サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 清武

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 17:33:52.42 ID:CAP_USER9.net

    J1C大阪は1日、スペイン1部セビリアの日本代表MF清武弘嗣(27)が完全移籍で加入したと発表した。背番号は46で、契約期間は非公表だが複数年契約。C大阪には4年半ぶりの復帰となる。

     清武は「この度、2017年シーズンからセレッソ大阪にてプレーさせていただくことになりました。今回の移籍に際し、クラブのスタッフ、関係者の方々など数多くの皆さまにご尽力を頂いたおかげで、セレッソでプレーできることを本当にうれしく思います。セレッソのエンブレムを誇りに思い、必ず結果で示せるように、選手、スタッフ、サポーターの皆さんと戦っていきたいと思います」とクラブを通じてコメントした。

     08年に大分の下部組織からトップチームに昇格した清武はC大阪を経て12年5月にドイツ1部ニュルンベルクに完全移籍。14年に加入したハノーファーでは背番号10も背負った。16年に欧州リーグ3連覇の強豪セビリアへ完全移籍を果たし、リーグ開幕戦では先発出場で1得点1アシストと鮮烈なデビューを飾ったが、その後は出場機会を失い、今季はリーグ戦出場4試合にとどまっていた。

     清武を巡ってはJリーグのC大阪、神戸、鳥栖、FC東京に加え、米MLSシアトルなども獲得に興味を示していたが、清武は日本復帰を希望。C大阪は代理人を通じて水面下で接触していた。セビリアは600万ユーロ(約7億3000万円)とされる移籍金を要求。当初C大阪が設定していた上限額とは大きな隔たりがあったが、16年にFW柿谷やMF山口が復帰した際と同様に、移籍金の減額や数年間の分割払いなどを提示し、粘り強く交渉を行ってきた。

     セビリアはアルゼンチン代表MFモントーヤを獲得し、欧州連合(EU)圏外の外国人枠を一つ空ける必要が生じていた。欧州の移籍期限となる1月31日(日本時間2月1日午前8時)が迫る日本時間31日深夜に事態は急展開を見せていた。

     早ければ2日にも帰国し、メディカルチェックを経て、4日から宮崎キャンプに合流し、5日に新加入会見を開く。

     清武はJ1通算97試合17得点。ドイツ1部通算117試合17得点。スペイン1部4試合1得点。12年ロンドン五輪では日本を44年ぶりのベスト4進出に導いた。日本代表として14年W杯ブラジル大会にも出場し、国際Aマッチ通算42試合5得点を挙げている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000096-dal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485938032
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/01/31(火) 15:54:26.26 ID:CAP_USER9 日刊スポーツ 1/31(火) 15:46配信

     C大阪の大熊清統括部長(52)が31日、日本代表MF清武弘嗣(27)が在籍するセビリア(スペイン)と、代理人を通じて話し合いを行っていることを認めた。清武本人がJリーグ復帰を強く希望しており、代理人を通じて回答期限を設定した上で、移籍金など獲得条件を記した書類がC大阪、鳥栖、神戸など複数クラブに届いているという。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01772557-nksports-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    C大阪、清武獲得へセビリアと交渉も「現状難しい」

    C大阪の大熊清統括部長(52)が31日、日本代表MF清武弘嗣(27)が在籍するセビリア(スペイン)と、代理人を通じて話し合いを行っていることを認めた。清武本人がJリーグ復帰を強く希望しており、代理人を通じて回答期限を設定した上で、移籍金など獲得条件を記した書類がC大阪、鳥栖、神戸など複数クラブに届いているという。

    大熊統括部長は正式オファーについては「出していないです」と否定しつつも「代理人とメールで情報交換はしている。移籍金で、アグリー(同意)できるものではない」と明かした。

    獲得には600万ユーロ(約7億2000万円)とされる移籍金が必要で、同統括部長は「向こう(セビリア)はレンタル移籍は考えていないと思います」と説明。あくまでも完全移籍が条件で、年俸も2億円以上が必要と見られるため、資金捻出は厳しい状況だ。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [日刊スポーツ]
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1772557.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/30(月) 21:55:03.78 ID:CAP_USER9 Jリーグのクラブが獲得を狙う清武だが、熱心であるのはC大阪のようだ。

    清武獲得に熱心なのはC大阪か…スペインメディア「堅実なオファーを出したのはC大阪のみ」
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00010007-goal-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 08:29:21.12 ID:CAP_USER9.net

    セビージャMF清武弘嗣がセレッソ大阪に復帰する見通しであることが、『Goal』の取材によって明らかとなった。

    先にロサリオ・セントラルからアルゼンチン人MFワルテル・モントーヤを獲得したセビージャは、同選手をチームにとどめることを視野に入れ、そのためEU圏外枠を占める清武の放出を検討していた。そして清武本人は「個人的な事情」によってJリーグに復帰することを希望し、ヴィッセル大阪、サガン鳥栖、そして古巣のC大阪が獲得に名乗りを挙げた。

    この争奪戦の結果、清武の移籍先はC大阪になりそうである。

    『Goal』がセビージャ関係者から入手した情報によれば、昨夏ハノーファーに移籍金650万ユーロ(約7億9000万円)を支払って清武を獲得したセビージャは、移籍金600万ユーロ(約7億2900万円)のオファーが届くことで同選手の売却に応じる意向だった。

    対してC大阪からは、はじめに移籍金400万ユーロ(約4億8600万円)+インセンティブというオファーを提示されたが、不十分であるとして断りを入れている。 

    しかしながらC大阪とセビージャの交渉は現在も継続しており、セビージャ関係者は最終的に清武を放出することになると予想する。

    セビージャはC大阪の支払う額を600万ユーロに近づけることを目指しているが、C大阪が新たに提示するオファーが「想定額」の範疇になることを見込んでいるという。

    C大阪がセビージャの「想定額」となるオファーを提示すれば、清武の古巣復帰が決定する。交渉の決着がつくのは、欧州の移籍市場が閉鎖する現地時間31日だ。

    GOAL 1/31(火) 8:13配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000036-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485818961
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ