サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: モンテディオ山形

    01モンテディオ山形は29日、清水エスパルスからMF本田拓也を完全移籍、FW瀬沼優司を期限付き移籍で獲得したことを発表しました。 本田選手は2013年に鹿島アントラーズから清水エスパルスに移籍し4シーズンプレー。今シーズンは ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    01水戸ホーリーホックは29日、モンテディオ山形からFW林陵平を完全移籍で獲得したことを発表しました。 林選手は2012年のシーズン途中に柏レイソルからモンテディオ山形に移籍加入し約4年半プレー。今シーズンは公式戦32試合に ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    04モンテディオ山形は27日、レノファ山口からFW中山仁斗を完全移籍で獲得したことを発表しました。 中山選手は今季ガイナーレ鳥取から移籍加入し、公式戦32試合に出場してチーム得点王となる11ゴールを記録しています。 [山形公 ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    ■愛媛→山形、大移動?■今シーズンまで愛媛FCの監督だった木山監督が、モンテディオ山形に移籍することに。

    それに伴ってなのか(?)、愛媛FCに所属していた選手が続々と山形へ移籍しています。

    昨年愛媛にいた選手で、現段階で公式発表されている選手は、


    GK・児玉剛選手

    FW・阪野豊史選手

    DF・茂木力也選手



    また、報道があったのは、

    FW・瀬沼優司選手

    青野慎也コーチ


    です。

    もし報道通りになると監督合わせて6人になります。

    うん、多い…!


    とはいっても、愛媛FCも他クラブからレンタルしていた場合もあるわけで、愛媛から獲得したというわけではありません。


    阪野選手は浦和からの完全移籍で、茂木選手は浦和からのレンタルです。

    また、瀬沼選手の所属は清水になります。


    ちなみに愛媛は表原選手と、内田選手も移籍したので結構主力が抜けた印象がありますね。

    う~ん、これからも注目です。


    SnapCrab_NoName_2014-2-18_17-47-26_No-00


    児玉 剛@Tsuyoshi30

    リリースの通り、モンテディオ山形に移籍する事となりました。松山で過ごした3年間は、一生の僕の財産です。新しい環境に身を置いてまた一からチャレンジしたいと思います。いつも応援して頂いた愛媛FCファンの皆さん、本当にありがとうございました。ニンスタで思いっきりブーイングして下さい!!

    2016/12/24 18:29:33
    阪野豊史@ponyo0604

    愛媛サポーターの皆様、山形に移籍することになりました。キャリアハイの12得点を愛媛FCというチームで記録でき幸せに思います。一年という短い時間になってしまいましたが、またピッチで会える事を楽しみにしています。これからも愛媛でプレーした一人の選手として応援してもらえれば幸せです。

    2016/12/26 14:39:52



    ダグトリ男@numa_dai

    児玉と阪野…瀬沼と、他にも誰かいたよな?
    監督が木山さんになって、山形の愛媛化が止まらない

    2016/12/24 14:17:02

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    04モンテディオ山形は21日、浦和レッズからDF加賀健一を完全移籍で獲得したことを発表しました。 加賀選手は2015年にFC東京から浦和レッズに移籍加入するも出場機会に恵まれず、2シーズンで公式戦11試合の出場にとどまってい ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ