サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 英

    1 名前:Egg ★:2017/10/03(火) 12:19:44.85 ID:CAP_USER9.net

    チームは負けてもベスト11に選ばれる

    サウサンプトンでレギュラーを掴んでいる日本代表DF吉田麻也は、攻撃面でも力を発揮できる選手だ。センターバックながらボールを持つことに苦手意識がなく、サウサンプトンでも攻撃の出発点になる機会が多い。足下の技術が優れていることも吉田の大きな魅力だ。

    その技術の高さを証明したのが30日のストーク・シティ戦だ。吉田はクロスボールが流れてきたところをジャンピングボレーで合わせ、GKの頭上を抜くスーパーゴールを決めている。しっかりとインパクトする技術がなければできないプレイだ。かつてトッテナムなどでプレイし、解説を務めるガース・クルックス氏もこのシュートを絶賛している。

    英『BBC』によると、同氏は吉田を今節のベストイレブンに選んでいる。サウサンプトンはストーク戦を1-2で落としているため、負けたチームのDFをベストイレブンに選ぶのは不自然かもしれない。しかし同氏は吉田のようなボレーシュートを打てるDFは少ないと語り、結果など関係なく吉田をベストイレブンに選びたかったようだ。

    「これを読んでいる者は負けたチームのDFが入っていることを疑問に感じるかもしれないし、そう感じるのは正しいだろう。しかしながら、マヤの同点ゴールは素晴らしかった。あのようなボレーシュートを打てるセンターバックは少ないよ」

    その他のベストイレブンはGKエデルソン・モラレス(マンC)、DFジェームズ・ターコウスキ(バーンリー)、DFナチョ・モンレアル(アーセナル)、DFキーラン・トリッピアー(トッテナム)、DFベン・デイビス(トッテナム)、MFマルアン・フェライニ(マンU)、MFフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)、MFケビン・デ・ブライネ(マンC)、FWマーカス・ラッシュフォード(マンU)、FWハリー・ケイン(トッテナム)が選ばれている。

    吉田はあくまでセンターバックの選手だが、あのボレーシュートは多くのサッカーファンを興奮させたはずだ。ケインやコウチーニョらプレミアでもトップレベルの選手たちとともにベストイレブンに入るのは当然だろう。

    10/3(火) 11:50配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010003-theworld-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171003-00010003-theworld-000-1-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507000784
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2017/10/03(火) 12:19:44.85 ID:CAP_USER9 チームは負けてもベスト11に選ばれる

    サウサンプトンでレギュラーを掴んでいる日本代表DF吉田麻也は、攻撃面でも力を発揮できる選手だ。センターバックながらボールを持つことに苦手意識がなく、サウサンプトンでも攻撃の出発点になる機会が多い。足下の技術が優れていることも吉田の大きな魅力だ。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010003-theworld-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171003-00010003-theworld-000-1-view.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/23(土) 18:53:46.52 ID:CAP_USER9.net

    モウリーニョとペップは疑問符をつけるも…。
     
    マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョは、2部のバートンを4-1で下して4回戦進出を決めた、リーグカップの存在価値に疑問符をつけるコメントを残した。
    その意見にマンチェスター・シティの指揮官も同調している。
     
    モウリーニョは英国メディア『BBC』で、公式戦である以上勝利を目指すとしつつ、
    「この大会がなくてもイングランドのサッカーは生き残るか、あるいはより良くなるかと聞かれたら、おそらく答えはイエスだろう。
    欧州の大会でよりフレッシュでいられるはずだ」と、リーグカップへの不満を伺わせた。
     
    プレミアリーグやチャンピオンズ・リーグなど過密日程の中でやり繰りを迫られるビッグクラブの指揮官たちは、モウリーニョと同じ考えなのかもしれない。
    ジョゼップ・グアルディオラも現地時間9月22日、「勝つことができれば良い賞ではあるが、体力の消耗になる」と、リーグカップの意義に疑問を投げかけた。
     
    「監督たちにとっては、かなりの体力を削られる。以前から分かっていることだから、不満というわけじゃない。戦わなければいけないなら、戦わなければいけない。
    だが、このタイトルは、優勝しても人々にあまりその功績を称えられる大会じゃないんだ」
     
    一方で、リーグカップを重要視する声もある。ミドルスブラ時代にリーグカップ(2004年)を制した経験を持つ元イングランド代表のダニー・ミルズは、
    「トップクラブでは若手の道が塞がれており、この大会はチャンスになる」と、出場機会が限られる選手には貴重な実戦の場だと主張している。
     
    また、英紙『テレグラフ』によると、ストークの指揮官であるマーク・ヒューズも、「(ビッグクラブは)チャンピオンズ・リーグやプレミアリーグを優先する。
    だからリーグカップを邪魔だと思うだろうね。でも、我々は違う」と、ビッグクラブ以外には大事な舞台であるとを語った。
     
    「彼(モウリーニョ)がそう言った理由は分かる。だが、それ以外の我々なような中堅クラブにとっては、トロフィーを勝ち取るチャンスなんだ。それはとても重要なことだよ」
     
    FAカップもあるハードスケジュールの中で、負傷やコンディション調整も配慮しなければならないビッグクラブたちと、
    ジャイアントキリングも少なくない大会を限られた栄光を手にする好機と捉える中小クラブ。
    双方の主張も理解できるだけに、この難題の答を見出すのは至難。是非を問う論争はしばらく続きそうだ。

    9/23(土) 16:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00030292-sdigestw-socc

    名将ペップ、リーグ杯による過密日程に嘆き節「試合のたびにエネルギーを浪費する」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00010010-soccermzw-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506160426
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/17(日) 07:24:02.41 ID:CAP_USER9 英国の『BBC Sports』は速報サイトと公式ツイッターで、衝撃ゴールを詳報した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030073-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170917-00030073-sdigestw-000-3-view.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 07:24:02.41 ID:CAP_USER9.net

    英国の『BBC Sports』は速報サイトと公式ツイッターで、衝撃ゴールを詳報した。
     
     リーガ・エスパニョーラ4節のヘタフェvsバルセロナ戦。その39分に日本代表MF、柴崎岳が左足で決めた豪快弾を、世界的な老舗放送局は「ジャパニーズ・ナイトメア(日本人の悪夢)」と銘打ち、以下のように伝えた。
     
    「こんな宝石のようなゴールは滅多にお目にかかれない。バルセロナにとってはまさに『日本人の悪夢』だ。なぜなら昨シーズンもカンプ・ノウでエイバルのタカシ・イヌイに手痛い2ゴールを奪われている。鉄壁を誇るディフェンス陣が、なにせこの4か月で3得点も(日本人選手に)決められているのだから」
     
     加えて、ツイッターではゴールシーンをこう描写している。
     
    「なんてストライクだ! ここまでのバルサはまるで“らしさ”がない。彼らは驚愕のサンダーボルトによって罰を下されたのだ。シバサキは浮き球に鋭く反応し、自信満々に左足を振り抜いた。マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがどんなに優秀であろうと、あればかりは止められない」
     
     柴崎は54分に左足首を痛めて無念の交代。試合はその後にバルサの猛反撃を受け、ヘタフェは1-2の逆転負けを喫している。

    9/17(日) 5:04配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030073-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170917-00030073-sdigestw-000-3-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505600642
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ