サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: G

    1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/24(月) 05:28:36.67 ID:CAP_USER9.net

    G大阪が来季の新戦力として鹿島の元日本代表DF昌子源(23)の獲得を検討していることが23日、分かった。

    クラブ関係者が「代表レベルのセンターバック(CB)が必要」と明言。
    昌子は中学時代にG大阪の下部組織で育ち、FW宇佐美(アウクスブルク)やMF大森と同学年のため「ガンバに愛着があるようだ」とも明かした。

    ◆昌子源(しょうじ・げん)1992年(平4)12月11日、兵庫県生まれ。
    神戸フレスカU12からG大阪ジュニアユース入り。
    高校は鳥取・米子北に進学し、11年に鹿島に入団した。
    J1通算105試合6得点。国際Aマッチ2試合無得点。182センチ、74キロ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-01728448-nksports-socc
    日刊スポーツ 10月24日(月)5時0分配信

    https://c2.staticflickr.com/8/7084/27434309524_5a445d7b8f_o.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477254516
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/24(月) 05:28:36.67 ID:CAP_USER9 G大阪が来季の新戦力として鹿島の元日本代表DF昌子源(23)の獲得を検討していることが23日、分かった。

    クラブ関係者が「代表レベルのセンターバック(CB)が必要」と明言。昌子は中学時代にG大阪の下部組織で育ち、FW宇佐美(アウクスブルク)やMF大森と同学年のため「ガンバに愛着があるようだ」とも明かした。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-01728448-nksports-socc 

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/23(日) 07:06:26.07 ID:CAP_USER9.net

    神戸とG大阪が、川崎の日本代表FW小林悠(29)の獲得に乗り出していることが22日、分かった。
    神戸はこの日にステージ(S)優勝が消滅。G大阪も優勝が消え年間順位4位以下が確定したことから、補強の動きを本格化し、
    今季J1で日本人最多タイの15得点を挙げるアタッカーに白羽の矢を立てた。
    川崎も残留に全力を尽くす方針で、三つどもえの争奪戦となる。

    悲願の初タイトルに届かなかった神戸と2年連続でJ1優勝を逃したG大阪が、“旬”な日本代表FWをターゲットに定めた。
    神戸は小林に対し、現在の倍以上となる年俸1億円の複数年契約を提示し、1億円近い移籍金も満額準備していることが判明。
    G大阪もクラブ幹部が「戦力で他クラブに負けない補強をする」と話し、小林獲得に本腰。
    川崎も、高卒から育て上げたクラブ生え抜きの慰留に全力を尽くす構えだ。

    鋭い動き出しと得点感覚に定評がある小林は、守備も献身的にこなし、サイドMFにも柔軟に対応。
    日本代表でも、11日のオーストラリア戦でアジア最終予選初先発を飾った。
    30歳を前にJを代表する万能アタッカーへと成長を遂げた小林に、ともに来季の続投が決定的な神戸・ネルシーニョ監督(66)、
    G大阪・長谷川健太監督(51)という2人の名将が注目。タイトル獲得へ切り札となる存在として高く評価しているもようだ。

    神戸はFWペドロ・ジュニオール(29)が鹿島からオファーを受け退団濃厚。
    しかし、F東京の元日本代表MF高橋秀人(29)に獲得オファーを出し、さらに15年途中まで川崎でプレーし、
    現在は中国1部・広州富力に所属するブラジル人MFレナト(28)の獲得にも乗り出している。

    G大阪も横浜MのDFファビオ(28)の獲得が決定的となり、小林と併せて攻守の新戦力ダブル補強を狙っている。

    Jリーグは、スポーツのデジタルコンテンツ事業を展開する英パフォーム・グループと、来年から10年間で総額約2100億円の放映権契約を締結。
    各クラブへの分配金も増加することから、今まで以上の大型補強が可能になる。
    CS進出の行方が見えた今後は、ピッチ外の移籍市場での戦いが本格化する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000105-sph-socc
    スポーツ報知 10月23日(日)6時9分配信
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477173986
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    • カテゴリ:
    43: さあ名無しさん、ここは守りたい 2016/10/05(水) 19:34:48.92 ID:4iBqiM0d えええええ



    ※榎本哲也
    no title

    引用元: 他サポ 2016-542

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/22(木) 17:12:51.35 ID:CAP_USER9 J1G大阪のFWパトリック(28)が窮地に追い込まれている。

    2014年にJリーグベストイレブン、 15年にはリーグ戦で12得点をマークするなどエースストライカーとして不動の地位を築いたが、 今季に入って状況は一変。自己中心的なプレーが目立つなどの理由で、長谷川健太監督(50)にチームの構想から外され、 9月に入ってからはU―23チームの一員としてJ3の試合に出場する屈辱を味わっている。

    こうなると、今季限りでの退団も現実味を帯びてくるだけに、その去就が注目を集めている。

    「パトリックは今の状況に全く納得いっていないと聞く。本人はまだまだやれると考えているし、移籍するだろうね。 関西圏は慣れ親しんだ土地だし、ガンバを見返すという意味でも、そのあたりの可能性はあるんじゃないか」とJクラブの強化担当者は話す。
     (*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000028-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ