サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 甲府

    VF甲府・佐久間GMインタビュー ドゥドゥ以外入れ替え

    J1ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)が来季に向けて外国籍選手の再編を進めている。佐久間悟GMは30日、山梨日日新聞の単独インタビューに応じ、FWドゥドゥ以外の外国籍3選手(ダビ、マルキーニョス・パラナ、ビリー・セレスキー)については「契約満了にする方向で動いている」と説明。...

    [山梨日日新聞]
    https://www.sannichi.co.jp/article/2016/12/01/00163281

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    【甲府】来季監督に吉田達磨氏の就任を発表…佐久間現監督は副社長兼GMに

    J1甲府は15日、来季の監督に前新潟監督の吉田達磨氏(42)が就任することを発表した。佐久間悟監督(53)は来季、現在兼務している副社長兼GMに専念する。

    吉田氏は埼玉県出身。東海大浦安高校から日立製作所サッカー部に入部し、MFとして柏、京都、山形でプレーした。2003年、柏ユースのコーチから指導者をスタート。柏の強化責任者なども歴任した後、10年に柏の監督、昨季は9月まで新潟を率いていた。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [スポーツ報知]
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161115-OHT1T50070.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 20:48:55.16 ID:CAP_USER9.net

    J1のヴァンフォーレ甲府は5日、FW盛田剛平(40)、DF柴村直弥(34)、DF福田健介(32)、DF渡辺将基(29)、MF吉野峻光(27)と来季契約を更新しないことを発表した。

     盛田は2012年に広島から甲府に移籍し、DFからFWに転向した14年はJ1リーグ戦29試合に出場し、5得点を記録した。プロ18年目の今季は6試合で無得点だった。福田も12年に東京Vから甲府に加入し、右サイドバックで41試合に出場してJ2優勝に貢献した。今季は10試合に出場した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000211-sph-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1478346535
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    甲府、40歳FW盛田剛平ら5選手の契約満了を発表

    ヴァンフォーレ甲府は5日、DF福田健介(32)、MF吉野峻光(27)、FW盛田剛平(40)、DF柴村直弥(34)、DF渡邉将基(29)の5選手の契約満了を発表した。

    40歳の盛田は2012年から甲府でプレー。当初はDFとしてチームを支え、J1昇格に貢献。13年に一度は契約満了となったが、直後に再契約してプレーを継続した。14年からはFWとしてプレーしていたが、今季は加入後最低のリーグ戦6試合の出場にとどまっていた。

    [ゲキサカ]
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?202584-202584-fl

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    内部崩壊寸前だった甲府が、それでもJ1に残れた理由

    崩壊を踏みとどめた「仲間が仲間を思い遣る気持ち」。

    リーグ最終戦のホームゲームに敗れながらも、4年連続のJ1残留を決めた後、チーム最年長の土屋征夫は、重い荷物を下ろしたような表情で言った。

    「みんながチームのなかで崩れずに、人のことを思い遣って、人のために犠牲になって、いろんなことを話し合ってやってきたことが、こういう結果になって出たと思う。そういう強く仲間を想う心が、甲府の色なので。それがこういう結果につながって良かった」

    もしも、甲府がそうした特色のあるチームでなかったならば、早い段階で内部崩壊を起していてもおかしくなかっただろう。

    「この練習をやっていて、サッカーが上手くなれると思えない」
    「こんな練習に意味はないって、書いちゃってくださいよ」
    「練習試合をほとんどやらない。実戦のスピード感のなかで迫られる判断や、フルサイズのピッチでやって初めて出るミスがあるのに。それを確認したり修正したりする機会がない」

    憤懣やる方ないといった言葉が聞こえてきたのは、1度や2度ではない。毎日のトレーニングのなか、選手たちはストレスを募らせていた。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [SOCCER DIGEST Web]
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=20320

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ