サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: マラドーナ

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 12:47:00.43 ID:CAP_USER9.net

    アルゼンチン代表に1986年メキシコ・ワールドカップ優勝をもたらすなど、華麗なプレーの数々で多くの伝説を残したレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が古巣のナポリを訪れ、クラブのリーグ初優勝から30周年のセレモニーに出席。

    「ペレは常に俺の二番手」と、相変わらずのコメントを残したと、「ガゼッタ・デロ・スポルト」などイタリアメディアが一斉に報じている。

     マラドーナ氏は1984年にバルセロナからナポリに移籍すると、86-87シーズンに中心選手としてリーグ初優勝に貢献した。89-90シーズンにも2度目の優勝を果たしたが、92年に薬物検査で違反が発覚しチームを去った。それでもナポリでは今もなお、マラドーナは英雄として扱われている。

     マラドーナはナポリのウェアを手に、「このユニフォームで私は夢を見たんだ」と訴えかけると、バルセロナからの移籍時に2倍の年俸を提示されたことを暴露し、「金じゃないんだ」と断って移籍したことも明かしている。

    FIFA汚職問題にもマラドーナ節全開

     そして、「ペレは常に俺の二番手だ」と相変わらず隣国ブラジルのレジェンドをこき下ろすと、FIFAの汚職問題にも触れて「ブラッター(前会長)とプラティニは泥棒だ」とマラドーナ節を炸裂させた。

     ナポリは今季、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをユベントスに引き抜かれたが、勝ち点41で3位につけている。マラドーナ氏の在籍時に獲得した2回を最後にリーグ優勝から遠ざかっているナポリだが、今季はリーグを制することができるだろうか。

    Football ZONE web 1/18(水) 12:02配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00010006-soccermzw-socc

    【サッカー】<サッカー界最大の論争テーマ>メッシよりC・ロナウドが上! イタリア専門紙が挙げた10の理由
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484647513/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484711220
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 08:44:25.56 ID:CAP_USER9.net

    コパ・アメリカ敗退を受け、アルゼンチン代表からの引退を表明したリオネル・メッシ。当然ながらその反響は大きく、同国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏は、メッシを擁護する姿勢を示している。27日、アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が報じている。

     マラドーナ氏は愛弟子の電撃発表を受け「私はメッシを孤独にしたくない。だから彼と話したい。そして、彼を孤独へと追いやった全ての指導者たちと戦いたい」と怒りの気持ちを述べ、「私が思うにメッシの発表がもたらす唯一の事は、アルゼンチンサッカー界に存在する全ての災いを覆い隠すというものだ」との見解を示す。

     財政問題や、会長選の不正などで、司法のメスが入り、一時はコパ・アメリカへの参加も危ぶまれたほどの混乱下にあるアルゼンチンサッカー協会。マラドーナ氏も「アルゼンチンサッカー界を取り巻く多くの争いに非常に悲しんでいる。それによって、我々がゴールを量産したとでもいうのか?最低だ」と現状を嘆いている。

     そして、「メッシは代表でプレーを続けなければならない。チャンピオンになるためにロシアへと行かねばならないのだ」と愛弟子の代表続行を願った。メッシの早過ぎる代表引退宣言を翻せるとするならば、やはりマラドーナ氏しかいないのだろうか。腐敗したサッカー協会の問題も絡んでいるようであり根が深そうだ。

    フットボールチャンネル
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010010-footballc-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1467157465
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    34: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2016/06/21(火) 11:31:06.71 ID:xYIhqKb40 マラドーナってそこらへんは堅いんだな、そういやアルゼンチンはカトリックの国か

    ⇒略奪愛に触れた者は許さず マラドーナのイカルディ批判発言に嫁激怒……(TheWorld)
    インテルで活躍しているアルゼンチン人FWマウロ・イカルディをリオ五輪に連れて行くべきかと問われたアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏は、イカルディのことが好きじゃないと激しく非難した。

    同氏は、イカルディが当時チームメイトだったマキシ・ロペスから妻のワンダ・ナラを奪った一件が許せないと感じていたようで、イカルディについて「イカルディは俺の中では存在しないことになっている。あんなことが起きたのだからね。私はマキシのファンだ。モラルのない人間は俺の中では存在しないことになっているのさ」とコメント。人間としてイカルディが許せないと主張した。

    しかし、これを黙って聞いておくほどイカルディの妻となったワンダ・ナラはおとなしくない。現在イカルディの代理人にもなっているワンダは、地元ラジオ局『Radio Metro』に対し「マラドーナは私たちのことについて話す前に、自分の人生について考え直すべきだわ」と反撃。英雄とはいえど夫のことを批判する人物のことは許せないようだ。

    イカルディ本人もイタリアとは違い、アルゼンチン国内ではチームメイトの嫁を奪った男としか認識されていないとコメントしていたが、マラドーナ氏と同じ考えの人が多いのかもしれない。今後も同様のコメントが起こる可能性もあるが、ワンダがそれを許さないだろう。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart7727

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/10(金) 11:58:14.48 ID:CAP_USER9 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに、母国の英雄であり、かつての指揮官であるディエゴ・マラドーナ氏から厳しい言葉が寄せられた。リーダーの資質がないという。複数メディアが報じている。

    マラドーナ氏は9日、パリでのイベントに出席した際、同席したペレ氏と会話した。このときのコメントがマイクで拾われている。

    ペレ氏からメッシについて「良い人なのか」と質問されたマラドーナ氏は、「彼は良い人だ」と答えてから、次のように続けている。

    「だが、彼にはパーソナリティーがない。リーダーになるだけのパーソナリティーがないんだ」
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000002-goal-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 11:58:14.48 ID:CAP_USER9 no titleバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに、母国の英雄であり、かつての指揮官であるディエゴ・マラドーナ氏から厳しい言葉が寄せられた。リーダーの資質がないという。複数メディアが報じている。

    マラドーナ氏は9日、パリでのイベントに出席した際、同席したペレ氏と会話した。このときのコメントがマイクで拾われている。

    ペレ氏からメッシについて「良い人なのか」と質問されたマラドーナ氏は、「彼は良い人だ」と答えてから、次のように続けている。

    「だが、彼にはパーソナリティーがない。リーダーになるだけのパーソナリティーがないんだ」

    マラドーナ氏の返答を聞いたペレ氏は、こう続けた。

    「ああ、我々の時代にはいたんだがね。例えば1970年代は、リベリーノやジェルソン、トスタンといった選手たちがいた」

    「アルゼンチンはメッシだけだ。(マラドーナ氏は)メッシは良い選手であり、それに疑いはないと言っているが、パーソナリティーがないのか」

    バルセロナでは数々のタイトルを獲得し、バロンドール受賞通算5回のメッシだが、フル代表ではいまだ無冠とあり、アルゼンチン国内では批判の声も絶えない。2010年のワールドカップでアルゼンチン代表を率いたマラドーナ氏の発言に、メッシは何を思うのだろうか。

    アルゼンチン代表は現在、コパ・アメリカ・センテナリオに参戦中。初戦は王者チリに勝利したが、メッシは負傷で欠場している。

    ⇒マラドーナ:「メッシにはリーダーになるだけのパーソナリティーがない」(Goal.com)

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465527494/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ