サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 選手

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 11:00:59.48 ID:CAP_USER9 ◆スピードを消された時プランBはあるか

    韓国で開催されたU-20ワールドカップに臨んだ若き日本代表はベスト16でベネズエラに敗れて冒険を終えたが、今大会で気になったのは最前線の選手たちだ。

    このチームのエースは小川航基だが、小川は残念ながらグループステージ第2戦のウルグアイ代表戦で負傷。それからは岩崎悠人 、田川亨介、高木彰人をスタメンとしてFWで起用してきた。

    ただ、残念ながら彼らは期待に応えられなかった。特にグループステージから4試合全てに先発した岩崎は自身の持ち味を上手く活かせなかった。初戦の南アフリカ代表戦でこそアシストを記録したものの、肝心のゴールはなし。ベネズエラ戦でも決定機を逃してしまうなど、個人的にも悔しさがあるだろう。

    何より気になるのは岩崎がスピード自慢の選手であることだ。スピードは大きな武器だが、岩崎は今大会で判断力や足下の技術に大きな課題を残した。味方の縦パスをなかなか収めることができず、攻撃にブレーキをかけてしまうことも少なくない。これは岩崎に限った話ではなく、日本でスピードスターと呼ばれる選手は同じような問題を抱えていることが多い。

    近年は日本サッカー界にも宮市亮、永井謙佑、浅野拓磨など、50mで6秒を切るほどのスピードを持つ選手が増えた。しかし、彼らは武器のスピードに頼りすぎる部分がある。宮市も高校時代からスピードを活かした突破が大きな注目を集め、アーセナルに引き抜かれた。

    レンタル移籍したフェイエノールトでもスピードを武器にサイドを切り裂くシーンが目立ったが、スピードに乗れないシーンでの選択肢が少ない。当然世界のトップレベルともなればスピードのある選手は相手から警戒され、スピードに乗せないようにケアされる。

    そうなった際に苦戦するスピードスターは決して少なくない。宮市もサイドアタッカーとして選択肢が少ないとの指摘を受けており、やはり世界で戦うにはスピードだけでは不 十分だ。

    最前線でプレイすることもある永井、浅野にも同じことが言える。永井もスピードは抜群だが、今回の岩崎と同様に縦パスを収めるなどDFを背負ってのプレイはあまり得意ではない。組み立ての部分でミスを犯してしまうこともあり、足下の技術には課題もある。シュツットガルトで奮闘している浅野も、シーズン終盤にはスタメンから外されている。

    チームにはヨシップ・ブレカロ、カルロス・マネ、ジュリアン・グリーンなどスピードに自信のある選手が多く揃っており、スピード以外の武器がなければポジションを守っていくことは難しい。岩崎も今大会ではなかなかスピードを活かす場面がなく、感じる部分は多かったはずだ。

    つづく

    6/7(水) 14:40配信 Theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00010014-theworld-socc

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496973659/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 09:18:34.48 ID:CAP_USER9 「ボールに触れない状況が10分間以上も続くトレーニングは、リハビリも含めてあり得ない」
     東京Vの冨樫剛一前監督は「あの子、面白いボールタッチをするな」と、チビッ子たちのゲームを眺めていた。しばらくして休憩になると、スタンドにいたお父さんがピッチまで降りて来て告げる。

    「建英、もういいぞ」
     
     そしてこの後、冨樫氏は少年の本当の凄さを知る。父から許可を得た少年は、それまでとは逆の足でプレーを始めるのだ。面白いタッチをしていたのは不得意な右足で、利き足でボールに触れた途端に、ピッチ上が完全に意のままになったという。
     
     やがて久保建英くんは、バルセロナに入団し、中学生になって帰国する。天賦の才は、最高の環境で研磨され、早くも15歳10か月と29日でJ1の公式戦にデビューするのだった。
     
     かつてバルセロナのカンテラで監督経験を持ち、ジョルディ・アルバやボージャン・クルキッチらを指導してきたジョアン・サルバンス氏は、日本の現場に触れ語っていた。
    「生まれ持った才能では、欧州と日本の子どもたちに差はない。違いを生んでしまうのは環境だ」
     
     サッカー文化が根づく欧州には、身近に理想の手本があり、そこから逆算した効率的なトレーニングが日々更新されていく。そのうえで、頂点に辿り着くまで絶対に息の抜けない競争がある。
     
     ジョアンは、バルセロナで仕事をする前に、イタリア、フランスなどを訪れ、他国の育成状況も見て回った。来日してみて、欧州と最も大きな落差を感じたのは、トレーニングに対する考え方だった。
    「きっと日本にも効率的なトレーニングをしているクラブもあるのだとは思う。でも多くのアマチュアクラブ(部活)では、あまりに質より量にこだわりすぎている。グローバルに見て、ボールに触れない状況が10分間以上も続くトレーニングは、リハビリも含めてあり得ない」
     
     逆に久保くんに限らず、才能に恵まれた選手に「環境」を与えれば、歴史的にも劇的な効果が表われてきた。釜本邦茂氏は西ドイツに、奥寺康彦氏はパルメイラスに短期留学をしただけだが、帰国すると周囲が目を見張る変貌を遂げていた。間もなく釜本氏は五輪得点王に輝き、奥寺氏はケルンとプロ契約を結び、当時世界最高峰のドイツで二冠に貢献する。

    つづく

    SOCCER DIGEST Web 5/19(金) 6:30配信
    ⇒才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは(サカダイ)

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495153114/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 仙台焼肉 ★@無断転載は禁止 2017/05/16(火) 20:54:55.59 ID:CAP_USER9 もしも同じ選手が11人いれば、一体どんなチームが出来上がるのだろうか?

    例えばアンドレス・イニエスタが11人いるチームは非常にテクニカルであるはずだし、ピエール・エメリク・オーバメヤングが11人いるチームは何から何までスピーディーだろう。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://qoly.jp/2017/05/16/if-a-football-team-consists-of-11-same-players-kwm-1?part=7

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 20:54:55.59 ID:CAP_USER9.net

    もしも同じ選手が11人いれば、一体どんなチームが出来上がるのだろうか?

    例えばアンドレス・イニエスタが11人いるチームは非常にテクニカルであるはずだし、ピエール・エメリク・オーバメヤングが11人いるチームは何から何までスピーディーだろう。

    もちろんこれらはあくまで妄想にすぎないのだが、「ウイニングイレブン」などのサッカーゲームではエディット機能によってこうしたチームを体現することができる。

    「リオネル・メッシ×11人vsクリスティアーノ・ロナウド×11人」という究極の空想バトルに挑戦した人もきっと少なくはないはずだ。

    そこで今回はQoly編集部のそれぞれに、「もしも同じサッカー選手が11人いたら、最強のチームができるのは誰だ?」という質問を結構マジでぶつけてみた。

    なかなか興味深い回答が返ってきたので、今回はその内容を見ていこう。

    1. エディンソン・カバーニ
    生年月日:1987/02/14 (30歳)
    所属クラブ:PSG(FRA)
    プレー可能なポジション:CF / WG / ST

    コメント:

    最初に思いついたのはラームであった。しかし、サッカーは点を取れる選手がいなければ勝てない、それはほとんど努力でなく才能の問題である…と思っている筆者としては、カバーニを挙げたいところである。サイドバックもこなせるのではないかと言える運動量と献身性を持ち、体格もあり、ゴールも奪える。実に完璧だ。ただ、GKがどうしても問題になるということを考えると、ティボー・クルトワという選択肢もありなのか?誰かカバーニ×11とクルトワ×11を試してくれ!

    選出者:編集部K

    2. ロベルト・レヴァンドフスキ
    生年月日:1988/08/21 (28歳)
    所属クラブ:バイエルン(GER)
    プレー可能なポジション:CF / ST / OMF

    コメント:

    重視したのはGK、CBとしてある程度の身長があり、セットプレーでチャンスを生み出せる人材、そして決定力。クリスティアーノ・ロナウドも当然考えたが、ゲームの組み立てなど総合的に考えると、レヴァンドフスキが一枚上手だろう。能力的なバランスはピカイチで年齢的にも28歳と充実期にある。11人のレヴァンドフスキならどんなチームとも互角以上に渡り合えるはず!

    選出者:編集部O

    3. ダヴィド・ルイス
    生年月日:1987/04/22 (30歳)
    所属クラブ:チェルシー(ENG)
    プレー可能なポジション:CB / DMF

    コメント:

    チェルシーに電撃復帰し、3バックの要としてプレミアリーグ優勝に貢献したルイス。もともとは“10番”だっただけに、DFらしからぬアタッキングセンスを持ち合わせている。彼が11人いれば面白いサッカーができるのでは。

    選出者:編集部I
    2 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 20:55:04.98 ID:CAP_USER9.net

    4. ウェイン・ルーニー
    生年月日:1985/10/24 (31歳)
    所属クラブ:マンチェスター・ユナイテッド(ENG)
    プレー可能なポジション:ST / CF / WG / OMF / SMF / CMF

    コメント:

    この企画を考えたときにいち早く顔が浮かんだのはエンゴロ・カンテだ。しかし、カンテでは得点の部分がいささか気になった。運動量があり攻撃も守備もでき得点もとれる。そう考えるとウェイン・ルーニーしかないのではないか。サイドバックやセンターバック、ゴールキーパーにいてもこなしてくれる…ような気がする。

    選出者:編集部Q

    5. ジェラール・ピケ
    生年月日:1987/02/02 (30歳)
    所属クラブ:バルセロナ(ESP)
    プレー可能なポジション:CB

    コメント:

    同一選手をフィールドに揃えるだけなら「複数のポジションをこなす献身的な選手」が有力な候補となるが、GKまで含まれるとなると、185cm前後の高身長で運動能力と技術をほどよく兼ね備えた選手が欲しい。本職DFながら今季のJ2で得点を量産している闘莉王、あるいは世界No.1のリベロGKノイアーなんかも面白いかもしれない。想像という名の妄想を繰り広げた結果、最終的にFW顔負けの足元の技術、GKを任されるだけの上背があるピケを選択してみた。やや活力と左サイドからの攻撃に弱さはあるものの、彼が11人揃えば(嫁さんも11人いてくれれば百人力だ)そんじょそこらの代表チームよりよっぽど強いのではなかろうか。SNSで余計なことを書きすぎないかだけが心配の種である。

    選出者:編集部H

    6. ポール・ポグバ
    生年月日:1990/08/19 (26歳)
    所属クラブ:マンチェスター・ユナイテッド(ENG)
    プレー可能なポジション:CMF / DMF / OMF

    コメント:

    「攻撃と守備の両方で能力が高い選手」でまず思い浮かんだのが、このポグバだった。シュートの上手さは世界中のMFでも最高クラスであり、前線に置いてもきっと仕事をしてくれるだろう。守備に若干の不安はあるが、あれだけ驚異的な身体能力があれば、CBだろうがSBだろうがGKだろうが無難にやるはず!カバーニもルーニーも候補としてはおもしろいが、今回のようなケースではより“モンスター”的な選手が11人いた方が強いように感じる。

    選出者:編集部S

    http://qoly.jp/2017/05/16/if-a-football-team-consists-of-11-same-players-kwm-1?part=7
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494935695
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/28(金) 15:27:59.12 ID:CAP_USER9 久保裕也の市場価格は4か月で1.75倍に。

     いま市場価値がもっとも高い日本人フットボーラーは誰か?  ヨーロッパの移籍市場開幕を控えて気になる部分をランキング形式でおさらいしよう。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00025066-sdigestw-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ