サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 選手

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/21(木) 21:16:21.81 ID:CAP_USER9.net

    2017年9月20日、騰訊体育は、日本のサッカー選手が続々と欧州のトップリーグで活躍する一方で、中国選手は寂しい状況だと伝えた。 

    19日のイングランドリーグカップ3回戦で、レスターがリバプールに2−0で勝利。1ゴール1アシストで勝利の立役者となったのがMVP(マン・オブ・ザ・マッチ)を獲得した岡崎慎司だった。記事は、「岡崎は氷山の一角であり、現在欧州のトップリーグでは数多くの日本人選手が活躍している」としている。 

    そして、「日本の選手たちが世界のハイレベルなリーグに進出するまでには苦難の道があった」とし、三浦知良、稲本潤一、松井大輔、高原直泰といった選手たちが道を切り開いたことで、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎といった次の世代の輝かしい成果に繋がったと論じた。また、香川や本田がピークを過ぎつつある中、乾貴士、吉田麻也、酒井宏樹、大迫勇也、酒井高徳、武藤嘉紀、浅野拓磨、柴崎岳といった新たな若手選手たちが続々と欧州に上陸したと伝えている。 

    中国の選手でも、欧米で活躍した選手はいる。記事は、マンチェスター・シティに所属した孫継海(スン・ジーハイ)、ドイツ1部のクラブでプレーした邵佳一(シャオ・ジアイー)、チャールストンに在籍した鄭智(ジョン・ジー)、クリスタルパレスで守備の要として活躍した范志毅(ファン・ジーイー)、2007年にオランダのクラブに所属して中国人初の欧州チャンピオンズリーグ出場を果たした孫祥(スン・シアオ)といった選手を挙げた。 

    しかし現在では、海外で活躍する中国人選手の状況は「惨憺(さんたん)たるもの」だと表現。現在、欧州のトップリーグに所属するのはイングランドのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCからドイツのヴェルダー・ブレーメンにレンタル移籍した張玉寧(ジャン・ユーニン)のみであり、しかも張はベンチに甘んじていると紹介した。 

    記事は「われわれは選手を信じている。外国で真剣にトレーニングしていれば、頭角を現す日がきっとやってくる。スタートラインは低くても、日本との差が大きくても、中国のサポーターは海外で活躍するスターを求めている。そして未来の中国選手にも、海外の名門クラブでのより多くの経験が必要なのだ」としている。(翻訳・編集/川尻)

    Record China2017年9月21日19時50分
    https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_191229/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505996181
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    002きょう行なわれたJ2第33節で、名古屋グランパス相手に勝利を収めたツエーゲン金沢。 関連記事: 【J2第33節 金沢×名古屋】金沢が名古屋を相手に「シーズンダブル」を達成!ホームで2か月ぶり白星を挙げる http://b ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/05(土) 15:15:13.12 ID:CAP_USER9.net

    J1浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督が解任された。結果が伴わず、その采配や選手起用について、特に今季に関しては疑問の声が強く飛んだ。妥当な決断だったかもしれない。ただ、「ミシャ」と愛称で呼ばれた指揮官は「すべての責任は私にある」と言い続けて、実践してきた。

     憎まれっ子のように、フロントに対して、補強への不満を愚痴る姿は確かにあった。その一方で、選手の個別の評価をすることを嫌がった。思い起こせば、その口から選手批判は一度も聞いたことはなかったことが強く印象に残る。「すべての責任は私にある」。だから、選手に責任は問わない。その根底には選手を「息子」と呼ぶほどの愛情があった。

     今年1月、浦和の初練習の日だった。ひととおりの会見の最後に、自ら口を開いた。

     「31年前、ディナモ・ザグレブでプレーしていた。カップ戦でファイナルまで進んだ。当時のイヴィッチ監督は多くの有名クラブを率いた監督だった」

     こう切り出した。そして、語られたのは監督論だった。

     「1点リードしていた後半、相手が攻勢に出ると、監督ができることといえばベンチサイドで感情をあらわにすることだけだった。だが、終盤に相手の圧力がさらに強くなると、監督はピッチの、芝の中に入ってきた。レフェリーは試合を止めて、彼と話をした。5分かかってレッドカードで退席処分となった。その5分がチームの助けとなり、1点リードのまま勝利したんだ」

     話は当時の試合後の記者会見へと及んだ。

     「メディアからは『なぜそんなことをしたんだ』と質問が飛んだ。彼の解答はこうだった『私の家が大火事になって、その中に自分の子供がいたら、もちろんそうなると思う。火の中に入って助ける。私はそうしただけだ』」

     調べたところ、ペトロビッチ氏は84-85シーズンの1年間、同じく1年だけ指揮したトミスラフ・イヴィッチ監督率いるディナモ・ザグレブに所属している。その年、確かにユーゴスラビア・カップの決勝に進出していた。ただし、決勝ではレッドスター・ベオグラードと2戦して、1-2、1-1で敗退している。勝敗に関しては記憶違いかもしれない。

     浦和は7月5日、アウェーの等々力で川崎に1-4で敗れた。試合後、ペトロビッチ氏は正面入口と、バス出入り口前で、2度も興奮したサポーター集団と直談判に応じた。誰から促されたわけではなく、危険を顧みず、自らの判断でいったん乗車したバスから降りて、話し合いの矢面に足を運んだのだった。

     「新潟戦から連勝スタートできなければ一番にこのチームを去る」。熱くなってそう宣言したのはこのときだった。このやりとりを見て、シーズン前の“31年前の話”を思い出した。ペトロビッチ氏はその話の締めに、こう話していた。

     「あの監督のように、エモーショナルな、そういう行動をとる。監督とはそういう職業。私もそういうタイプ。感情的に反応することで私の子供たちを助けたいときがある」。

     “父”として“子”を助ける-。「すべての責任は私にある」と言い続け、去っていった指揮官。そのスタンスは限りなく純粋だった。(デイリースポーツ・鈴木創太)

    8/5(土) 11:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000037-dal-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170805-00000037-dal-000-4-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501913713
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    660: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/05(土) 11:56:19.72 ID:k5Htu0590 川端 暁彦@gorou_chang 2分前
    ハーフタイムにウワサの尚志高校名言トイレを初めて体感した(笑)
    no title


    忍者が紛れ込んでるな

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9288

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:マン ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 22:01:17.24 ID:CAP_USER9.net

    ブンデスリーガではここ10年、ブラジル人選手が減少傾向にある。

    ちょうど10年前は33名のブラジル人選手がプレーし、さらにその翌年には36人にまで増加したが、
    そのわずか5年後には12人にまで減少。現在は16人のブラジル人選手が在籍している。ドイツ誌『kicker』日本語版が7月31日に伝えた。

     その理由について、かつてレヴァークーゼンやバイエルン、ハンブルガーSVなどでプレーしたゼ・ロベルトは
    「そもそも多くのブラジル人選手はダイナミズムに欠けており、ブンデスではそれが求められている」と分析。

     さらにテクニックはもうブラジル人の専売特許ではなくなったとの見方も示した。
    「多くの若いドイツ人選手は、今ではまるでブラジル人の若手選手のようなプレーを見せている。もはやそこまで大きな違いはないよ。ドイツは見事な育成を行っている」と称賛。

    ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)も「クロース、ロイス、サネ、ゲッツェらは、ブラジル人と比べ遜色はない」と話している。

     その一方で、かつてシュトゥットガルトやバイエルンでプレーしたジオバネ・エウベル氏は、むしろブラジル国内における問題点を指摘する。
    「今ではすぐにお金の話になり、ブラジルのクラブは期待の若手選手を保持できない状況にあるんだ。2〜4試合でさえプレーする選手は稀だよ。

    仲介人は中国、ロシア、ウクライナへと連れて行ってしまうからね。お金をちらつかされて、そちらの方へと向かってしまうのさ」と説明した。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170801/619806.html
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501592477
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ