サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 代表

    1 名前:Egg ★:2017/12/12(火) 23:13:56.12 ID:CAP_USER9.net

    ◆サッカー 東アジアE―1選手権(男子)▽第2戦 日本2―1中国(12日・味の素スタジアム)

     日本代表は中国代表に2―1で勝利し、北朝鮮戦に続く連勝で勝ち点6の首位に立った。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「素晴らしい内容ですばらしい勝利だった」と満面の笑み。「A代表の候補に入る選手が何人か出てきた」と、今後の代表選考に前向きな含みをもたせた。

     ハリル監督が大きく評価したのが先制ゴールを決めたFW小林。「しばらく呼ばなかったのはA代表のリズムについて行けてなかったから」と説明する一方、「今はアグレッシブに背後にいって落とし、また背後に行って、常にもらえる状態を作っている」と評価した。「(W杯の)23人に誰が入るかはここでは言えない。誰も約束できない」としつつ、小林については「かなり高いレベルで次の候補に入る」とお墨付きを与えた。

     DF昌子の約40メートル弾については「クリアしたいのかと思った」と驚嘆。ミーティングで「20メートル、30メートルのシュートを狙っていってくれと指示した」と明かす一方、「昌子にそういう指示は出していませんでした」と目を丸くした。さらに最年長34歳のMF今野の働きも高く評価。「戦術の統制がすごかった。(得点を挙げた3月の)UAE戦のような今野が戻ってきた」と、継続召集をほのめかした。

     今大会はフル代表で先発に定着しているMF山口蛍(C大阪)の召集を故障で見送ったのに続き、召集発表後にFW杉本健勇(同)、MF清武弘嗣(同)、DF西大伍(鹿島)が離脱。当初のプランから大幅に修正を強いられたが、ハリル監督は「残った選手がよくやってくれた。今日出た選手に素晴らしい候補が見つかった」と目を細めた。

    12/12(火) 23:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000206-sph-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513088036
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:(^ェ^) ★:2017/12/12(火) 18:36:31.28 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20171212-00079192/

     東アジアの王者を決める歴史ある大会を前に、なんとも後味の悪いニュースが飛び込んできた。

     東アジア・サッカー連盟会長を務める日本サッカー協会の田嶋幸三会長が7日、東アジアE-1選手権に出場する男女の朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、北朝鮮代表)には大会の賞金が支払われないと明らかにしたのだ。

    「われわれ(東アジア連盟)としては国際情勢、国連決議を踏まえて支払うことはできないと決めている」

     田嶋会長はそう言いつつも、北朝鮮代表の入国が特例で認められたことについて、「東京五輪の前に、日本ではスポーツと政治が離れていることを示すいい機会。政府には感謝している」と述べていた。

     スポーツと政治が離れていることを示すのであれは、大会に参加した北朝鮮代表に賞金を支払うべきで、発言自体がかなり矛盾しているとも思えるのだが……。

     それこそ、アジアのサッカーをけん引してきた日本サッカー界の長でもある日本協会会長の発言だっただけに、かなり残念でならない。
    大規模改修工事された金日成競技場のスタンド(筆者撮影)

    「本来、賞金未払いを呑むわけがない」

     当初、この報道が出たとき、私は「北朝鮮協会は賞金が出ないのを了承したうえで来日した」と思っていた。そのことについて、北朝鮮サッカー協会関係者に確認すると「本来はそんな条件を呑むわけがない」とはっきりと言っていた。

     つまり、北朝鮮代表チームが来日したあとに、東アジア・サッカー連盟が北朝鮮に賞金を支払わないことを決めたということになる。

     それが事実だったとして、そもそも賞金を支払う意思がなければ、最初から北朝鮮代表を呼ばなくても良かっただろう。

     ただ、北朝鮮代表はこの報道があったあとも、通常通りの日程を消化する形を取った。

     北朝鮮代表は初戦の日本代表を相手に、好機を何度も作り出して相手ゴールを脅かした。日本のGK中村航輔(柏レイソル)がビッグセーブを連発し、北朝鮮は最後まで得点することができず、ロスタイムに日本の井手口陽介(ガンバ大阪)に決められて0-1で敗れた。

     北朝鮮代表にはJ2プレーヤーが3人おり、そのうちのカマタマーレ讃岐の李栄直がスタメンフル出場し、ロアッソ熊本の安柄俊も途中出場して、試合を盛り上げた。

     Jリーグでプレーする選手が北朝鮮代表にいることから、日本のサッカーファンも十分に楽しめた試合だっただろうし、北朝鮮に対するイメージも大きく変わったに違いない。

     そんなすがすがしい試合とはまったく関係のない「賞金未払い問題」から、大きな誤解が生まれているのも事実だ。
    FIFAの支援により新たに張り替えられた金日成競技場の人工芝(筆者撮影)

    W杯出場後、国を挙げて強化

     もっとも、東アジア・サッカー連盟が賞金を支払わないと決めた理由は「もしかしたら(賞金が)核やミサイル開発に使われるのかもしれない」と考えるのが一般的だろうか。

     正直、サッカー大会で得られた賞金をミサイル開発に使うとはとても考えにくい。

     というのも、北朝鮮は国をあげてサッカーの発展のために多額の強化費を投入しているからだ。すべては世界のサッカーシーンに登場するためだ。

     北朝鮮国内のサッカーを取り巻く状況が大きく変わったのは、2010年南アフリカW杯に44年ぶりに出場を決めてからだ。国民のサッカー熱や関心が大きく高まり、その後、国がサッカー強化のために全面的なバックアップを始めた。

     私が平壌で実際に目にしてきたサッカー施設には、確かに多額の投資が行われていた。それは国の支援だけでなく、国際サッカー連盟(FIFA)の協力も大きい。

    (略)
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513071391
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2017/12/14(木) 20:08:03.82 ID:CAP_USER9 日本代表の2018 FIFAワールドカップロシア大会のベースキャンプ地がカザンに決定したという。西野朗技術委員長が口にした。 
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00684502-soccerk-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2017/12/11(月) 20:45:17.23 ID:CAP_USER9.net

    東アジアE-1サッカー選手権
    なでしこジャパン(8位)×中国女子代表(13位)
    [千葉/フクダ電子アリーナ]

    日本代表1-0中国代表

    [得点者]
    田中 美南

    前半20分【日本女子】GOOOOOAL!!
    ドリブルで持ち上がった中島がペナルティエリア手前の中央からスルーパスを出す。
    ダイアゴナルの動きで抜け出した田中が左足で冷静にシュートを放つと、ボールはゴール右に吸い込まれて先制に成功


    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2017121102
    28 名前:豆次郎 ★:2017/12/11(月) 20:48:30.08 ID:CAP_USER9.net

    >>1
    なでしこが田中美南の2戦連発弾で中国撃破!第3戦は北朝鮮との“優勝決定戦”に

    12/11(月) 20:46配信
    なでしこが田中美南の2戦連発弾で中国撃破!第3戦は北朝鮮との“優勝決定戦”に
    [12.11 E-1選手権女子 日本1-0中国 千葉市蘇我球技場]

     E-1選手権は11日、女子の第2戦を行い、日本女子代表(なでしこジャパン)は中国女子代表に で勝利し、2連勝を飾った。15日の第3戦でなでしこは、同じく2連勝の北朝鮮女子代表と、優勝をかけた一番を戦うことになった。

     なでしこジャパンのシステムは4-2-3-1。DFラインは8日の韓国戦から変更はなく、GK池田咲紀子、DFは右からDF大矢歩、DF三宅史織、DF万屋美穂。中盤の底2枚をMF阪口夢穂とMF隅田凜が担当。

     2列目は右MFを中里優、左にMF中島依美、トップ下にMF猶本光を配置。1トップはFW田中美南。韓国戦の先発から4人を変更。DF宇津木瑠美、FW櫨まどか、FW岩渕真奈がベンチからのスタートになり、MF長谷川唯は怪我のため離脱した。

     前半3分の阪口のミドルで決定機を作るなど、なでしこはボールを保持しながら試合を優位に進める。すると同20分、中島のスルーパスに田中が斜めに走り込む形で反応。2試合連続となる先制点を左足で奪った。

     守っても中国にカウンターを受ける場面はあったが、若いDF陣が体を張って対応。シュートを打たれても枠に飛ばさせない。前半39分にはGK池田の好セーブもあり、前半を無失点で折り返した。

     後半からなでしこは猶本を下げて岩渕を投入。田中との2トップにして追加点を目指す。しかし試合はこう着。時間だけが淡々と過ぎていく。後半19分には2枚目の選手交代。中里に代えてFW籾木結花を投入。攻撃意識を高めていく。終盤は守りも固めに入ったなでしこ。後半33分には万屋に代えて宇津木を投入。宇津木はそのまま左SBの位置に入った。

     最終盤には岩渕が立て続けにゴール前でチャンスを迎えるが、同44分の阪口のスルーパスに反応した右足シュートを枠右に外してしまうなど、決定力を欠く。しかしなでしこはアディショナルタイム表示3分もリードを守り抜き、1-0で2連勝を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-01647492-gekisaka-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171211-01647492-gekisaka-000-1-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512992717
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    514: さあ名無しさん、ここは守りたい 2017/12/14(木) 05:48:04.93 ID:nYEvKxN0 今週のサカマガに載ってたザッケローニが希望する代表スタメン

           岡崎
        乾      本田
     
         香川  長澤
           井手口
     長友          酒井
         吉田  槙野
           中村  

       

    引用元: 【J SPORTS 4】 サウサンプトン vs レスター 【吉田、岡崎先発】

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ