サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 武藤嘉紀

    1: 数の子 ★ 2018/03/29(木) 13:04:57.48 ID:CAP_USER9 no title マインツに所属するFW武藤嘉紀は、今夏にプレミアリーグへの移籍を視野に入れているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

    2015年夏にFC東京から加入した武藤は、マインツではこれまでリーグ戦62試合に出場し19ゴール8アシストを記録。今シーズンもこれまでリーグで7得点をマークし、チーム内得点ランキングの首位につけている。そんな武藤だが、どうやら契約が満了となる2019年まで待たず、今夏のプレミアリーグ移籍を目指しているようだ。

    報道によれば、武藤は入れ違いでマインツからレスター・シティに渡った岡崎慎司と同様、以前からイングランドでプレーすることを夢見てきたという。そして、プレミアリーグのクラブ側も同選手に興味を示している模様。これまで複数の打診が届けられた上、ニューカッスル・ユナイテッドが視察したと具体的なクラブ名も伝えられている。

    だが、移籍先はまだ決まっていないとのこと。それでも『キッカー』曰く、「日本人選手は次のステップに進むことを希望している」。なお、武藤のプレミアリーグ移籍が実現した場合、マインツが得られる移籍金は当時FC東京に支払った280万ユーロを大きく上回るとの見解が述べられている。

    ⇒武藤嘉紀、今夏のプレミア移籍を視野に…独誌「彼は次のステップに進むことを希望している」(Goal.com)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522296297/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/03/24(土) 22:18:18.36 ID:CAP_USER9.net

    ロシアワールドカップ本大会に向け、日本代表の欧州遠征が間近に迫っている。し烈をきわめるメンバー選考は「欧州組」というだけで一歩先んじていた過去とは違う。今遠征でも岡崎慎司、酒井高徳、武藤嘉紀といった実績のある選手たちが選外となった。そんな「欧州組」の現在地をスポーツライターの寺野典子氏がリポートする。

    ■フラストレーションを溜め込む武藤

     3月17日、アウエイでのフランクフルト戦。マインツは開始早々にミス絡みで先制点を許した。前半だけで3失点してしまったチームを武藤はベンチで見ていた。得点を挙げてはいるものの、ベンチで過ごす時間も少なくない。ここ2試合はいずれも途中出場。そしてチームは敗れている。
     だからこそ、苛立ちを隠せない様子で、残留争いを戦うチームについて語り始めた。

    「もう笑うしかない。こういう状況なのに、戦えてない。この間のシャルケにしても、今日のフランクフルトにしても好調なチームとやれば、実力差が明確になる。生き生きとプレーしてる相手と比べると、僕らはどこか不安そうに、怖がってプレーしてしまう。だから相手もそこを突いてくるんだと思う」

     後半55分から(1トップとして)ピッチに立った武藤は中盤まで下がり、パスを受けて、攻撃を組み立てようとした。しかし、そのプレーは監督の意図とは反しているという。

    「フランクフルトはいいテンポで回ながら攻めているのに、マインツは無理にでも前線に合わせてロングボールを蹴っているから前線が孤立してしまう。その違いが顕著にみられた試合だった。監督からは(相手の)DFとDFの間に立って、そこから裏を狙えと言われていたけど、ときには下がった場所で、パスを受けて、攻撃のテンポを作ろうと思った。前にいるだけだと、ボールにも触れないし、身体能力の高いこちらのDFに勝つことが難しいから」

     欧州の選手に比べて、身体能力が劣る日本人選手はその運動量や視野の広さ、戦術眼などで、その差を埋める。何度も動き直すことを厭わないし、スタミナもある。味方を使うことにも長けている。

     しかし、欧州で指揮を執る監督の多くが、1トップの選手には前線でどっしりと構えることを望むケースが多い。運動量が少なくとも、スタミナがなくとも、だ。

     それは、ポストプレーから前を向くとき、クロスボールに合わせてDFと競るとき、また、裏へ抜けるボールを追うとき、日本人選手がDFに勝つための優位性を生み出す「動き」を封じられることでもある。

    つづく

    3/20(火) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00008671-besttimes-spo

    写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00008671-besttimes-000-2-view.jpg

    2 名前:Egg ★:2018/03/24(土) 22:19:02.21 ID:CAP_USER9.net

    ■似通っているハリルジャパンとマインツでの境遇

     自身がクラブ最多得点者(リーグ7得点、カップ戦をあわせると9得点。いずれもブンデスでプレーする日本人選手の最多得点でもある)だという自負があるから、武藤は納得できないのだろう。
     だからこそ、前線が孤立している戦況を見て自分の判断を尊重したのも理解ができる。しかし、監督がどう思ったのかは、わからない。

    「ゴールを一番とっているのは僕ですから。でもベンチスタートになってしまう。ロングボールを前線に蹴るだけの攻撃では、得点機も作れないし、ボールロストの機会も増えるから、うしろの選手もやっぱりイライラするはず、だから、僕は中盤に降りて、(味方の)FWと(相手の)DFの間に顔を出して繋いでいくことのほうが有効だと思う。今日も最後にはチャンスが増えいた。とにかく、前を向いてやるしかないですね。メンバーを決めるのも監督だから」

     武藤がマインツで立たされている境遇は、日本代表とも似ている。
     ハリルホジッチ監督も1トップには「動かない」ことを求めている。だから、岡崎慎司や金崎夢生という動くことでDFに勝ってきた選手の選外が続いているのだろう。

     しかし、彼らはただ、動き回っているわけではない。もっとも重要視しているのは「動きの質」だ。下がって好機を作り、そのうえでゴール前にも顔を出す。そんな動きの質を上げることで得点を決めてきた。それは武藤とて同じだろう。そして、そのことを彼自身も理解しているに違いない。

    「もちろんW杯に行きたいという気持ちもあるし、選ばれないことでの辛さがないと言えばウソになる。でも選ばれていない人は他にもいるから。僕だけが悲しい想いをしているわけでもない。まずはマインツを残留させること。ここでどれだけ活躍しても呼ばれないこともある。選手を選ぶのは監督。どういう選考基準かというのも定かではないから、とにかくやり続けるしかない。自分のベストを尽くして、いい結果を出して呼ばれなかったらしょうがない。W杯のためにサッカー選手になったわけではないし、W杯が無くてもこれからサッカー人生は続く。もちろん諦めることもないし、とにかくひたむきにがむしゃらに最後まで粘ります。そのためにも、まずはやっぱり自分自身のゴールとマインツの残留にすべてを掛ける。そこからW杯のチャンスをうかがいたい」

     チーム状況を考えれば、この時期をチームで過ごすのも悪いことではないだろう。武藤の目指す打開策をチームメイトと共有する時間にもなる。

    「まずは先発で起用してもらえるように。途中からだとチャンスも少ないから。そこは練習からアピールしていきたい。ここ2試合がベンチスタートだったからといって、下を向いたらそこで終わり。監督は僕のそういう姿、メンタルも見ていると思うから。とにかくポジティブに行くしかない」

     第27節が終了し、マインツは入れ替え戦を戦う16位に立つが、自動残留が決まる15位とは勝ち点差が並んでいる。そして、17位のケルンとの勝ち点差は5ポイント。連勝できれば状況が一変する可能性もある。だからこそ、武藤の爆発への期待は大きい。
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521897498
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2018/03/24(土) 22:18:18.36 ID:CAP_USER9 ロシアワールドカップ本大会に向け、日本代表の欧州遠征が間近に迫っている。し烈をきわめるメンバー選考は「欧州組」というだけで一歩先んじていた過去とは違う。今遠征でも岡崎慎司、酒井高徳、武藤嘉紀といった実績のある選手たちが選外となった。そんな「欧州組」の現在地をスポーツライターの寺野典子氏がリポートする。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00008671-besttimes-spo

    写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00008671-besttimes-000-2-view.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/02/24(土) 06:19:30.65 ID:CAP_USER9.net

    2/24(土) 6:10配信
    マインツ武藤嘉紀、ヴォルフルブルク戦で今季7得点目…巧みなダイレクトボレーで同点弾

    ブンデスリーガ第24節が現地時間23日に行われ、マインツの日本代表FW武藤嘉紀がヴォルフスブルク戦でゴールを決めた。

    武藤はこの試合でベンチスタートとなったが、1点を追う状況で41分から途中出場を果たす。すると前半終了間際の44分、左サイドを駆け上がったヘリト・ホルトマンがクロスを入れ、ゴール前で武藤は左足ダイレクトで合わせゴールを狙う。ダイレクトボレーは軽くバウンドしながらファー側の枠内へと流れ込み、これでスコアは1-1に。

    なお、武藤にとって今季リーグ戦7点目のゴールとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000067-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519420770
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/01/21(日) 00:59:44.82 ID:CAP_USER9.net

    1/21(日) 0:56配信
    武藤嘉紀が1試合で2ゴール奪う! 自らシュートのこぼれ球を押し込む

    2ゴールを決めた武藤嘉紀 [写真]=Getty Images
     ブンデスリーガ第19節が20日に行われ、マインツに所属する武藤嘉紀がシュトゥットガルト戦で2ゴール目を決めた。

     55分、敵陣右サイドの深い位置からクロスが送られると、武藤が倒れこみながらマークについたDFの背後でシュートを放つ。一度はGKにセーブされるものの、目の前に転がってきたボールを押し込み、逆転弾を記録。武藤は同試合2ゴール目を奪い取った。

     武藤は今シーズン6ゴール目を記録している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00704669-soccerk-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516463984
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ