サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 日本

    488: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/18(金) 21:16:36.97 ID:zaVGYMaa0 宇佐美は体脂肪事件まではスピードあったよ
    体脂肪事件以降消えたように思うけど

    no title

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9331

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: ranran roo ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 22:57:01.39 ID:CAP_USER9 ヘタフェ・柴崎岳

     今季からスペイン1部ヘタフェに加入したMF柴崎岳(25)に、日本サッカー協会からロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日・埼玉)、サウジアラビア戦(9月5日・ジッダ)への招集の可能性を伝えるレターが届いた。

     17日、クラブが公式サイトで暫定リストに入ったと発表した。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)率いる日本代表は24日にメンバーを発表予定。柴崎が招集されれば、鹿島時代の2015年10月13日の親善試合イラン戦(1△1)以来の代表復帰となる。

    no title


    ⇒柴崎をサウジアラビア戦に招集へ…協会から可能性伝えるレター届く(報知)

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502978221/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 16:41:58.18 ID:CAP_USER9 今月末から開催になるワールドカップ予選。

    アジアでは3次予選のラスト2試合が行われる。グループBで首位に立つ日本だが、最後の2試合は2位サウジアラビアと3位オーストラリアと非常に手強い相手だ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「非常に大切で歴史的な試合になるでしょう」と話しており、6大会連続のワールドカップ出場がかかった一戦になる。そこで今回は、編集部のそれぞれに今回のワールドカップ予選に向けて招集してほしい選手を選んでもらった。

    関根 貴大(インゴルシュタット/GER)
    【コメント】

    オーストラリアは3バックに攻撃的なウイングバックという世界的にも奇妙なシステムを使うチーム。サイドの守備は弱く、イラクのアハマド・ヤシーンにもボコボコにされた。その反面、攻撃については強力。アレックス・ガースバックやマシュー・レッキー、ブラッド・スミスらが精力的に仕掛けてくる。つまり、そこを攻略できるかがポイントになるだろう。原口はともかくとして、機動力が乏しい本田では厳しくなるはずだ。

    そこで押したいのが関根貴大。サイドの支配力があり、ACLでアジアの相手に慣れていて、さらに中央に切れ込んでゴールも狙える。オーストラリアの守備陣は決して素早くない。彼のようなタイプは嫌なはずだ。齋藤学というのも考えたが、デゲネクが慣れてそうだからね…。

    選出者:編集部K

    杉本 健勇(セレッソ大阪)
    【コメント】

    ここまで13ゴールを決め、J1で優勝争いを繰り広げるセレッソを牽引している杉本。いわゆる「プラチナ世代」の一員で、2009年のU-17ワールドカップでは、ネイマール、フィリペ・コウチーニョらを擁したブラジルから同点弾を記録し、大器の片鱗をのぞかせた。

    その後は伸び悩んだが、ここにきての覚醒により、大迫の欠場も伝えられるオーストラリア戦への初招集が期待されている。187cmの長身にして高い運動能力を持つ彼は、攻守両面においてチームの助けとなるはずだ。

    選出者:編集部H

    森岡 亮太(ワースラント=ベフェレン/BEL)
    【コメント】

    今回の日本代表において、最も注目されるポジションの一つが「4-2-3-1」の「3」の部分だ。とりわけ、「3」の中央、いわゆる「トップ下」のポジションについては、誰が起用されるかが見えづらい。これまでこの椅子を“独り占め”してきた、本田圭佑は故障の影響もあり、新天地メキシコではプレー時間は皆無。前節のイラク戦で試験的に起用された、原口元気に至っては、所属クラブで事実上の構想外となっている状況である。

    となれば、香川真司が久しぶりにこのポジションを任せられる可能性が濃厚だが、果たしてそれは正解と言えるだろうか。対処法の一つであることは間違いないが、ここは新たな解を提案したい。それは、現在、ベルギーのベフェレンで出色のパフォーマンスを見せている森岡亮太の抜擢だ。新チームに加入するや否やチームの攻撃陣の核として、注目に値するプレーを披露。日本代表と同じく、4-2-3-1システムにおけるトップ下で、開幕から3試合で2ゴール2アシストと大活躍中であることは周知の通り。

    持ち前のアシスト能力はもちろんのこと、渡欧後にレベルが数ランク上がった、バイタルエリアから放つ正確なミドルシュートや得点機に顔を出すセンスは、現日本代表においても貴重な武器になることは必至だ。長らく日本代表からは離れているが、今の彼からは、思い切った起用にも応え得る素養が見えるだけに、ハリルホジッチの決断に期待したい。

    選出者:戸田カレン

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502869318/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 22:04:40.73 ID:CAP_USER9.net

    8/12(土) 17:33配信
    日本代表のW杯予選予備登録メンバー100名が公表…鈴木大輔、関根貴大らがリスト入り
    アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトにて、日本代表のワールドカップ予選予備登録メンバーのリストが公開された。最新のリストには100名の選手が記載されており、DF鈴木大輔(ヒムナスティック・タラゴナ/スペイン2部)やMF関根貴大(インゴルシュタット/ドイツ2部)も名を連ねた。


    内訳はGKが8名、DFが28名、MFが37名、FWが27名。このうち海外クラブ所属選手は28名となっている。クラブ別ではFC東京が12名で最多。次いで浦和レッズの9名、ガンバ大阪の8名となる。

    日本代表は2018 FIFAワールドカップ・ロシア本大会出場を目指し、8月31日にホームでオーストラリア代表と、現地時間9月5日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦する。

    (続く)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000013-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggjG2QzYzhZFTeBGV8sDSKFA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20170812-00000013-goal-000-3-view.jpg
    2 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 22:05:03.69 ID:CAP_USER9.net

    >>1 続き

    日本代表予備登録メンバーは以下の通り。

    ■GK
    西川周作(浦和レッズ)
    中村航輔(柏レイソル)
    林彰洋(FC東京)
    六反勇治(清水エスパルス)
    東口順昭(ガンバ大阪)
    権田修一(サガン鳥栖)
    櫛引政敏(ファジアーノ岡山)
    川島永嗣(メス/フランス)

    ■DF
    昌子源(鹿島アントラーズ)
    植田直通(鹿島アントラーズ)
    槙野智章(浦和レッズ)
    宇賀神友弥(浦和レッズ)
    森重真人(FC東京)
    丸山祐市(FC東京)
    室屋成(FC東京)
    小川諒也(FC東京)
    太田宏介(FC東京)
    車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
    武岡優斗(川崎フロンターレ)
    山中亮輔(横浜F・マリノス)
    松原健(横浜F・マリノス)
    川口尚紀(アルビレックス新潟)
    大武峻(アルビレックス新潟)
    藤春廣輝(ガンバ大阪)
    米倉恒貴(ガンバ大阪)
    三浦弦太(ガンバ大阪)
    岩波拓也(ヴィッセル神戸)
    水本裕貴(サンフレッチェ広島)
    丹羽大輝(サンフレッチェ広島)
    長友佑都(インテル/イタリア)
    酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    内田篤人(シャルケ/ドイツ)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    塩谷司(アル・アイン/UAE)
    鈴木大輔(ジムナスティック・タラゴナ/スペイン2部)

    ■MF
    遠藤康(鹿島アントラーズ)
    永木亮太(鹿島アントラーズ)
    柏木陽介(浦和レッズ)
    長澤和輝(浦和レッズ)
    遠藤航(浦和レッズ)
    江坂任(大宮アルディージャ)
    細貝萌(柏レイソル)
    大谷秀和(柏レイソル)
    橋本拳人(FC東京)
    中島翔哉(FC東京)
    高萩洋次郎(FC東京)
    米本拓司(FC東京)
    中村憲剛(川崎フロンターレ)
    大島僚太(川崎フロンターレ)
    谷口彰悟(川崎フロンターレ)
    喜田拓也(横浜F・マリノス)
    齋藤学(横浜F・マリノス)
    井手口陽介(ガンバ大阪)
    今野泰幸(ガンバ大阪)
    山口蛍(セレッソ大阪)
    清武弘嗣(セレッソ大阪)
    藤田直之(ヴィッセル神戸)
    大森晃太郎(ヴィッセル神戸)
    高橋秀人(ヴィッセル神戸)
    青山敏弘(サンフレッチェ広島)
    柴崎晃誠(サンフレッチェ広島)
    長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
    本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
    香川真司(ドルトムント/ドイツ)
    加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)
    小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
    南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    森岡亮太(ワースラント・ベフェレン/ベルギー)
    瀬戸貴幸(オスマンルシュポル/トルコ)
    柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    山田大記(カールスルーエ/ドイツ3部 ※退団発表)
    関根貴大(インゴルシュタット/ドイツ2部)

    ■FW
    金崎夢生(鹿島アントラーズ)
    鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
    興梠慎三(浦和レッズ)
    高木俊幸(浦和レッズ)
    武藤雄樹(浦和レッズ)
    大久保嘉人(FC東京)
    永井謙佑(FC東京)
    小林悠(川崎フロンターレ)
    鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
    川又堅碁(ジュビロ磐田)
    倉田秋(ガンバ大阪)
    長沢駿(ガンバ大阪)
    柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
    杉本健勇(セレッソ大阪)
    田中順也(ヴィッセル神戸)
    ハーフナー・マイク(ヴィッセル神戸)
    豊田陽平(サガン鳥栖)
    指宿洋史(ジェフユナイテッド千葉)
    浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
    原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    乾貴士(エイバル/スペイン)
    久保裕也(ヘント/ベルギー)
    宮市亮(ザンクト・パウリ/ドイツ2部)
    武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
    岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
    大迫勇也(ケルン/ドイツ)
    宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502543080
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 01:56:12.09 ID:CAP_USER9.net

    J1第21節の神戸-鹿島戦(ノエビア)は、注目の新助っ人、神戸FWポドルスキ(32)を鹿島DF昌子源(しょうじ・げん、24)が徹底マーク。
    後半31分に交代するまでノーゴールに抑え、2-1の逆転勝ちにつなげた。

    日本代表の天王山、W杯アジア最終予選・豪州戦(31日=埼スタ)では、
    故障を抱えるDF吉田麻也(サウサンプトン)ではなく、昌子を起用するべきだろ~。(聞き手・久保武司)

    --やはり鹿島はここ一番で強い
    「このチームはセンターバックが安定しているときは本当にいいよね。昌子はポカ(凡ミス)をしなくなった。実にいいっ!」

    --ポドルスキ封じは自信になる
    「自分の試合運びが十分、世界のトップレベルに通用すると実感したはず。ポドルスキはボールを持たせるとスーパープレーをするけど、自由にさせなかった。
    ポドルスキも、『ここまでまとわりついてくるのか?』という感じで、相当イライラしていた」

    --昌子は肝心なところで凡ミスが多い選手だった
    「最近はそれがなくなった。それどころか、センターバック同士でコンビを組む植田直通(22)にきちんと指示を出している。これがとっても大事なのさ。
    プロ野球でいうと二遊間のコンビネーションに近いかな。植田は猪突猛進タイプのセンターバックで、昌子が冷静に指示を出せるようになったことで安定してきた。理想のコンビになりつつあるよ」

    --こうなると31日の豪州戦では…
    「昌子を選ばなきゃ、ウソでしょ。でも、試合はどうだろう? 吉田と昌子は同じタイプだから、二者択一。結局は吉田を使うんじゃない?」

    --どういうことか
    「正直に言っちゃっていい? 怒られちゃうかもしれないけど」

    --ご遠慮なく
    「ビビりまくってるもん、ハリルさん。31日の試合は、石橋をたたいても渡らないようなメンバー編成しかできないよ、きっと。
    本当に心配。ここにきて、ずっと使ってきた吉田を外して昌子を抜擢する? そんな度胸、ないわな」

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170811/spo1708110003-n1.html

    【サッカー】<日本代表>大一番を前にハリルホジッチ監督が“迷走中”あまりにも振れ幅が大きい方針転換は現場の混乱を招きかねない
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502266559/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502556972
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ