サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 優勝

    328: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/08/18(金) 08:42:52.28 ID:4O+hqcfZd ⇒優勝争いを演じるセレッソなのに、ユン監督は激怒、山口蛍は危機感(Sportiva)

    セレッソ大阪の選手たちの足取りが重い。

     J1第21節(8月9日)、清水エスパルス戦で早々に2点のリードを奪いながら、後半に3失点。まさかの逆転負けを喫してしまったのだ。

     第19節(7月29日)、ガンバ大阪戦で逆転負け(1-3)。続く第20節(8月5日)のコンサドーレ札幌戦では3-1と勝利したものの、どこか気が緩んだ試合内容に、ユン・ジョンファン監督は選手たちに苦言を呈していた。

     そうして迎えた、この清水戦である。

    「前後半で別のチームになってしまった」

     手痛い敗戦を受けて、ユン・ジョンファン監督は力なくそう述べた。

     第22節を終了した時点で、順位は2位(勝ち点44)を保っているが、今のセレッソには5月中旬から7月半ばまで9試合負けなし(8勝1分け)だった頃の勢いはなく、やや不安定な戦いが続いている。

     いったい、セレッソに何が起きているのだろうか。

    「自滅みたいな感じで、もったいなかった」

     清水戦後、ここまでリーグ戦全試合フル出場を果たしているMF山口蛍は、悔しさを露(あら)わにしてそう言った。

     ガンバ戦からここまで、リーグ戦は1勝2敗。「大阪ダービー」のショッキングな逆転負けが尾を引いているのだろうか。山口はこう語った。

    「いや、それはないと思う。ただ最近は、ガンバ戦もそうだけど、後半になるとミスが増えてくるし、攻守ともにあやふやになるんです。守備では(相手の攻撃を)切るところは切る、攻撃ではサイドからクロスを上げてシンプルに攻めるとか、もっとハッキリしたプレーをしないといけない。特に攻撃では、点が取れているけど、勝ち続けていたときのような、流動的に動いて点を取るという形が少ないし、そもそも(選手の)動き自体が少なくなっているんで……」

     ガンバ戦も、清水戦も、前半から動き回って後半に運動量が落ちたというより、もっと動けるはずなのに、相手よりも走っていなかった印象がある。

    …(後略)…

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9330

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    003セレッソ大阪は14日、MF山村和也が左膝内側側副靭帯損傷により全治5週間と診断されたことを発表しました。 山村選手は8月9日に行なわれたJ1第21節清水エスパルス戦にスタメン出場し、後半31分に交代していました。 [C大 ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 20:40:35.76 ID:CAP_USER9.net

    沖縄キャンプ中、遠藤航の練習での気迫がすごかった。

     どんな練習も一切、手を抜かず、100%。やろうとしてもなかなかできることではないが、遠藤はキャンプの期間中それを徹底していた。

     そのせいか、練習後の表情には出しきった疲れが色濃く出ていた。

     「レッズ2年目で心の余裕はできたけど、体の余裕はまったくないっすね(苦笑)」

     そういってバスに乗り込む毎日だった。

     なぜ、練習からそこまで自分を追い込んでいるのか。

     「レッズが優勝するために必要なことだから」

     遠藤は、そう言った。

     「昨年は年間勝ち点1位になって、ルヴァン杯を獲って、ひとつ結果を残した。でも、チャンピオンシップで鹿島に逆転負けをして、悔しさが残るシーズンになりました。大事な試合で勝てるチームになるというのは、僕が来る前からレッズの課題だと思いますが、自分が1年やってきた中で、優勝するためには何が足りないのかを感じることがあったんです」
    湘南時代に経験した練習は、今より厳しかった。

     遠藤が1年間、戦って気づいたレッズが優勝するために必要なものとは、いったい何なのだろうか。

     「厳しさです。ひとつひとつの練習を厳しく、手を抜くことなくやっていかないと試合でもルーズになったり、なぁなぁになったり、ちょっと気を抜いてやられてしまうことにつながる。だから常に練習から厳しく、100%でやるってことです」

     湘南時代、曹貴裁監督の練習は厳しいことで有名だった。300m走などでも厳しいタイムが設定されていた。選手はもちろん苦しいが、その必死さがフィジカル強化につながり、試合の中で生きることを経験した。そうして常に100%で練習する大切さを学んだ。
    チームで走るときは、先頭に出てペースを引っ張る。

     浦和の練習では走る際にタイムの設定がなく、選手たちは自分の感覚で走る。手を抜こうと思えば抜けるし、そうなればフィジカル強化にもならない。また、チャンピオンシップで鹿島に負けたのは、戦略的にというよりも細部への厳しさが足りなかったという思いがあった。その甘さを、日々の練習の取り組み方を変えることでクリアーできると遠藤は考えていたのだ。

     「だから走りの練習とかは前に出て、自分が一番ぐらいの感じで走っているし、自分で自分を追い込んでいます。チーム全員がそういう厳しい中でトレーニングしていくと、レッズはより隙のないチームになる。今年はその厳しさを求めていきたいし、そのために自分が思ったことを言います。細かい部分をあーして、こーしてとうるさがられても勝つために言いますよ。優勝したいんで」

     おとなしい人柄だが、内には燃えるような情熱を秘めている。それはキャプテンの阿部勇樹にもよく似ているが、遠藤は阿部よりもより雄弁に、自分の役割を果たしていく覚悟だ。


    「ボランチをやりたい」という阿部・柏木への挑戦宣言。

     覚悟でいえば、遠藤にはもうひとつ心に決めたことがある。

     「ボランチをやりたいです」

     遠藤はキッパリとそう言った。

     これまで、レッズのボランチは阿部と柏木陽介が鉄板。さらに青木拓矢、岡山から矢島慎也らが戻ってきた激戦区だ。3バックの中央であればレギュラーが安泰だが、なぜ今ボランチなのか。

     「レッズに競争という刺激を与えること、そして自分自身の成長のためです。ボランチは阿部さんと陽介さんが絶対的な存在ですが、たとえばACLのアウェーの時とか、カップ戦とか、ゲームによって使い分けてもいい。その時、僕を含めて挑戦してチームの刺激になればいいし、うまく機能すればミシャの選択の幅が広がると思うんです」
    2 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 20:40:59.90 ID:CAP_USER9.net

    代表や海外移籍を見据えるなら、ボランチしかない。

     遠藤のように体が強く、ボールを奪い取る力のある選手はACLや強豪チームとの試合向きである。守備的なポテンシャルの高さは、ハリルホジッチ監督も認めるほどだ。キャンプ地が同じ沖縄だったコンサドーレ札幌の稲本潤一も「遠藤はセンターバックの真ん中の選手じゃないよね。たぶん、本人はセンターバックで物足りなさを感じていると思う。レッズにあそこをやれる選手がいないからそうなっているだけで、彼の守備の強さや縦パスとか攻撃の能力を考えたらボランチでしょ」と評していた。

     「別にセンターバックをやりたくないわけじゃない。センターバックかぁっていう気持ちでやるのもよくないんで、任された以上は割り切ってやります。それにうちは攻撃的サッカ―だからこそ、後ろがしっかり守れるかどうかっていうのが大事になってくる。そこの質を高めたい気持ちはすごくあります。

     でも、個人的にはボランチでやりたい。それはミシャにも言いました。やっぱりもっと成長したいし、プレーの幅を広げたい。リオ五輪はボランチでプレーしたし、日本代表にもボランチとして選ばれた。これからも日本代表でプレーしたいし、W杯にも出たい。いずれは海外でプレーしたい気持ちもある。

     そのためには両方のポジションができた方がいいけど、現実的には自分は海外の大きくて強いセンターバックのようなタイプではないので、難しいじゃないですか。自分の良さを磨いて海外にいくには、やっぱりボランチだなと思っているので」


    3バックとダブルボランチには、ほとんど競争がない。

     自己の成長と夢は、プロ選手にとって絶対に必要なものだ。だが、遠藤がボランチを希求するのはそれだけではなく、チームに競争をもたらすという意味合いも大きいように見えた。

     攻撃陣では苛酷なサバイバルが繰り広げられているが、守備陣は槙野智章、遠藤、森脇良太の3バック、阿部と柏木のダブルボランチに競争はほとんど存在しない。連係が深まって阿吽の呼吸でプレーできるメリットはあるが、競争がなくなれば慣れや甘えが出て、プレーに対する厳しさが失われることもある。

    24歳で「30歳おめでとう」と祝福されるおっさんぶり。

     おそらく遠藤はそのちょっとした緩みを感じたからこそ、あえてボランチへの挑戦を宣言し、波風を起こそうとしているのだろう。

     「やっぱり優勝したいですし、今年は全部のタイトルを獲りたいですからね。そのためには大事な試合に勝てる勝負強さ、自分への厳しさが必要だと思うんで」

     2月9日に24歳になったばかりだが、チームメイトには「30歳おめでとう」と祝された。普段は優しいおっさんキャラが定着してもいる。

     しかし今シーズン、ピッチではあえて鬼になる覚悟なのだろう。遠藤が浦和に移籍してきた目的は優勝することであり、そのためにチームに貢献すること。24歳だが厳しく、“口うるさいおっさん”的な存在になってチームを引っ張ることができれば、その目的はきっと果たせるはずだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170216-00827455-number-socc&p=3
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487245235
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2017/02/16(木) 20:40:35.76 ID:CAP_USER9 沖縄キャンプ中、遠藤航の練習での気迫がすごかった。

     どんな練習も一切、手を抜かず、100%。やろうとしてもなかなかできることではないが、遠藤はキャンプの期間中それを徹底していた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170216-00827455-number-socc&p=3

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    J1優勝で総額22億円!「理念強化配分金」設立で“格差リーグ”に…

    Jリーグが格差社会に突入!? Jリーグは9日、今季から新設する理念強化配分金として、J1優勝クラブには3年に分けて10億円、4億円、1億5000万円の計15億5000万円を支給することなどを発表した。優勝賞金の3億円と全クラブに支給される均等配分金3・5億円を合わせると、総額22億円に達する。一方で、均等配分金の支給だけとなる5位以下のチームとは18・5億円の収入差が生まれ、“格差リーグ”になる可能性もある。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [サンスポ]
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170210/jle17021005020003-n1.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ