックしていたという。2部時代の13〜15年にはFW金崎夢生(現鹿島)も在籍するなど日本人の獲得に積極的だ。

     今季の中島はFC東京で19戦出場し、鋭いドリブルを武器に2得点をマーク。J2東京V時代の12年10月の栃木戦では史上最年少ハットトリックを記録している。昨年はリオ五輪代表で10番を背負い1次リーグ全3戦に出場、コロンビア戦ではループ弾を決めた。当然、日本代表、W杯出場は目標、さらなる成長を求め、海外志向は強くなった。

     ただし、現在は、FC東京でも攻撃をけん引する存在。期限付き移籍での成立には条件面で合意できるかが、焦点となる。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9320

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:50:12.46 ID:CAP_USER9.net

    『Daily Mail』は12日、「広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョは、バルセロナと契約を結んだ」と報じた。

    トッテナム・ホットスパーから2015年に広州恒大へと移籍したパウリーニョ。数か月前からバルセロナとの関係が噂されていた。

    7月には1700万ポンド(およそ23.9億円)でオファーがあったとのことだが、それは広州恒大側から断られていた。

    しかし今回バルセロナはなんと4000万ユーロ(およそ51.2億円)という大きな移籍金を提示し、ついに取引を合意に至らせたという。

    パウリーニョは以前からバルセロナへの移籍に前向きであることを明かしており、メディアにもその意志を公にしていた。

    バルセロナは先日ネイマールを2億2200万ユーロでPSGに放出したが、その後釜探しに苦戦している。

    フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)、ウスマヌ・デンベレ(ボルシア・ドルトムント)は断られてしまったと言われており、アンヘル・ディ・マリア(PSG)やクリスティアン・エリクセン(トッテナム)らの噂も具体的に動いてはいないようだ。

    しかし、同時にネイマール資金はパウリーニョ獲得への投資を増やすことに繋がり、課題であった中盤の強化には成功したようだ。

    なお、バルセロナから公式なアナウンスはまだないため、今後どうなるかは不明である。

    http://qoly.jp/2017/08/12/barcelona-signed-with-paulinho-kgn-1
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502542212
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    499: U-名無しさん@実況・\(^ω^)/ 2017/08/12(土) 05:34:43.45 ID:J77Gt6Dc0 ⇒C大阪・杉本健勇にテネリフェ獲得打診 柴崎活躍で日本人高評価(スポニチ)

    no title

    C大阪がスペイン2部テネリフェからFW杉本健勇(24)の獲得の打診を受けていることが11日、分かった。複数の関係者によると、7月に話が届いたもよう。条件面で折り合わなかったが、今後は提示などを見直すことで正式オファーに至り、移籍する可能性もあるという。

     過去に1部でも戦ったテネリフェは昨季2部で4位。昇格プレーオフで敗れたが、途中加入した柴崎の活躍で日本人選手の評価は高く、今季のJ1で得点ランクトップタイ(13得点)の大型FWに注目。ほか、同1部ジローナなども杉本獲得に興味を示している。

     杉本は海外移籍を目標としてきた。今季は育成組織から育ってきたC大阪で優勝争いしており、「今はセレッソだけ」と話してきたが、今後の行方に注目が集まる。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9310

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ