サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: U

    • カテゴリ:
    1: Egg ★ 2017/10/15(日) 03:05:57.41 ID:CAP_USER9 no title日本はイングランドを撃破すれば、パラグアイとアメリカの勝者と対戦。
     インドで行なわれているU-17ワールドカップの決勝トーナメント進出チームがすべて出揃った。
     
     E組の2位でベスト16に挑むことが決まっている日本は、F組を1位通過したイングランドとの対戦が確定した。イングランドはグループリーグ最終節で、日本が昨年のアジア最終予選・準決勝で敗れたイラクに4-0で快勝。その実力は折り紙付きで、一筋縄ではいかない相手だ。

     キックオフは17日の23時30分(日本時間)で、場所はグループステージ第3戦のニューカレドニア戦と同じく、コルカタのソルトレイクスタジアムとなっている。
     
     他の組み合わせは以下の通り。
     
    ●10月16日(月)
    コロンビア(A組2位)vsドイツ(C組2位)
    パラグアイ(B組1位)vsアメリカ(A組3位)

    ●10月17日(火)
    イラン(C組1位)vsメキシコ(F組3位)
    フランス(E組1位)vsスペイン(D組2位)
    イングランド(F組1位)vs日本(E組2位)
    マリ(B組2位)vsイラク(F組2位)

    ●10月18日(水)
    ガーナ(A組1位)vsニジェール(D組3位)
    ブラジル(D組1位)vsホンジュラス(E組3位)

     10/15(日) 2:11配信
    ⇒【U-17W杯】決勝トーナメント1回戦の対戦相手が決定!日本はイングランドと激突(サカダイ)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508004357/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:動物園φ ★:2017/10/11(水) 22:27:42.33 ID:CAP_USER9.net

    11日、FIFA U-17ワールドカップインド2017のグループリーグ第2節が行われ、U-17日本代表はU-17フランス代表と対戦した。

     初戦のホンジュラス代表戦に大勝し、開幕白星を飾った日本。前節に引き続き4-4-2のフォーメーションで、GKは谷晃生、ディフェンスラインは右から鈴木冬一、小林友希、菅原由勢が入り、左サイドバックは初戦から変わって馬場晴也が選ばれた。中盤の2枚は平川怜と奥野耕平のコンビ。右サイドに前節ハットトリックの中村敬斗、左サイド上月壮一郎が先発に選ばれた。FWには宮代大聖と久保建英が起用されている。

     立ち上がり、日本はボールを保持する展開だが、奪ってからシンプルに攻めるフランスに決定機を作られる回数が多い。すると13分、相手陣内でボールを奪われるとフランスのカウンターが開始。日本は足を伸ばして触ったボールが主審に当たってフランスボールになってしまう不運もあったが、ハーフライン付近からのロングパス1本にアミーヌ・グイリが抜け出しそのままシュート。GK谷も体に当てたがボールはゴールに吸い込まれてしまった。

     追いつきたい日本は上月がドリブル突破からシュートを放つなどでチャンスを作るがフランスの牙城を崩せず、前半をビハインドで折り返した。

     後半は打って変わってフランスがボールを持つ展開。日本はボールを奪ってもなかなか前に運べず、ゴールが遠い。すると71分、フランスが右サイドから攻撃しヤシン・ラビオがエリア内に進入。グイリと3回、ワンタッチのパス交換で日本守備陣を完全に崩し、最後はグイリが2点目を流し込んだ。しかし直後、相手エリア内の混戦から宮代が突破をはかる。鋭いドリブルにフランスDFがファール、日本にPKが与えられる。宮代が自分できっちりと決めて1点を返した。

    【スコア】
    U-17フランス代表 2-0 U-17日本代表

    【得点者】
    1-0 13分 アミーヌ・グイリ(フランス)
    2-0 71分 アミーヌ・グイリ(フランス)
    2-1 73分 宮代大聖(日本)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00654553-soccerk-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507728462
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 08:53:35.13 ID:CAP_USER9  【グワハティ(インド)4日=岡崎悠利】

    6日開幕のU-17(17歳以下)W杯インド大会に出場する日本代表が、1次リーグの第1、2戦を異様な雰囲気の中で戦う可能性が出てきた。

    グワハティで行われる8日のホンジュラス戦と11日のフランス戦はチケットが4日までに完売となっている。歌や鳴り物の応援を好むという地元の観客に囲まれての試合が予想される。

     14年に発足したインド・スーパーリーグで元日本代表監督ジーコ氏や元ブラジル代表ロベルト・カルロス氏が指揮を執ったことなどが話題となるなど、サッカー界は急成長を続けている。

    グワハティをはじめとした東北地方は特に人気が高く、現在もインド代表に多くの選手を輩出している地域だという。熱心なインドのファンの歓声という、独特な雰囲気の中での試合になりそうだ。

    10/6(金) 7:26配信 日刊スポーツ
    ⇒U17W杯、日本2戦は完売 インドの洗礼あるかも(nikkan)

    日本の日程
    no title

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507247615/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/09/22(金) 14:50:00.99 ID:CAP_USER9.net

    9/22(金) 14:40配信

    久保建英がU17日本代表選出 W杯インド大会
     日本サッカー協会(JFA)は22日、都内で会見を開き、10月6日開幕のU-17W杯インド大会に出場するU-17日本代表メンバーを発表した。5月のU-20W杯韓国大会に飛び級で出場したFW久保建英(16=東京ユース)ら21人が選出された。

     日本はフランス、ホンジュラス、ニューカレドニアと同じE組。月末に強化合宿を行ってから現地入りし、8日にホンジュラスとの初戦を迎える。

     会見に出席した森山佳郎監督は選出メンバーについて「国際大会での経験はある。どこでやっても物怖じせず戦える」と意気込みを語った。

     メンバーは以下の通り。

     GK 梅田秀吾(清水ユース)、谷晃生(G大阪ユース)、鈴木彩艶(浦和ジュニアユース)

     DF 池高暢希(浦和ユース)、監物拓歩(清水ユース)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸U-18)、山崎大地(広島ユース)、馬場晴也(東京Vユース)

     MF 奥野耕平(G大阪ユース)、平川怜(東京ユース)、鈴木冬一(C大阪U-18)、椿直起(横浜ユース)、福岡慎平(京都ユース)、喜田陽(C大阪U-18)、上月壮一郎(京都U-18)

     FW 山田寛人(C大阪U-18)、宮代大聖(川崎FU-18)、中村敬斗(三菱養和ユース)、久保建英(東京U-18)、斉藤光毅(横浜ユース)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009596-nksports-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170922-00009596-nksports-000-1-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506059400
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 14:08:55.02 ID:CAP_USER9 no title 英からも関心か
    レアル・マドリードによる久保建英への関心を他の海外メディアも大々的に報じている。

    先日、スペイン紙によって“日本のメッシ”をめぐるクラシコ勃発の可能性が伝えられていたが、そもそも「タケフサ・クボとは一体何者なのか?」と銘打ち、日本の宝について詳細な特集を組んだのは、インドを含む世界8ヶ国に拠点を持つ『INTERNATIONAL BUSINESS TIMES』(IB Times)だ。同メディアは久保建英を、すでにレアルへの加入が内定済みのフラメンゴFWヴィニシウス・ジュニオールに続く存在になり得るとし、「バルサはまたしてもカンテラが生んだ最高傑作の1人を失うかもしれない」とも綴った。

    ヴィニシウスといえば、当初バルセロナ移籍が濃厚とされていたブラジルの天才ドリブラーだが、最終的にレアル加入を選択。今夏のダニ・セバージョスと同じく、カタルーニャとマドリードの2択に揺れた象徴的な事例として引用されている。そして18歳までバルサに復帰することができない久保の現状を説明すると、このタイミングこそがレアルにとっては「とてつもないチャンス」だと指摘している。

    さらに同メディアは「久保建英に関するいくつかの事実」と銘打ち、同選手に関する様々な“武勇伝”を列挙すると、元日本代表の英雄による賞賛も紹介した。

    「当時の僕と久保くんでは比較にならない。彼は凄まじいですからね(小野伸二談、日本で最も傑出したフットボーラーの1人)」

    「ルヴァンカップのコンサドーレ札幌戦にて15歳と10ヶ月30日でデビューを果たす」

    「バルセロナのU11カテゴリーチームにおいて30試合出場74ゴールという戦績を残す」

    「2017年のU-20W杯に向けたメンバーに選出される」

    また、ドイツの移籍情報専門サイト『FUSSBALL TRANSFERS』も久保のレアル行きの可能性について言及した上で、白い巨人だけでなくイングランドのマンチェスター・ユナイテッドも同選手との契約に関心を持っていると報道。世界を股にかけた“久保フィーバー”は果たしてどのような結末を迎えるだろうか。少なくともバルセロナが、不世出の天才による輝かしい未来を独占することは日に日に困難となっているのかもしれない。

    ⇒マンUも久保建英に興味か 和製メッシの武勇伝を海外メディア紹介「バルサで30試合74ゴールを達成」(TheWorld)

    引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501736935/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ