サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 中継

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/18(月) 17:03:32.66 ID:CAP_USER9 8月31日のオーストラリア戦に2‐0で快勝し、見事にW杯出場を決めたサッカー日本代表。これでW杯出場は6大会連続となり、安堵したサポーターも多いことだろう。そんな代表戦に欠かせないのが解説者の松木安太郎だ。「6分? ふざけたロスタイムですね~」「おい!! PKだ! PKだ!! PKか!? ゴール!? よしよし!」などと絶叫する姿は、もはや解説者ではなく、ただの"うるさいサッカーおじさん"なのだが、今やサッカー中継の風物詩ともなり、お茶の間からも愛されている。解説者らしくない松木が愛される理由とは?
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2097358/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/oricon/oricon_2097358_0-small.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/18(月) 17:03:32.66 ID:CAP_USER9.net

    8月31日のオーストラリア戦に2‐0で快勝し、見事にW杯出場を決めたサッカー日本代表。これでW杯出場は6大会連続となり、安堵したサポーターも多いことだろう。そんな代表戦に欠かせないのが解説者の松木安太郎だ。「6分? ふざけたロスタイムですね~」「おい!! PKだ! PKだ!! PKか!? ゴール!? よしよし!」などと絶叫する姿は、もはや解説者ではなく、ただの“うるさいサッカーおじさん”なのだが、今やサッカー中継の風物詩ともなり、お茶の間からも愛されている。解説者らしくない松木が愛される理由とは?


    ◆元日本代表、監督としてもJリーグ創世記に活躍

     松木安太郎は、中学進学と同時に読売サッカークラブにゴールキーパーとして加入し、高校1年でDFにコンバートされると才能を開花、高校2年でトップチームへと昇格する。言ってみればサッカーエリートなのだが、当時のサッカーリーグはプロリーグではなかったので、松木が日本代表であり、日本サッカーリーグで多数の優勝を果たした読売クラブの主将であっても、印象に残っている人はあまりいないのではないだろうか。やはり多くの人にとっては、Jリーグ開幕時、ヴェルディ川崎の監督としての松木が“初対面”なのである。

     当時の松木はまだ35歳。チームには三浦カズ(知良)や武田修宏、ラモス瑠偉といったスター選手がそろっており、松木自体はそれほど目立つ存在ではなかった。2年連続でチームをJリーグチャンピオンに導いたが、1994年のシーズン後に退任。1998年にセレッソ大阪、2001年には東京ヴェルディ1969の監督を務めるが、短期で退任する一方、1995年にNHKのサッカー解説者を務めるあたりから、現在の“松木節”の片鱗が見えはじめる。

    ◆擬音だらけの解説 当初は“素人でも言える解説”と批判も

     ただ、サッカー解説技術に関しては、自身のラジオ番組『松木安太郎の「バーンってやってドーン!」』(JAPAN FM NETWORK)のタイトル通り、擬音だらけの解説で、当初は「素人でも言える解説」などと批判を浴びていた。反面、テレビ朝日のサッカー中継でコンビを組むことが多かったセルジオ越後の「辛らつな小言だらけの解説」とのギャップ感や、視聴者以上に感情移入する解説に視聴者もだんだん“慣らされて”いき、自分たちと同じ目線で喜んだり悔しがったりする松木は、どことなく憎めない存在となっていく。

     「多少システムがあっても、ボール持った人がガーッと行って、ドーンと決めたら監督は文句言いませんよ、ハッハッハ」「今日の西川(周作/GK)はグローブにノリがついていますね」「岡崎(慎司/FK)行け! 岡崎行け! あ~ダメか…でも今、キーパーいなかったら入ってましたよ!」等々の“名(迷?)言”は、ネットでもまとめサイトがあるほど注目されている。言ってみれば、視聴者の感情をそのままに、いや、ときにはその想像を超えてくる珍解説の数々を前に、やがては視聴者も(松木だからしょうがないか…)とまさに“バカ負け”してしまうのである。

    ◆松岡修造に続く近年主流の“激情型解説”を確立

     そこで思い出すのは、松木同様に熱い(暑い?)解説をテレビ朝日等で繰り広げる松岡修造だ。今や松岡も、その“名言”が日めくりカレンダーになって大ヒットするほど“公認”された存在だが、その背景には、これまで松木が批判されつつも繰り返してきた“激情型解説”の歴史があるかもしれない。松木の“熱い解説”にさんざん慣らされてきた視聴者にとっては、松岡の解説にも違和感を抱かないどころか、楽しんでさえいるのだ。

     松木と松岡、このふたりが“確立”したメンタルに特化した激情型解説は、スポーツ中継を盛り上げるために欠かせないものへと変貌を遂げた。これからも「なくなっては寂しい」ものとして視聴者に愛され、支持されていくことだろう。

    ORICON NEWS2017年9月18日08時40分
    https://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2097358/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/oricon/oricon_2097358_0-small.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505721812
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/03/02(木) 19:29:10.98 ID:CAP_USER9 今季からJリーグを中継するインターネット動画配信サービス「DAZN」を運営するパフォーム社が2日、開幕節で発生した視聴トラブルに関して報道陣向け説明会を都内で開催した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000053-tospoweb-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 19:29:10.98 ID:CAP_USER9.net

    今季からJリーグを中継するインターネット動画配信サービス「DAZN」を運営するパフォーム社が2日、開幕節で発生した視聴トラブルに関して報道陣向け説明会を都内で開催した。

     DAZNでは2月26日に行われたJ1のG大阪―甲府戦などで契約者が試合を視聴できないトラブルが発生。冒頭でジェームズ・ラシュトンCEO(38)は「心よりお詫び申し上げます。この責任を重く受け止めている」と深々と頭を下げ、同席したJリーグの村井満チェアマン(57)も「スポーツはライブが感動を呼ぶが、それがつまずいてしまった。しかも最初の節に。Jリーグを統括する立場として、本当に申し訳なかった」と謝罪した。

     トラブルの原因については、映像データを配信する際に処理を行うコンピューターの基盤が障害を起こしたと特定。既存のシステムとは別に新たなバックアップを構築するなどの対策を施し「トラブルの根本的な原因はすでに解明され、この問題は完全に解決している」とラシュトンCEOは問題の収束を強調した。併せて、2月25、26日にDAZNの視聴操作を行った契約者を対象に無料期間を延長するなどの対応策も発表した。

     そのうえで「継続的に品質を上げていく。加入者の数は私たちの想定を上回って増えている。(CMなどの)キャンペーン効果もあると思っている」と視聴者離れの懸念を一蹴し、契約数の拡大に自信を見せていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000053-tospoweb-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488450550
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 21:59:39.94 ID:CAP_USER9.net

    2017シーズンから「DAZN」(ダ・ゾーン)がJリーグの全試合をライブ中継するなか、26日のJ1リーグ開幕戦ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府でキックオフから配信されない事態が発生。DAZN公式ツイッターのアカウントには視聴者から批判の声が殺到し、「DAZN」公式サイトやJリーグ公式サイトでお詫び文が掲載されるなど混乱を招いた。

     この日唯一のJ1開催となるG大阪対甲府戦は、キックオフ予定時刻の17時になってもDAZNから映像が一向に配信されず、視聴者の間で困惑が広がっていた。

    そうしたなか、Jリーグ公式ツイッターでは、「G大阪vs甲府のDAZNでの配信に問題が発生しております。現在、DAZNの『V・プレミアリーグ男子 ファイナル6:東レ vs ジェイテクト』の項目で配信をしております」と対応策をツイート。

    一方、DAZN側でも「G大阪vs甲府のライブ配信に問題の解決に向けて、引き続き復旧作業を続けております」(原文ママ)として、別サイトでの無料配信を行っていた。

     こうした事態を受けて、Jリーグの公式YouTubeチャンネルでは、G大阪対甲府の試合終了後、フルマッチ映像を「公式試合映像(前半)」「公式試合映像(後半)」に分割して無料配信に踏み切っている。

    Jリーグ公式サイトでは、「本日のG大阪vs甲府におけるDAZNでの配信に問題が発生いたしました。ご不便とご迷惑をお掛けいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます。現在、Jリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます」と謝罪し、緊急の対応策も含めて声明を発表した。

     通常、Jリーグ側が当日のフルマッチ映像を配信することはなく、25日から2日続けてDAZN中継にトラブルが起きたなか、すぐさま対応策を打つ形となった。

    Football ZONE web 2/26(日) 20:52配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010019-soccermzw-socc

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/

    本日開催した試合におけるDAZNでの配信に問題が発生しました。ご不便とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

    現在、G大阪vs甲府の試合についてはJリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます。

    ■ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府

    前半
    https://youtu.be/qcv17VfGDhA

    後半
    https://youtu.be/wzrRjVbtxF8

    【サッカー】<DAZN>珍トラブル発生!視聴できないG大阪対甲府が、Vリーグの項目に合わせると、視聴できる状態に...
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488103881/

    【サッカー】<J1/第1節>G大阪、後半ATに起死回生...今野が同点ヘッド!!甲府と土壇場ドロー
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488103193/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488113979
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ