サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 鳥栖

    鳥栖 川崎FからMF原川獲得へ!期限付き移籍で合意間近

    鳥栖がリオデジャネイロ五輪代表で川崎FのMF原川力(23)の獲得に乗り出していることが28日、明らかになった。すでにチーム間で交渉が進められており、近く期限付き移籍で正式に合意する。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [スポニチ]
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/29/kiji/20161228s00002000250000c.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    鳥栖 横浜退団のDF小林獲りへ 右SB候補として実績十分

    鳥栖が今季限りで横浜を退団するDF小林祐三(31)の獲得に動いていることが19日、分かった。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [スポニチ]
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/20/kiji/20161219s00002000332000c.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    鳥栖が川島獲り!6年半ぶりJ1復帰急浮上で代表にも追い風

    J1鳥栖が、フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣(33)の獲得に動いていることが16日までに分かった。複数の関係者によれば、FC東京への移籍が決定的な林彰洋(29)の後釜として白羽の矢を立てた。実現すれば、川島は10年6月以来約6年半ぶりのJリーグ復帰となり、プレー機会が増えればハリルジャパンでの活動にもプラスとなる。

    川島が約6年半ぶりにJのピッチに立つ可能性が急浮上した。林の移籍によりGKの補強が急務となっていた鳥栖は、イタリア出身のフィッカデンティ監督のパイプを使って守護神候補を模索。イタリア人GKも視野に入れていた中で、関係者は「フランスで出番に恵まれない川島の名前が挙がっている」と明かした。すでに獲得へ向け動きだしたという。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [スポニチ]
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/17/kiji/20161217s00002000015000c.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    GK林彰洋が東京移籍へ 鳥栖はイタリア人獲得狙う

    鳥栖の日本代表GK林彰洋(29)が東京に移籍することが7日、濃厚になった。林はこの日の練習後「しゃべることは何もないです」と話したが、複数の関係者によると移籍は決定的、鳥栖は代役としてイタリア人GKの獲得に動いているという。近日中に正式に発表される。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [日刊スポーツ]
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1748829.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/02(金) 12:25:08.01 ID:CAP_USER9 鳥栖のDF吉田豊(26)が来季残留することが1日、分かった。

    昨年、清水から入団し、今季は左サイドバックとしてリーグ戦32試合に出場。
    Jリーグの16年シーズン優秀選手33人にも選出されている。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000007-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ