サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: アーセナル

    221: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/08(木) 11:30:12.07 ID:f7i34oBba もう狙ってるとしか思えない

    【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】
    ⇒愛想を尽かされて当然、迷走アーセナルの混乱ぶり。弱腰の補強、低下し続けるチーム力(フトチャン)

     アレクシス・サンチェスをマンチェスター・ユナイテッドに放出したアーセナル。オーバメヤン、ムヒタリアンといった選手が新たに加わったものの、近年は主力選手の退団が目立つ。15年もリーグタイトルから遠ざかり、UEFAチャンピオンズリーグの出場権も失っているが、ふたたびガナーズに栄光のときが訪れるのはいつになるのか。(文:粕谷秀樹)

    愛想を尽かされて当然、迷走アーセナルの混乱ぶり。弱腰の補強、低下し続けるチーム力【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】
    アーセナルに加入したFWオーバメヤン【写真:Getty Images】
    ●だれにも責められないサンチェスの決断

    「恩義、忠誠心がまったく感じられない。ヤツはカネに薄汚い傭兵だ」

     アーセナルOBのマーティン・キーオンが、アレクシス・サンチェスを罵った。チームを愛し、アルセーヌ・ヴェンゲル監督をリスペクトするキーオンにすれば、怨敵マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が許せなかったのだろう。

     しかし、時代錯誤も甚だしい。プロである以上、金銭的な条件は重要な選択肢のひとつだ。

     今回の移籍により、サンチェスの週給は13万ポンド(約1950万円)から50万ポンド(約7500万円)に跳ね上がった。

     みずからのイメージを高めるために、そして家族の生活を踏まえても、だれにも責められるいわれはない決断である。

     現役時代のプレーさながら、キーオンはコメントも不細工だった。清貧を気どりたいのなら、はるか昔にタイムスリップするしかない。

     それにしても、なぜヴェンゲルは給与体系を改めないのだろうか。エミレーツ建築の際に発生した借金も完済し、現場に投入できる資金は十分のはずだ。

     マンチェスターの2チーム、レアル・マドリー、バルセロナ、パリ・サンジェルマンあたりとは勝負できないものの、経済力では世界のトップクラスだ。財布のひもを緩める余裕はある。

     監査法人『デロイト』の調査でも、アーセナルは昨シーズンの収入ランキングで世界第7位だ。弱腰の補強プランに終止符を打つ体制は整っているはずだ。

     無駄遣いといわれればそれまでだが、ユナイテッドは下り坂のアシュリー・ヤングに11万ポンド(約1650万円)、ケガばかりしているクリス・スモーリングにも8万ポンド(約1200万円)を支払っている。

     投資を惜しむヴェンゲルにサンチェスが愛想を尽かしたのは当然であり、シーズン終了後に数人の主力が退団したとしても不思議ではない。

    …(後略)…


    引用元: 【Gunners】 Arsenal F.C.【part1221】

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    525: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/08(木) 11:38:35.06 ID:lEYPiWC70 粕谷秀樹がオーバメヤンを酷評
    ⇒愛想を尽かされて当然、迷走アーセナルの混乱ぶり。弱腰の補強、低下し続けるチーム力(フトチャン)

    no title


    ●獲得したオーバメヤンはいわゆる〈不良債権〉

    ボルシア・ドルトムントからエメリク・オーバメヤンを獲得したとはいえ、守備を疎かにし、 素行に問題が多々ある男だ。 他チームが次々と手を引いた、いわゆる〈不良債権〉。その程度の選手に、アーセナル史上最高額となる5600万ポンド(約84億円)もの移籍金を支払うとは……。ハイリスク・ローリターンになりかねない。

    お笑いwww

    引用元: 【BVB09】Borussia Dortmund 812【㌦㌦㌦】

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    372: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/02/07(水) 19:30:41.19 ID:TzSRqi3na エブエの窮状は何度か報道されてるけれど、JでSB不足のところどこか取らないかねぇ

    ⇒「バグダッドやパレスチナでもやる」窮状の元アーセナル戦士が胸中激白!(サカダイ)

     さらにプライベートでも、昨年12月末に英紙『Mirror』の取材に対し、ベルギー人の妻オーレリーさんとの離婚裁判に敗れ、ほぼすべての財産を失ったことを激白。警察の目を逃れるため、友人の家で借り暮らしをしていると語っていた。
     
     そんなエブエは、いまだ仕事を得られていない。昨年12月に古巣ガラタサライがコーチ就任を打診したという報道が英国内でも飛び交ったが、それも契約には至らなかったようだ。
     
     では、今現在は何をしているのか? これについてエブエ本人がフランス・メディア『Canal+』の取材に応じ、現況とその胸中を語っている。
     
     家族との縁が切れ、「完全に一人になってしまった」というエブエは、自らの人生を「映画のような世界で、自分がそんなことになるなんて思ってなかった」と語り、さらにサッカー界に対する想いもこぼしている。その言葉は実に辛辣だ。

    …(中略)…

     それでも元コートジボワール代表は、ピッチに戻ることを渇望している。それは金や名誉のためではなく、あくまで「純粋にプレーしたい」という想いからだという。
     
    「僕が望んでいるのはもう一度、サッカー選手としてピッチに戻ることだよ。まだ十分にやれるだけの能力があるんだ。場所はどこだっていい。バグダッドやパレスチナだろうと、サッカーをするだけだと思っているから気にしない」

     昨年11月に来日した際に『サッカーダイジェストWeb』の取材に応じたときには、「日本のクラブからでもオファーされればやる。すべては神の手の中にある」と明かしていたが、はたして、元アーセナル戦士に活躍の場は与えられるのか? 引き続きその動向に注目したい。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10034

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/31(水) 20:31:44.68 ID:CAP_USER9.net

    アーセナルは31日、ドルトムントからガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。なお、ホームページでは明らかになっていないものの、イギリスメディア『BBC』によると、移籍金はクラブ史上最高金額の5600万ポンド(約86億3000万円)と報道されている。

     現在28歳のオーバメヤンはミランの下部組織出身で、レンタル移籍でフランス各クラブを渡り歩き、2012年1月にサンテティエンヌに完全移籍した。2013年夏からはドルトムントに加入し、2016-17シーズンには31ゴールでブンデスリーガ得点王に輝き、DFBポカール優勝にも貢献。今シーズンは公式戦24試合に出場し、21ゴールを挙げ、ドルトムントでは通算213試合出場、141ゴールを記録している。

     また、ガボン代表としては2009年5月にデビューを飾り、通算49試合出場19ゴールをマーク。2015年にはアフリカ最優秀選手賞を受賞した。

    1/31(水) 20:17配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00703820-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180131-00703820-soccerk-000-6-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517398304
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/01/29(月) 09:20:46.03 ID:CAP_USER9.net

    1/29(月) 8:01配信
    アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円

    アーセナルとドルトムントが、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍でついに合意に至ったようだ。

    ドルトムントの“黒歴史”を暴く!史上最低の獲得選手とは?ワースト31名を一挙公開

    アーセナルとオーバメヤンはすでに個人合意をしていると伝えられていたが、これまで移籍金のオファー額がドルトムントを納得させることができていなかった。これまで2度オファーを送っていたが、いずれもドルトムントは拒否し、6500万~7000万ユーロ(約88億~95億円)でない限り取引に応じない構えであることを示していた。

    そして、ドイツ誌『キッカー』によると、アーセナルは6300万ユーロ(約85億円)のオファーを提示し、ついにドルトムントは折れる形で合意に至ったようだ。また、取引に含まれると見られていたFWオリヴィエ・ジルーはチェルシーに行くことが濃厚となり、ドルトムント行きは消滅したという。

    オーバメヤン流出が決定的となったドルトムントは、元ケルンのFWアンソニー・モデストの獲得に3000万ユーロ(約40億5000万円)を準備していると伝えられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000038-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000038-goal-000-3-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517185246
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ