サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 日本サッカー協会

    1: Egg ★ 2018/01/31(水) 07:00:33.87 ID:CAP_USER9 ロシアW杯まであと半年を切るなか、日本サッカー協会が人事で揺れている。田嶋幸三・現会長の再選が無投票で決まったものの、副会長の岡田武史氏が3月末の任期満了をもって退任する意向を示したのだ。サッカー協会関係者がいう。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00000015-pseven-spo

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/31(水) 07:00:33.87 ID:CAP_USER9.net

    ロシアW杯まであと半年を切るなか、日本サッカー協会が人事で揺れている。田嶋幸三・現会長の再選が無投票で決まったものの、副会長の岡田武史氏が3月末の任期満了をもって退任する意向を示したのだ。サッカー協会関係者がいう。

    「田嶋政権が続く以上、本来なら退く理由はない。しかし岡田氏は“1期(2年)のみという約束”“オーナーを務める四国リーグのFC今治が忙しい”と続投を固辞したようだ。協会内では田嶋会長との不和も噂されているが、一番の理由は“現場に戻りたい”ということ。まずはJ3昇格を逃した自分のチームを立て直したいと考えているようだ」

     ただ、一方で“代表監督再登板への布石では”という見方もある。折しもハリルホジッチ監督率いる日本代表は、昨年末の東アジア選手権で韓国に1-4の大敗するなど不振を極め、監督更迭論が噴出している。

     オシム監督が脳梗塞に倒れた後、“代打”として代表監督に再登板し、2010年の南アW杯で見事決勝トーナメントに駒を進めた岡田氏の“再々登板”の待望論は根強い。

    「3月の欧州遠征の結果次第ではハリル監督の電撃解任もある。その時は海外からの監督選びは間に合わないだろう。日本人選手の特性をよく知り、短期間でチームを立て直せる岡田氏は最有力候補だ」(同前)

     メキシコ五輪の得点王で、日本サッカー協会・元副会長の釜本邦茂氏は「さすがにロシアW杯前ということはないだろうが……」と前置きしつつも“岡田待望論”を語った。

    「高い年俸を払って外国人監督を招聘し、ありがたがっている時代はもう終わった。日本が強豪国を目指すなら、日本人監督を真剣に検討すべきです。その筋道をつけられる適任者は岡田武史しかいないでしょう」

     まさかの再々登板はありうるか。

    ※週刊ポスト2018年2月9日号

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180130-00000015-pseven-000-view.jpg


    1/30(火) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00000015-pseven-spo
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517349633
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/18(木) 23:10:03.94 ID:CAP_USER9.net

    日本サッカー協会(JFA)最高顧問の川淵三郎氏(81)が18日、都内で行われた「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード授賞式」に出席した。

    川淵氏は「JFAこころのプロジェクト」と称して、さまざまな競技の現役選手やOB、OGらが学校へ出向き、子どもたちに夢を持つことの大切さなどを伝える「夢の教室」の活動が評価されたことを喜んだ。
    スピーチでは「授業には涙が出るような話がたくさんあって、ぜひそれをまとめて本にしようと思っている。幻冬舎から出版してもらえないかと思いまして、お礼の言葉としたいと思います」とアピール。
    同賞の特別審査員を務めた幻冬舎の見城徹社長から「本のこと、しっかり考えます」と返答され、笑顔をみせた。

    授賞式後には、特別審査委員長を務めた作詞家の秋元康氏とトークセッションも行った。秋元氏からは「川淵さんは太陽みたいな方で、そばにいるとみんなが成長する。今もお話を聞いていて非常に楽しい。
    やはりそういうことが人を育てるのだとすると、存在するだけで社会貢献です」と絶賛された。

     照れた様子をみせていた川淵氏だったが、東京五輪へ向けた各スポーツ界の話になると顔色を変え「強化費がもらえなくなる東京五輪以降は各競技団体がポシャっちゃう。
    ガバナンスをしっかりやれよって言うけど、間抜けな協会がありますよね」と切り出した。

    禁止薬物混入騒動で揺れる日本カヌー連盟については「もってのほかですよね。ああいうことがあって、誰も責任とってない。幼稚園レベルですよ」とぶった切った。

    川淵氏の怒りの収まらない様子に秋元氏は「川淵さんと接していると、無関心ではいられない怒りを常に感じている。
    すてきだなと思うのは、これだけメディアのみなさんがお集まりの中でも、明日の見出しになりそうなことをお話ししてくださいますよね。ネットが盛り上がりそうな」と冷静に話して笑わせていた。

    同賞は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と雑誌「GOETHE(ゲーテ)」(幻冬舎)によって11年に設立された。
    ビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献に寄与したビジネスリーダーに贈るもので、今年は川淵氏のほか、
    LINEの出沢剛社長、アパレルブランド「ジェラートピケ」などを手がけるマッシュホールディングスの近藤広幸社長が受賞した。

    1/18(木) 22:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00103632-nksports-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180118-00103632-nksports-000-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516284603
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/06(土) 06:19:34.01 ID:CAP_USER9.net

    W杯の開幕まで半年。サッカー日本代表は、大きな“決断”を迫られることになりそうだ。

    「サッカー協会内部にはハリルホジッチ監督(65)のやり方に疑問を抱く幹部が少なくない。昨年9月に本大会出場を決めた時でさえ、協会内には“内容が悪い”と監督交代の声が上がった。大会目前に“ハリル降ろし”が始まっても不思議ではない」(サッカー記者)

     12月16日に東アジアE-1選手権で韓国に1対4で惨敗し、反発は強まった。

    「試合後にハリル監督は“韓国のほうが格上だ”とコメントした。W杯一次リーグの相手は韓国より強敵。これでは“予選敗退します”と宣言したようなものです」(協会関係者)

     元サッカー協会副会長の釜本邦茂氏も、「ハリルジャパンを見ていると、どんなサッカーをしたいのかが見えてこない。ハリル監督の更迭? “一次リーグの突破も難しい”といっただけで国賊扱いなのに、私の口からは……」と口を濁した。

     鍵となるのは、1月27日の次期会長選挙だという。

    「現段階で立候補を表明しているのは、田嶋幸三会長(60)だけですが、“反ハリル勢力”が候補を立てれば状況は変わってくる。岡田武史元代表監督(61、現協会副会長)の立候補が取り沙汰されており、それが田嶋会長の最も恐れるシナリオだ」(前出・協会関係者)

     岡田氏は昨年9月にスポーツ紙のインタビューで「本田圭佑(31)、長谷部誠(33)、香川真司(28)、長友佑都(31)のように経験豊富な選手と若手をどう融合させていくかが重要になる」と語っていたが、ハリル監督は同11月の欧州遠征で本田、香川、岡崎慎司(31)を外し、2連敗した。

     岡田氏が、“会長”となれば、監督更迭、本田や香川の復帰というシナリオも現実味を帯びてくる。トップ人事次第でロシア大会に臨む日本代表の姿は大きく変わる。

    ※週刊ポスト2018年1月12・19日号

    2018年1月5日 16時0分 NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14118965/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/7/371df_759_13727704_7a26f388.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515187174
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/01/06(土) 06:19:34.01 ID:CAP_USER9.net

    W杯の開幕まで半年。サッカー日本代表は、大きな“決断”を迫られることになりそうだ。

    「サッカー協会内部にはハリルホジッチ監督(65)のやり方に疑問を抱く幹部が少なくない。昨年9月に本大会出場を決めた時でさえ、協会内には“内容が悪い”と監督交代の声が上がった。大会目前に“ハリル降ろし”が始まっても不思議ではない」(サッカー記者)

     12月16日に東アジアE-1選手権で韓国に1対4で惨敗し、反発は強まった。

    「試合後にハリル監督は“韓国のほうが格上だ”とコメントした。W杯一次リーグの相手は韓国より強敵。これでは“予選敗退します”と宣言したようなものです」(協会関係者)

     元サッカー協会副会長の釜本邦茂氏も、「ハリルジャパンを見ていると、どんなサッカーをしたいのかが見えてこない。ハリル監督の更迭? “一次リーグの突破も難しい”といっただけで国賊扱いなのに、私の口からは……」と口を濁した。

     鍵となるのは、1月27日の次期会長選挙だという。

    「現段階で立候補を表明しているのは、田嶋幸三会長(60)だけですが、“反ハリル勢力”が候補を立てれば状況は変わってくる。岡田武史元代表監督(61、現協会副会長)の立候補が取り沙汰されており、それが田嶋会長の最も恐れるシナリオだ」(前出・協会関係者)

     岡田氏は昨年9月にスポーツ紙のインタビューで「本田圭佑(31)、長谷部誠(33)、香川真司(28)、長友佑都(31)のように経験豊富な選手と若手をどう融合させていくかが重要になる」と語っていたが、ハリル監督は同11月の欧州遠征で本田、香川、岡崎慎司(31)を外し、2連敗した。

     岡田氏が、“会長”となれば、監督更迭、本田や香川の復帰というシナリオも現実味を帯びてくる。トップ人事次第でロシア大会に臨む日本代表の姿は大きく変わる。

    ※週刊ポスト2018年1月12・19日号

    2018年1月5日 16時0分 NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14118965/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/7/371df_759_13727704_7a26f388.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515187174
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ