サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 小野伸二

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/01/11(水) 19:11:28.33 ID:CAP_USER9 元日本代表MF小野伸二がフェイエノールト時代に残した逸話がオランダ『FOXスポーツ』のドキュメンタリー番組内で語られている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000015-goal-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/11(水) 19:11:28.33 ID:CAP_USER9.net

    元日本代表MF小野伸二がフェイエノールト時代に残した逸話がオランダ『FOXスポーツ』のドキュメンタリー番組内で語られている。

    フェイエノールトが最後に主要な国際タイトルを手にしたのは2002年、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)だ。決勝ではホームのフェイエノールト・スタディオンでドルトムントを3-2で下して、2度目の栄冠に輝いたが、同大会で苦戦を強いられたのが準々決勝のPSV戦だ。

    一戦目を1-1で終え、二戦目をホームで迎えたフェイエノールトは120分間を終えて1-1となり、PK戦へと突入した。キッカーとして登場した小野はペナルティースポットまでリフティングで歩いていき、シュートもゴール左隅へ決めた。大舞台での緊迫した場面でのこの落ち着きにファンは「伝説」と語り、当時の指揮官であるベルト・ファン・マルバイクも以下のように振り返っている。

    「彼があのようにやったのは傲慢ではないよ。彼に合ったやり方なんだ。我々にはこれほど自信を持って望んでいる選手がいるんだという合図になったね」

    また、当時フェイエノールトのエースストライカーであった元オランダ代表FWピエール・ファン・ホーイドンクも「言えるのは信じられないほどリラックスしてやっていたということだ。彼の中の何かが『ペナルティースポットまでジャグリングで行かなければならない』としたんだろうね」と驚きとともに話している。

    結果としてフェイエノールトはこのPK戦を制し、優勝という大きな目標を達成した。日本の天才が残したプレーは記録には残らずとも、フェイエノールトファンや関係者の“記憶”に深く刻み込まれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000015-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484129488
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/01/04(水) 23:10:04.79 ID:CAP_USER9 今季のエールディビジで首位を走るフェイエノールト。

    そんな同チームで活躍した小野伸二のドキュメンタリー番組が放送になるようだ。


    Trailer FOX Sports DOC: Shinji
    http://www.youtube.com/watch?v=sqJwyy6WmBs


    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://qoly.jp/2017/01/04/shinji-ono-documentary-by-feyenoord-kwm-1

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/04(水) 23:10:04.79 ID:CAP_USER9.net

    今季のエールディビジで首位を走るフェイエノールト。

    そんな同チームで活躍した小野伸二のドキュメンタリー番組が放送になるようだ。


    Trailer FOX Sports DOC: Shinji
    http://www.youtube.com/watch?v=sqJwyy6WmBs




    番組のタイトルは"Shinji"。

    サブタイトルは"Japanse voetbalkunst in De Kuip(デ・カイプにいた日本人のフットボールアート)"となっている。

    UEFAカップ優勝などのタイトル獲得に貢献し、鮮やかなプレーでファンを沸かせた小野について様々な角度から迫り、かつての同僚であるピエール・ファン・ホーイドンクやエビ・スモラレク、また当時の指揮官ベルト・ファン・マルワイクも登場する。

    番組はオランダ『FOX Sports 1』が制作したもので、現地時間8日(日)の午後9時から放送予定。その後、このプログラムはインターネット上で公開されるという。これは見たい!

    http://qoly.jp/2017/01/04/shinji-ono-documentary-by-feyenoord-kwm-1
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483539004
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/05/13(金) 19:49:41.17 ID:CAP_USER9 18歳でのサッカー・ワールドカップ出場は、いまだに日本人最年少記録である。小野伸二のサッカー人生は、日本サッカーの発展と軌道をほぼ同一にして、上昇曲線を描いていた時期がある。けがのために表舞台から一時、退くことはあったが、長らく日本サッカーの大黒柱の一人であり続けてきた。『NumberPLUS(「スポーツノンフィクション2016 運命を変えた一戦。」5月12日発売)』の取材で、久しぶりに小野伸二に会った。天才フットボーラーの20年にわたるサッカー人生を振り返るとともに、小野伸二というアスリートの「運命を変えた一戦」を描き出す取材だ。

    キャンプ地・沖縄と本拠地・北海道での二度にわたるロングインタビューで、小野伸二は自身のサッカー人生を振り返ってくれた。そして小野伸二と深いかかわりのある5人の関係者を取材してまわった。それは同時代に、サッカーを主な担当として雑誌『Number』を作っていた筆者にとっても、過去をさかのぼる旅になった。
    .
    18歳、レッズ加入間もない頃の天才少年。小野伸二を初めて取材したのは、1998年2月下旬。浦和市(当時)の大原サッカー場に、浦和レッズ加入まもない天才少年を訪ねた。とにかく明るい、が第一印象だった。20歳代半ばだった私も含めて取材スタッフが若かったせいか、小野はリラックスした雰囲気で、「フランス・ワールドカップ、出たいですよね」というようなコメントを発していた。
     
    インタビュー後の撮影でも、芝生に寝転んだカメラマンを飛び越えるというリクエストに笑顔で応じてくれた。その後、Jリーグ開幕戦での先発デビュー&フル出場、日本代表デビュー、フランスW杯出場、と小野伸二は急カーブを描くように世界レベルの選手へと成長していった。翌1999年春、ナイジェリアでのワールドユース準優勝は、ひとつのピークだろう。
    .
    小野のサッカーを一番変えた一瞬。
    「やっぱり'99年のフィリピン戦のときのけがというのが、僕の中では、僕のサッカーを一番変えた一瞬だったんですね」
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00825653-number-socc
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ