サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: ブンデス

    1: 豆次郎 ★ 2018/03/29(木) 11:15:59.89 ID:CAP_USER9 no title 3/29(木) 10:22配信
    香川真司にガラタサライ移籍の可能性浮上。長友佑都と共演も? 現地紙が報じる

     日本代表DF長友佑都も所属するトルコ1部のガラタサライが、ドルトムントに所属する29歳の日本代表MF香川真司に興味を示しているようだ。28日にトルコ紙『milligazete』が報じている。


     同紙によると、ガラタサライが夏の移籍市場で香川の獲得を検討しているという。チームを率いるファティ・テリム監督は中盤の複数のポジションでプレーできる香川を戦力として考えているが、日本市場に向けた広告塔としての効果もあると考えているようだ。

     冬の移籍市場でインテルからガラタサライに期限付き移籍した長友はフル出場を続けており、すでに主力に定着している。そのため、ガラタサライで日本人選手に対する評価が高まっているのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00263087-footballc-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522289759/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    79: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/03/26(月) 22:02:46.05 ID:6BvSNxEt0 ⇒フランクフルト、長谷部との契約は1年延長する構え…戦力整理で鎌田らは放出?(サンスポ)

    一方、昨夏にサガン鳥栖から加わったMF鎌田大地は、これまで十分な出場機会を得ていないことから移籍、またはレンタルでの放出の可能性が浮上。同誌ではDFタレブ・タワタ、MFミヤット・ガチノビッチ、マーク・ステンデラ、アイメン・バルコク、ダニー・ブルム、FWブラニミル・フルゴタらとともにMFの放出候補としてリストアップされている。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10182

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2018/03/26(月) 12:53:51.69 ID:CAP_USER9 MF香川真司(29)の所属するドイツ1部ドルトムントの練習に初参加した陸上男子100メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト氏(31=ジャマイカ)はプロサッカー選手になれるか

     昨年8月に現役を引退したボルト氏は、かねてサッカー好きを公言し、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の熱狂的なファンとして知られる。23日にチームと約1時間のトレーニングを行い、スピードとともに技術力を猛アピール。ミニゲームでもゴールを決めたという。香川は負傷で不参加のため“共演”できなかった。

     今回の練習参加は入団テストともいわれる中、ドルトムントのペーター・シュテーガー監督(51)は地元メディアに対し「彼には才能があると思うが、より高いレベルでプレーしたいのであれば、やるべきことがたくさんあるのは明らかだ」とコメントし、否定的な見解を示したという。

    no title


    3/26(月) 11:30配信 東京スポーツ
    ⇒練習初参加のボルト氏 ドルトムント不合格?(東スポ)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522036431/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2018/03/24(土) 12:40:15.03 ID:CAP_USER9 no title 華麗な股抜きに豪快ヘッダー、さらにはPKゴールも!

    ファンもメディアもドルトムントの練習場に殺到! ボルトはその期待に応え、自慢の左足で妙技を披露した。

     ビッグスターの到来に沸き返ったのが、ドイツの強豪ボルシア・ドルトムントだ。現地時間3月23日、当初の予告通りに現地入りしたのが、陸上100メートルの世界保持者であるウサイン・ボルトだ。
     
     昨年8月の世界陸上で引退して以降、常に口にしてきた夢が、サッカー選手としてのプロ契約。これまでJリーグの川崎フロンターレや南アフリカのマメロディ・サンダウンズの練習などに飛び入り参加してきたが、今回は同じスポンサードを受けるプーマ社の計らいもあって、ドルトムントでの“入団テスト”が実現した。

    【動画】英雄ボルトが妙技を連発! ドルトムントでの一日を追った密着映像はこちら
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=37621
     
     とはいえ、そこはイベント的要素がやはり強いか。クラブはブンデスリーガとも連携して事前から大々的にプロモーションを試み、当日は朝から夕方までアトラクションが盛りだくさん。練習場には数多くのギャラリーが駆け付け、取材に訪れたテレビカメラの数も尋常ではない。リアルタイムで一挙手一投足がレポートされ、ドルトムントのみならずドイツ中がジャマイカの英雄の来訪を歓迎したのだ。

     
     チビッ子ファンやジュニアチームの選手たちとも触れ合ったボルトは、さっそくユースチームとのミニゲームに登場。華麗な股抜きや豪快ヘッドに加え、自慢の左足で冷静にPKを決めるなど、図抜けた身体能力とともに好アピールを展開した。ボール回しのロンドでもテクニックがあるところを見せつけ、トップチームでも紅白戦もソツなくこなす。練習をチェックしたペーター・シュテーガー監督を喜ばせている。
     
     数多の動画を投稿したドルトムントおよびブンデスの公式ツイッターには、ファンからに書き込みが殺到した。「普通に左足、ヤバくね?」「(ミチ・)バチュアイのサブでどうだ?即戦力だよ!」「ここまで巧いとは思わなかった」と好意的な意見が多く、なかには「見たかった走りのシーンが全然ないな」「どれだけ速いのかはよく分からなかった」「動くが重く感じる」など、少しばかり不満の声も上がっていた。
     
     ボルトは「最高のもてなしをしてもらって、選手たちも本当にナイスガイばかり。この機会をくれたドルトムントに感謝したい。素晴らしい一日を過ごせたよ」と喜びを表現。対面を果たしたマリオ・ゲッツェは「ウサインはグッドプレーヤーだ。僕たち(トップの選手)とも違和感なくやれていたしね。ひとつの驚きではあったよ」と話し、笑みを浮かべた。

    3/24(土) 6:02配信 サッカーダイジェスト
    ⇒「左足、ヤバくね?」「即戦力だよ!」ドルトムントが“ボルト狂騒曲”に揺れる!(サカダイ)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521862815/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 数の子 ★ 2018/03/21(水) 21:09:14.27 ID:CAP_USER9 no title トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、バイエルン・ミュンヘンにやってくる可能性は低いようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。

    先日、バイエルンOBのディトマール・ハマンは自らが執筆するコラムで、クラブがユップ・ハインケスの後任としてポチェッティーノに接触していると伝えた。ハインケスの契約は今シーズン終了までとなっているため、バイエルンは後任人事に追われているところだった。

    『シュポルト・ビルト』によると、実際にハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は、カール・ハインツ・ルンメニゲCEO、ウリ・ヘーネス会長とともにポチェッティーノと話し合いの場を持ったようだ。バイエルンの首脳陣は、指揮官がドイツ語を話すべきとの考えだが、サリハミジッチSDが異なる見解を持っていたことも、ポチェッティーノ招聘に向けてポジティブに働いたという。

    しかし、ポチェッティーノは受け入れそうもないと伝えられている。トッテナムとの契約を2021年まで残しており、ダニエル・レヴィ会長も指揮官を出すつもりはなく、アルゼンチン指揮官は今後もロンドンで指揮を執り続けることとなりそうだ。
    ⇒バイエルン、ポチェッティーノと接触も失敗…悩まされる後任人事(Goal.com)

    引用元: 【サッカー】バイエルン、ポチェッティーノと接触も失敗…悩まされる後任人事

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ