サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: FW

    • カテゴリ:
    mito-hollyhock.net_img_5625水戸ホーリーホックは31日、FW安彦孝真が加入することを発表しました。安彦選手は高校卒業後にブラジルへ渡り、グレミオマリンガFCなどでプレー。その後は指導者や大宮アルディージャの通訳を経験し、昨年から水戸の練習に参加して ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1 名前:豆次郎 ★:2018/03/24(土) 13:44:21.52 ID:CAP_USER9.net

    3/24(土) 11:15配信
    サッカー日本代表の試合で、「課題はFWの得点力不足」という解説を聞いたことはないだろうか。試合中にゴール前でパスを出すFWを見て、「なぜシュートを打たないのか」といら立ちを覚えたファンもいるはずだ。海外サッカーに精通し、このほど小学校のサッカーチームを題材にした小説『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)を上梓した小宮良之氏は「日本と海外では育成年代の環境が違う」と指摘する――。

    ■言い古されているが解決されない問題

     「日本人はなぜシュートを打たないのか? 」

     それは言い古された問題で、もはや飽き飽きするテーマでもあるのだが、いまだ根本的な解決はされていない。

     昨シーズン、柏レイソルのブラジル人FWクリスティアーノは123本ものシュートを打っている。日本人では、得点王に輝いた小林悠が121本を打ったが、2位の杉本健勇は90本、3位の興梠慎三は71本。日本人のトップスコアラーは70本台が平均か。元イングランド代表のジェイは1000分未満の出場時間で(主力選手の3分の1以下)30本以上も打ち、10得点。シュート本数以上に、驚異的な得点率を叩き出した。

     「サッカーの目的はボールをつなげることではない。シュートを打つことにある。打てるのだからもっと打つべきだ」

     かつてセレッソ大阪に移籍してきた元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランは、柿谷曜一朗らを厳しく叱咤した。外国人選手から見て、「打つのをためらっている」と映ったのだろう。ただ、多くの選手はこれに当惑し、サッカー観の溝が浮き彫りになった。

     例えば大久保嘉人は日本人の中で、「ストライカーらしい荒々しさを持っている選手」というイメージがあるが、それは実像に近いだろう。たやすくは周囲と折り合わない。確たるエゴイズムを持っている。

     しかし日本人FWは総じて、外国人FWに比べてシュートに対し消極的に映るのだ。

     「メンタルの問題」

     結局、そこに落とし込まれがちだが、それは具体的にはどんな精神構造を指しているのか? 

    ■あのスペインの天才の場合

     10年ほど昔、スペインの伝説のゴールゲッター、ラウール・ゴンサレスの少年時代のルポ取材をしていたときだ。点を取る。その才能はほとんど天才的なのだと思い知らされた。

     「ラウールは、ゴールに対する貪欲さを持っていた。たとえ味方が8-0で勝っていても、ゴールを決めた後、すぐにそのボールをセンターサークルに戻した。それで相手に向かって、『早く始めろよ』とすごんだんだ」

     そう語ったのはラウールをスカウトし、15歳まで指導した人物だった。

     「ゴールに対するメンタリティはゾッとするものがあったよ。集中力は神懸かっていた。週末に自分の試合がない日は、朝からすべてのカテゴリーの試合を見ていたね。そこで得点のパターンを自分に取り込み、私との個人トレーニングで実践し、やがて習得してしまった」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180324-00024742-president-soci
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521866661
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1: 豆次郎 ★ 2018/03/24(土) 13:44:21.52 ID:CAP_USER9 サッカー日本代表の試合で、「課題はFWの得点力不足」という解説を聞いたことはないだろうか。試合中にゴール前でパスを出すFWを見て、「なぜシュートを打たないのか」といら立ちを覚えたファンもいるはずだ。海外サッカーに精通し、このほど小学校のサッカーチームを題材にした小説『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)を上梓した小宮良之氏は「日本と海外では育成年代の環境が違う」と指摘する――。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180324-00024742-president-soci

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1 名前:Egg ★:2018/03/20(火) 19:00:03.45 ID:CAP_USER9.net

    リバプールはFWモハメド・サラーに対する欧州各国強豪クラブからの2億ポンド(約300億円)に及ぶ入札と戦っていくことになると、20日の英紙サンが報じた。

    レアル・マドリード、バルセロナとパリサンジェルマンは、いずれもサラー獲得を狙っているという。

     同選手は今季43試合でこれまでに37ゴールを挙げてきた。サラーを残留させるためには移籍金世界記録を却下する必要がある。

    同選手を狙うクラブは、コウチーニョがバルセロナに1億4500万ポンドで移籍した事例を実際に見てきたことから、サラーにも当てはまると感じている。

    Rマドリードはサラーを獲得できるのであれば、チェルシーのエデン・アザール獲得からは手を引く予定だという。またバルセロナも同選手の獲得を画策している。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00155115-nksports-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00155115-nksports-000-4-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521540003
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1: Egg ★ 2018/03/20(火) 19:00:03.45 ID:CAP_USER9 リバプールはFWモハメド・サラーに対する欧州各国強豪クラブからの2億ポンド(約300億円)に及ぶ入札と戦っていくことになると、20日の英紙サンが報じた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00155115-nksports-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00155115-nksports-000-4-view.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ