サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: バルセロナ

    001スペインのラジオ局「Cadena SER」など複数メディアはさきほど、バルセロナを退団するスペイン代表MFイニエスタがヴィッセル神戸に移籍すると一斉に報じました。 報道によると契約期間は3年で、年俸は約32億円という大型 ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:数の子 ★:2018/03/11(日) 11:51:44.51 ID:CAP_USER9.net

    パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールが、バルセロナ復帰を希望している可能性が浮上した。

    昨夏にバルセロナからPSGに移籍を果たしたネイマールだが、スペイン『ムンド・デポルティボ』は同選手が古巣復帰を希望していることを報道。曰く、ネイマールはバルセロナの幹部らとコンタクトを取り、2019年に同クラブに復帰する可能性を探ったという。

    ネイマールはバルセロナに対して、FWリオネル・メッシの陰に隠れる状況から逃れるためにPSG移籍を決断したこと、しかしリーグ・アンのレベルの低さやPSG内での選手間のいざこざに嫌気が差していることを伝えたという。

    『ムンド・デポルティボ』の報道はスペイン、ひいては世界中を駆け巡った。そしてバルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、10日のリーガエスパニョーラ第29節マラガ戦(2-0)後の会見で、この報道について言及。同指揮官は「とりとめのない話」と、気にしてはいないことを強調している。

    「ネイマールの件については、とりとめのない話のように思える。どこからそういう話が出て、どのように終わるのかが分からない。とりとめのない話をすることはできない」

    なおネイマールの移籍金として、バルセロナに2億2200万ユーロを支払ったとされるPSGは、同選手と2022年まで契約を結んでいる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000003-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520736704
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 数の子 ★ 2018/03/11(日) 11:51:44.51 ID:CAP_USER9 パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールが、バルセロナ復帰を希望している可能性が浮上した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000003-goal-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/07(日) 06:33:07.54 ID:CAP_USER9.net

    バルセロナが6日(日本時間7日)、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)を獲得したと公式サイトで発表した

     契約期間は今季の残りと、来季以降の5年で、違約金はバルセロナがブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに引き抜かれた際に支払われた2億2200万ユーロを2倍近く上回る、4億ユーロ(約520億円)になるという。公式サイトは「コウチーニョは高い技術と戦術眼を誇り、中盤の攻撃を多彩にする」と絶賛した。

     バルセロナは、今季開幕時にも、コウチーニョの獲得に動き、リバプール側に7200万ポンド(約105億円)、9000万ポンド(約131億円)、1億1800万ポンド(約172億円)と3度、入札額を提示したが、拒否された経緯があった。今回、夏の3度目の提示額の、約3倍の違約金を提示し、ようやく獲得に至った模様だ。

     コウチーニョのバルセロナ移籍については、ユニホームを供給するナイキ社が運営するナイキ社が運営するバルセロナのオンラインショッピングサイトが「フィリペ・コウチーニョが(本拠地)カンプノウを燃え上がらせる準備は整った。マジシャン(コウチーニョのニックネーム)の名前が入った、バルサの17-18年シーズンユニホームを手に入れよう」と、フライングで移籍を発表してしまったことでも話題となった。

     バルセロナは今季、スペインリーグで首位を走る。コウチーニョ獲得で、国内、欧州戦線征圧を盤石なものにする。

    1/7(日) 6:19配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00094606-nksports-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180107-00094606-nksports-000-3-view.jpg
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515274387
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2018/01/07(日) 06:33:07.54 ID:CAP_USER9 no title バルセロナが6日(日本時間7日)、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)を獲得したと公式サイトで発表した

     契約期間は今季の残りと、来季以降の5年で、違約金はバルセロナがブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに引き抜かれた際に支払われた2億2200万ユーロを2倍近く上回る、4億ユーロ(約520億円)になるという。公式サイトは「コウチーニョは高い技術と戦術眼を誇り、中盤の攻撃を多彩にする」と絶賛した。

     バルセロナは、今季開幕時にも、コウチーニョの獲得に動き、リバプール側に7200万ポンド(約105億円)、9000万ポンド(約131億円)、1億1800万ポンド(約172億円)と3度、入札額を提示したが、拒否された経緯があった。今回、夏の3度目の提示額の、約3倍の違約金を提示し、ようやく獲得に至った模様だ。

     コウチーニョのバルセロナ移籍については、ユニホームを供給するナイキ社が運営するナイキ社が運営するバルセロナのオンラインショッピングサイトが「フィリペ・コウチーニョが(本拠地)カンプノウを燃え上がらせる準備は整った。マジシャン(コウチーニョのニックネーム)の名前が入った、バルサの17-18年シーズンユニホームを手に入れよう」と、フライングで移籍を発表してしまったことでも話題となった。

     バルセロナは今季、スペインリーグで首位を走る。コウチーニョ獲得で、国内、欧州戦線征圧を盤石なものにする。

    1/7(日) 6:19配信 日刊スポーツ
    ⇒バルサ、リバプールからコウチーニョ210億円獲(nikkan)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515274387/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ