サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 会長

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/14(火) 18:56:24.32 ID:CAP_USER9 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が14日、東京・文京区のJFAハウスで開かれたJリーグ実行委員会に出席し、シーズン制移行を訴えた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201711140000486_m.html

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/14(火) 18:56:24.32 ID:CAP_USER9.net

    田嶋幸三会長、シーズン春秋制→秋春制へ移行訴える
    2017年11月14日18時14分
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201711140000486_m.html

     日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が14日、東京・文京区のJFAハウスで開かれたJリーグ実行委員会に出席し、シーズン制移行を訴えた。

     現行の春秋制(春開幕秋閉幕)を、22-23年シーズンからの秋春制(秋開幕春閉幕)移行に、各Jクラブ代表者に同意を求めた。

     各実行委員からは、降雪、スタジアム確保、スポンサー問題など、問題がクリアされないことから、反対の意見が多かった。田嶋会長は21日のJリーグ理事会にも出向き、シーズン制移行を主張する予定だ。
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510653384
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 15:06:46.16 ID:CAP_USER9.net

    日本サッカー協会で日本代表強化を取り仕切る技術委員会の定例会議が23日、東京・JFAハウスで行われた。約3時間の話し合いの冒頭、W杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日、埼玉)に引き分け以下で解任される可能性がある、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)の処遇などについて意見が交わされた。

     取材に応じた西野朗技術委員長は、現体制で戦うオーストラリア戦に向け「一枚岩で結束するのは、現時点で変わらない」と話した。ただ、同戦に勝てなかった場合の指揮官の進退については「今はポジティブな話だけで仮定の話はしていない」と言葉を選んだ。

     監督の去就については、技術委員会が権限を有しているが、最終的には日本協会の田嶋幸三会長が承認する流れ。オーストラリア戦に引き分けか敗れ、W杯出場をこの試合で決められなかった場合は、協会トップである、田嶋会長が最終的な判断を下す見込み。

     その場合、最終戦のサウジアラビア戦(9月5日、ジッダ)には、手倉森誠コーチを監督代行に立てるか、同コーチが固辞した場合、西野委員長自らが代行候補となりそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01876654-nksports-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503554806
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 鶴仙人 ★@無断転載は禁止 2017/07/29(土) 01:55:01.88 ID:CAP_USER9  中国人オーナーになったACミランは、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど、移籍市場に2億1000万ユーロ(約273億円)を投じる大型補強を敢行した。しかし、メンバーを大きく入れ替えて復権を誓う名門に、ライバルチームの会長は「正気を失っている」と非難しているという。米デジタルラジオ局「シリウスXM」が報じた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://news.livedoor.com/article/detail/13400145/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:鶴仙人 ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 01:55:01.88 ID:CAP_USER9.net

    中国人オーナーになったACミランは、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど、移籍市場に2億1000万ユーロ(約273億円)を投じる大型補強を敢行した。しかし、メンバーを大きく入れ替えて復権を誓う名門に、ライバルチームの会長は「正気を失っている」と非難しているという。米デジタルラジオ局「シリウスXM」が報じた。

     ミランの現状について、見解を述べたのはASローマのジェームス・パロッタ会長だ。
    「ACミランについて言及するなら、いったい何が起きているのか分からない。全く意味を成さない行動だ。そもそも彼らにはチームを買収する金などなかったんだ。そこで彼らは私がロンドンで知っている人間から、かなり高い金利で3億ユーロ(約390億円)を借りたんだ。少なくとも高額の頭金を費やし、選手たちに支払っている。だが、どこかの時点で全額支払わなければいけない」

     同局によれば、パロッタ会長は危険な“自転車操業”について指摘しているという。
     実際、ミランの株式99%を取得した中国企業グループの代表であるリー・ヨンホン氏は、買収資金を調達できず、何度も支払いを延期。最終的に、高金利で融資を受けてなんとか期日までに交渉にこぎつけていたのだ。

    「サラリーが収入に見合うものではない」

     買収資金の用意もおぼつかなかった中国人オーナーが、なぜ大型補強を実現できたのか。そこには、UEFA(欧州サッカー連盟)の設定する「ファイナンシャル・フェアプレー規定」を度外視した無謀な資金計画がそこに存在するという。

     ミランの今季の目標を、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に設定している。それを実現できれば多額の放映権料を手にできるが、放映権収入ではミランを救えないとパロッタ氏は語る。

    「彼らはチャンピオンズリーグ出場権獲得のためだと言う。それだけでは十分ではないだろう。彼らのサラリーが収入に見合うものではない。なぜこんなことが起きているのか。セリエAで唯一正気を失っているのが彼らなんだよ。いつか理解できるような大きなマスタープランが存在するかもしれないが、他のチームは少なからず合理的なんだ」

     覇権復活に向けて大きく舵を切ったミランだが、果たして思い通りかつての黄金時代を取り戻すことはできるのだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    http://news.livedoor.com/article/detail/13400145/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501260901
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ