サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: レジェンド

    378: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/01/13(土) 15:03:00.80 ID:1mxRwhRc 子どもかわええ

    no title

    引用元: 【AbemaTV】 鈴木隆行 引退試合 【師匠】

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/01/13(土) 12:35:00.39 ID:gazQjBb4 茨城トヨペット presents 鈴木隆行 引退試合

    1月13日(土) 12:30~ KickOff 13:00
    解説:松木安太郎 実況:永田実 リポ:高木聖佳
    会場:ケーズデンキスタジアム水戸


    Suzuki Friends 7-6 Mito Selection

    0-1 山村佑樹
    1-1 中山雅史
    1-2 鈴木隆行
    2-2 ジェイソン
    2-3 鈴木隆行
    3-3 ジェイソン
    4-3 鈴木隆行
    4-4 岡本達也
    4-5 樹森大介
    5-5 柳沢敦
    5-6 本間幸司でええやろw
    6-6 鈴木隆行
    7-6 鈴木隆行


    AbemaTV (無料)
    https://abema.tv/now-on-air/world-sports
    https://abema.tv/channels/world-sports/slots/8jHZcYGKg4SBEo

    no title

    引用元: 【AbemaTV】 鈴木隆行 引退試合 【師匠】

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2018/01/05(金) 06:38:28.47 ID:CAP_USER9 no titleメッシとC・ロナウド以外のクオリティはどうか

    サッカーは年月を重ねるごとに進化しているが、選手のクオリティも上がっているのだろうか。オレたちの世代の方が良い選手が揃っていたと主張するのは、元ブラジル代表の元祖怪物FWロナウド氏だ。

    2007年以降はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの2人がバロンドールを支配しており、この2人は数多くの記録を打ち立ててきた。

    しかし独『Sport Bild』のインタビューで、ロナウド氏は自身が現役としてピークだった時の方が世界一の座を争う戦いは激しく、今よりも難しい時代だったと主張している。

    「私の世代では今よりも競争が激しかった。メッシとクリスティアーノを過小評価しているわけではないけどね。2人は今後も世界最高の選手の座を争うだろうけど、僕たちの頃はジダン、リバウド、フィーゴ、私、それにロナウジーニョもいた。あの時代はより難しかったんだ」

    現代ではメッシ、クリスティアーノ・ロナウドの2人が凄すぎたため、他の選手が手も足も出ない状態となっていた。数年前に比べて世界最高の座を争う戦いがあっさりしたものになったのは間違いないだろう。

    ロナウド氏はそこに少し物足りなさを感じているようだが、メッシとクリスティアーノ・ロナウド以外の選手の質は元祖怪物が現役だった頃に比べて落ちているのだろうか。

    2018年01月04日(木) 21時30分配信
    ⇒昔の方がサッカー界は凄かった!? 元祖怪物「僕たちの頃はジダン、フィーゴ、リバウド、ロナウジーニョ……」(TheWorld)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515101908/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2017/12/30(土) 09:32:07.94 ID:CAP_USER9 no title 現在ローマの幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについて言及している。

    トッティはUAEのドバイで、記者の前で次のようなコメントを発した。

    「ここしばらく、サッカー界はおかしな状況になっていると思う。ファンタジーのあるプレーが見られなくなってしまった。その一方で、ネイマール移籍によって2億2000万ユーロ(約290億円)もの大金が動いたよね。契約解除金の高騰は異常だと思う。これは現実的な額じゃないね」

    また、トッティは世界一の選手について問われた際に「僕が思うに、メッシがナンバーワンだと思う。このことはC・ロナウドには言わないようにね」とコメント。

    2017年のバロンドールはC・ロナウドが受賞し、これで両者の受賞回数は5回で並んでいる。ともに“世界一の選手”と表されるクラックだが、トッティにとってはメッシのほうが“お気に入り”となっているようだ。

    12/30(土) 9:24配信
    ⇒「C・ロナウドには言わないように…」トッティ、メッシが“最高の選手”との見解を示す(Goal.com)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514593927/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2017/12/16(土) 08:59:48.19 ID:CAP_USER9 no titleアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、規定が現在のものに変更されていたらクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシよりも、自身のほうが多くバロンドールを獲得できたはずだと語っている。

    1986年にワールドカップを制したマラドーナ氏だが、バロンドールは1995年まで欧州出身選手のみを対象としており、アルゼンチン代表のスター選手は一度も受賞できないまま現役を退いた。2017年のバロンドールに輝いたレアル・マドリーのC・ロナウドは、バルセロナのメッシに次いで史上2人目となる通算5度目のバロンドール受賞を果たしたが、マラドーナ氏は両選手よりもさらに多く同賞を獲得できたと考えているようだ。

    バロンドールについて問われたマラドーナ氏は「バロンドール? C・ロナウドとメッシばかりが獲得しているから飽き飽きしている」と過去10年間2選手が独占していることに“退屈なトロフィー”と表現。

    さらに、誰が受賞に値するかと問われ「たぶん(エディンソン)カバーニ、(キリアン)ムバッペ、(ズラタン)イブラヒモビッチだと思うが、私には分からない。まだまだ有力候補はたくさんいると思う」と語った。

    続けて、以前のレギュレーションによりバロンドールを獲得できなかったマラドーナ氏は「規則が早く変更していれば、C・ロナウドやメッシよりも私のほうがさらに多く獲得できただろう」と自身の現役時代が両選手よりも優れていたと強調。

    さらに、受賞後にC・ロナウドが発言した「僕が史上最高の選手だ」という発言にも元アルゼンチン代表FWは噛みつき「C・ロナウドが自分のことを“最高の選手”だと言っていたが、とてもナンセンスな話だね。私にとって最高の選手とは、アルフレッド・ディ・ステファノ、(ヨハン)クライフ、メッシだ。だが、C・ロナウドにもその域に達するチャンスはあるかもね」と話している。

    12/16(土) 8:26配信
    ⇒「C・ロナウドやメッシよりも…」マラドーナは自分のほうが多くのバロンドールを獲得できたと主張(Goal.com)

    引用元: 【サッカー】<マラドーナ>「C・ロナウドが自分のことを“最高の選手”だと言っていたが、とてもナンセンス」

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ