サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: チリ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/02(木) 15:09:55.28 ID:CAP_USER9 ロシアW杯予選が大詰めを迎えている。続々と出場国が名乗りを上げ、いよいよアフリカ予選最終節、欧州予選プレーオフ、そして大陸間プレーオフを残すのみ。各地区で激しい戦いが繰り広げられるなか、すでに強豪国のいくつかが姿を消した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171102-00094014-playboyz-socc
    11/2(木) 11:00配信

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/02(木) 15:09:55.28 ID:CAP_USER9.net

    ロシアW杯予選が大詰めを迎えている。続々と出場国が名乗りを上げ、いよいよアフリカ予選最終節、欧州予選プレーオフ、そして大陸間プレーオフを残すのみ。
    各地区で激しい戦いが繰り広げられるなか、すでに強豪国のいくつかが姿を消した。

    前回ブラジル大会3位のオランダ、昨年の欧州選手権ベスト4のウェールズ、
    今年6月のコンフェデ杯に南米王者として出場したチリ、7大会連続W杯出場中だった北中米のアメリカといった国々の敗退には驚いたね。

    また、欧州予選のプレーオフに回ったスイスも気の毒。予選開幕から9連勝して、最終節に1敗しただけなのに、まだロシア行きが決まらないのだから。
    地区によってこんなに予選の難しさが違うのかと、あらためて痛感させられた。

    個人的には、チリの敗退が残念。
    中盤のビダル、前線のサンチェスら数多くのスター選手を擁し、2007年のU-20W杯(カナダ)で3位になるなど早くから注目を集めてきた“黄金世代”にとって、
    ロシアW杯はおそらく最後の大舞台。本大会に進んでいれば、ベスト8を狙える力があったと思うだけに、彼らのプレーを見られないのは寂しい限りだ。

    今回のW杯予選で、チリは初戦でブラジルを2-0で破る好スタートを切った。
    15年、16年と南米選手権を連覇するなど当初は勢いがあったんだけど、長丁場の予選を戦うなかで、徐々に息切れしてしまった。

    一方、チリとは対照的にブラジルはドゥンガからチッチに監督を交代してチームを立て直すと、早々と予選首位通過。
    そして最終節で、チリを3-0で破って引導を渡した。なんとも皮肉な結末だね。

    そのチリを最終節でかわしてロシア行きを決めたのはアルゼンチン。アウェーのエクアドル戦、土壇場でハットトリックを決めたメッシはさすがとしか言いようがない。
    W杯の盛り上がりという意味では、突破を決めてくれてよかった。

    選手の顔ぶれを見れば、アルゼンチンがここまで苦戦したことを意外に思う人もいるかもしれない。
    でも、アルゼンチンは過去のW杯予選でも苦戦して、大陸間プレーオフを経験したことがあるし、南米予選はそれだけ厳しいということ。

    何しろ、全10ヵ国がホーム&アウェー方式で総当たり、2年以上もかかる長丁場だ。
    「今回は組み合わせに恵まれた」ということもない。また、国によっては空気の薄い高地で試合が開催されるなどアウェーの洗礼も強烈。
    だから、勢いだけではなかなか勝ち抜けないし、選手層の厚さが求められる。

    今、世界のサッカーは人もお金も欧州を中心に回っている。それでも南米各国がW杯の舞台で欧州勢になんとか対抗できているのは、
    厳しい予選でもまれていることが、理由のひとつに挙げられるんじゃないかな。

    それに比べると、やはりアジア予選はラクすぎる。もちろん、予選終盤にはそれなりにしびれる試合もあったわけだけど、ほかの地区の人たちに不公平だと思われても仕方ない。
    前回ブラジルW杯では、アジア勢4チームが出場して1勝も挙げられなかった。今年12月の組分け抽選の結果がどうなるかにもよるけど、ロシアW杯でも再びそうなってしまうのかなといういやな予感がするね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171102-00094014-playboyz-socc
    11/2(木) 11:00配信
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509602995
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★ 2017/10/21(土) 07:26:59.09 ID:CAP_USER9 no title ■日本でも時の人となったアニータ。

     アニータ・アルバラード。その名を聞いてピンとくる日本人は少なくないだろう。2001年に青森県の住宅供給公社に勤める男性が勤務先から約14億5900万円を横領して逮捕されるという事件が発生。その妻として話題をさらったあの「チリ人妻」だ。
     
     彼女は夫が横領した公金を浪費し、母国にプール付きの豪華邸宅を建てるなど贅沢三昧な暮らしを送っていたことで、一時は日本で時の人となった。
     
     事件発覚後の2005年にはチリ司法当局に逮捕されたが、後に証拠不十分で釈放。母国では、「男を引っ掛けて大金を貢がせ、巨万の富と名声を得た成功者」として評価されているそうで、女優やエッセイストとして今も表舞台で活躍している。
     
     現在44歳のアニータが最近、現地のテレビ番組『Mentiras Verdaderas』にて、チリ代表GKとの情事を赤裸々に告白して大きな話題をさらっている。チリ・メディア『Cooperativa』が伝えている。
     
     恋愛本の出版やリアリティー番組出演など恋多き女性としても知られるアニータによって、国中に情事の模様をリークされたのは、チリの名門ウニベルシダ・デ・チレに所属するGKジョニー・エレーラだ。チリ代表でマンチェスター・シティに所属するクラウディオ・ブラーボの後塵を拝すものの、国内では高い評価を得る36歳のベテランGKである。
     
     そんないぶし銀GKの“夜のプレイ”をアニータは、「素晴らしかった」と回想。さらに続けて賛辞を贈った。
     
    「私はエレーラと関係を持った。彼は今まで見てきた中で最も美しい“モノ”を持っていて、信じられないほど壮大な男だったわ。彼に触れられれば、それが男でも、女でも幸せになってしまうの。彼の体にはお金を払う価値がある。称賛に値するわね」
     
     チリ代表は先日、ワールドカップ南米予選で敗れてロシアへの切符を掴み損ね、「南米王者の失墜」として話題をさらっていただけに、その傷も冷めやらぬ中で、アニータがそれに便乗して情報を流したと想像するに難くない。

    10/20(金) 15:54配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00031397-sdigestw-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508538419/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: ranran roo ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★ 994f-x1n0) 2017/07/03(月) 04:56:37.10 ID:CAP_USER9   FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017決勝が2日に行われ、チリ代表とドイツ代表が対戦した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00607744-soccerk-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 994f-x1n0):2017/07/03(月) 04:56:37.10 ID:CAP_USER9.net


    7/3(月) 4:54配信

    SOCCER KING
    ドイツがチリ撃破でコンフェデ杯初制覇!…若手主体でも世界王者の貫禄

    SAINT PETERSBURG, RUSSIA - JULY 02: Lars Stindl of Germany celebrates scoring his sides first goal with Timo Werner of

     FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017決勝が2日に行われ、チリ代表とドイツ代表が対戦した。

     決勝は、南米王者のチリと世界王者のドイツが初優勝を懸けた一戦となった。大会初出場のチリはPK戦までもつれた激闘の末に欧州王者のポルトガルを破り決勝に進出。3度目の出場のドイツは北中米カリブ海王者のメキシコに4-1の完勝で初の決勝に駒を進めた。

     チリはFWアレクシス・サンチェス、FWエドゥアルド・バルガス、MFアルトゥーロ・ビダルらがスタメン入り。ゴールマウスは準決勝のPK戦で3連続セーブを見せたGKクラウディオ・ブラボが守る。若手主体のドイツはキャプテンのMFユリアン・ドラクスラー、準決勝で2ゴールのMFレオン・ゴレツカ、MFラース・シュティンドル、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンらが先発出場した。

     試合はチリが序盤から積極的な攻めを見せる。開始3分、チャルレス・アランギスがペナルティエリア内左に抜け出すが、DFアントニオ・リュディガーにブロックされる。こぼれ球をビダルがダイレクトでシュートを放つが、GKテア・シュテーゲンにセーブされた。

     20分には、ビダルが強烈なミドルシュートを放つが、GKテア・シュテーゲンに弾き返される。こぼれ球にA・サンチェスが詰めるが、GKテア・シュテーゲンの決死のブロックに阻まれた。

     その直後、試合は意外な形で動いた。ティモ・ヴェルナーが最終ラインでキープしたマルセロ・ディアスからボールを奪取。エリア内に進入し、GKの目前で横パスを送ると、フリーのシュティンドルが落ち着いて無人のゴールに流し込み、ドイツが先制に成功した。

     追加点を狙うドイツは40分、ヴェルナーのバックパスを受けたドラクスラーが、エリア手前左から右足シュートを放つが、わずかに枠の左に外れる。44分には、相手DFのパスミスをカットしたドラクスラーが、エリア内左へパス。これを受けたゴレツカが右足シュートを放つが、GKブラボのブロックに遭った。

     ドイツの1点リードで折り返した試合は徐々にお互いがヒートアップ。59分には、ジョシュア・キミッヒが競り合い後にGKブラボに詰め寄ると、そこに駆けつけたビダルも応戦し、小競り合いに発展。バイエルンでチームメイトのキミッヒとビダルに揃ってイエローカードが提示された。

     63分には分には、ゴンサロ・ハラが競り合ったヴェルナーに肘打ち。一度は流されたがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断で、ハラにイエローカードが提示された。

     猛攻を見せるチリは74分、バルガスがエリア内中央からシュートを放つが、GKテア・シュテーゲンの正面。75分には、ビダルがエリア内左から強烈な左足シュートを放つが、枠を捉えられない。85分、A・サンチェスが左サイドからクロスを送ると、エドソン・プッチがGKの目の前でトラップし、マイナスの折り返しを送る。無人のゴールに入れるだけだったが、アンジェロ・サガルの左足シュートは枠を大きく外した。

     防戦一方のドイツはカウンターで相手ゴールに迫るが、追加点を挙げられない。それでも、チリに反撃を許さず、1点を守りきって1-0で勝利。コンフェデレーションズカップ初優勝を果たした。

    【スコア】
    チリ 0-1 ドイツ

    【得点者】
    0-1 20分 ラース・シュティンドル(ドイツ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00607744-soccerk-socc VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499025397
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ