サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 中国

    9: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/28(火) 12:06:08.25 ID:2rGT4Pd80 ドイツ4部での中国さんのUー20強化計画、おわりwww

    ⇒独4部参戦のU-20中国代表、1試合で怒りの帰国。チベット旗が原因で計画は頓挫(フトチャン)

    no title 国策としてサッカーの強化を推し進める中国は、東京五輪出場の可能性を高めるための計画の一環として今月からU-20代表をドイツ4部リーグに参戦させていた。しかし、その計画はたった1試合で終わりを迎えてしまった。

     原因は今月18日に行われたレギオナル・リーガ・サウスウェスト(独4部相当)に所属するTSVショット・マインツとの試合にあった。独『シュピーゲル』など複数メディアが報じている。

     この試合中、チベット独立運動の活動家がスタジアム内でチベットの旗を掲げたことで、U-20中国代表の選手たちが激怒。プレーを拒否して一時的に試合が中断された。その後、問題となった旗を撤去したことで試合は再開されたが、予定されていた残りの15試合は行われない見込みになった。

     ドイツサッカー連盟(DFB)は観客の表現の自由を取り締まることはできないとして、ひとまず年内に予定されていたU-20中国代表と地元クラブとの3試合を中止とした。一方の中国サッカー協会(CFA)も、チベット旗の掲げられたスタジアムで試合はできないとしてU-20中国代表の帰国を26日に発表した。

     今回スタジアムで行動を起こしたのは「チベット・イニシアチブ・ドイツ」という団体で、チベット難民4人、ドイツ人2人の計6人が問題となったチベット旗を掲げたという。試合は中国国内で放映されており、

     もともとは16試合が予定されていたU-20中国代表のドイツ4部参戦だが、今回の一件を受けて3クラブが対戦を拒否したとのこと。英紙『ガーディアン』によれば、U-20中国代表と対戦するクラブにはそれぞれ1万5000ユーロ(約200万円)が支払われていたとされている。

     チベットはもともと一つの独立国だったが、中国が1950年に侵攻して現在も支配を続けている。その中では様々な弾圧や人権侵害が行われているとされ、チベット内では独立運動が活発に。チベット政府は首長のダライ・ラマ14世とともにインドに亡命している。

     一連の問題で国際社会から非難を浴びているが、中国は「国内での分離主義、反中国、テロ活動は許さない」との主張を曲げず、チベット政策において強硬な姿勢を崩していない。今回のサッカースタジアムでのチベット旗掲示問題はしばらく尾を引きそうだ。

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9688

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    930: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/27(月) 10:49:56.41 ID:RH20V6JZ0 カルロステベスさん、シーズン終了まで持たず退団&帰国wwwwwwww
    ⇒世界最高給テベスが上海申花退団へ、シーズン終了待たずに帰国(AFP時事)

    no title【AFP=時事】サッカー中国スーパーリーグ(1部)の上海申花(Shanghai Shenhua)に鳴り物入りで加入した元アルゼンチン代表のカルロス・テベス(Carlos Tevez)が、わずか11か月で中国を去ることが確実になった。チームは26日に行われた中国FAカップ(CFA Cup)でタイトルを獲得したが、メンバー外のテベスはすでにアルゼンチンへ帰国。指揮官から明確な言葉はなかったものの、同選手の中国でのキャリアはほぼ間違いなく終了したとみられている。

     イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)やマンチェスター・シティ(Manchester City)、イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)で活躍した現在33歳になるテベスは、2017年1月に上海申花に入団し、推定週給73万ユーロ(約9650万円)の世界最高給を受け取っているとされていた。しかし、国内リーグでは全試合の半分にしか出場せず、得点もわずか4ゴールにとどまった。

     上海申花は26日、同都市のライバル上港上港(Shanghai SIPG)との決勝を制し、中国FA杯を獲得したが、第1戦と第2戦でテベスに出番は訪れなかった。チームの指揮を執る呉金貴(Jingui Wu)監督は、第2戦の登録メンバーを外れたテベスが帰国の途に就いたことを明かし、「メンバーに入らなかったので、彼はアルゼンチンに戻る決断を下した。あれほどの選手だから、気持ちはわかる」と語った。

     シーズン途中にグスタボ・ポジェ(Gus Poyet)前監督から指揮官の座を引き継いだ呉監督は、テベスを太りすぎだと断じ、減量できるまでは起用しないとも話していた。中国のサッカーファンもすっかり幻滅し、何かあるたびに母国へ戻りたがるテベスに対して「ホームシック少年」のレッテルを貼っていた。

      呉監督は「テベスはこれまでチームに大きく貢献してくれた。特にFAカップでね。彼はまわりが言うような人間ではない。練習熱心で、午前と午後の二部練習も行っていた。素晴らしい仕事をしてくれたし、技術的に最高の選手だ」とコメントした。

     テベスは古巣のボカ・ジュニアーズ(Boca Juniors)復帰がうわさされている。【翻訳編集】 AFPBB News

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9683

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    00中国スーパーリーグの広州恒大は9日、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロの監督就任を発表しました。ファビオ・カンナバーロ氏は2015年に広州恒大の監督を務めており、3年ぶりの復帰になります。今シーズンは同じく中国の天 ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/22(日) 07:13:10.94 ID:CAP_USER AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝、浦和レッズー上海上港の第2戦が18日、埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズは1ー0で上海上港を下し、ACL決勝に駒を進めた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://news.searchina.net/id/1646335?page=1

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2017/10/19(木) 12:42:39.18 ID:CAP_USER9.net

    中国スーパーリーグの勢いに陰り? ACLでは助っ人依存が顕著に

    [ACL準決勝 第2戦]浦和 1-0 上海上港/10月18日/埼玉

     埼玉スタジアムで雌雄を決した浦和レッズと上海上港の両雄。ホームの前者がラファエル・シルバのゴールで1-0の勝利を飾り、2戦合計2-1としてアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝に駒を進めた。
     
     この結末を大々的に報じたのが、上海発の中国全国紙『新浪新聞』だ。ACLのノックアウトラウンドで中国スーパーリーグのクラブが日本勢に引導を渡されたのは、今回が初だった。その事実を「中国サッカー界にとって恥ずべき敗北。悔い改めなければならない」と断じたのである。
     
     論調は容赦なく、手厳しい。
     
    「フッキ、オスカール、エウケソンはいつも通りに個の能力を見せつけ、チャンスも創出していたが、上港は1点も奪えずに敗れた。理由は簡単である。単純にチームとしてのクオリティーで浦和に劣っていたからだ。0-1は負け試合における最少スコアだろう。だがこれによって上港のアジア制覇の野望は絶たれ、中国サッカー界にとって恥ずべき記録が刻まれることになった。ACLのノックアウトラウンドで中国勢は初めて、日本勢の後塵を拝したのである」
     
     2013年と15年にACLを制覇した広州恒大を筆頭に、近年の中国スーパーリーグ勢の躍進は目覚ましい。だがその一方で、国内には徐々に外国籍選手への依存度の高さや、巨額の資金投下を懸念する声が高まっている。ロシア・ワールドカップ予選で中国代表が無残な敗北を喫したことで、「強力なのは外国籍選手だけ」「チームや自国選手のレベルがまるで上がっていない」といった懐疑的な意見が噴出しているのだ。
     
     ACLにおいてはさらにその依然傾向が強いと、同紙は指摘する。それゆえ、地に足をつけた強化を進め、組織力に磨きをかけているJリーグ勢や韓国・Kリーグ勢に太刀打ちできなくなってきているという。今回の浦和戦の敗戦を、ひとつの警鐘だと捉えている。
     
    「近年のスーパーリーグのクラブは惜しみなく資金を注ぎ込み、世界のビッグネームを買いあさってきた。上港もそうだ。

    しかし、日本のメディアやファンたちはこんな風に我々を見ている。『外国籍の助っ人たちがいなければ敵じゃない』と。上港は意地を見せようと奮闘した。

    フッキ、オスカール、エウケソンを擁して“敵”となったが、それでも浦和には勝てなかった。チームとしての総合力に差があったと言わざるを得ないのだ。今季も大きな期待を集めたが、中国勢はACLで決勝にさえ辿り着けなかった。2年連続だ。この由々しき事態をどう捉えるべきか。しっかりと考えなければならない」
     
     世界経済を席巻してきたチャイナマネーに陰りが見え始めているように、爆買いによる強化の限界を露呈しつつある中国スーパーリーグ。今季の上海上港はACL、スーパーリーグ、国内カップを制する「初の3冠チーム」を目ざしていたが、その夢は呆気なく絶たれた。

    10/19(木) 5:13配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00031284-sdigestw-socc

    【サッカー】<ACL準決勝>浦和レッズ、10年ぶりの決勝進出決定!R・シルバの決勝弾で上海上港を下す.決勝はサウジのアル・ヒラル★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508337968/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508384559
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ