サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 本田圭佑

    1: 豆次郎 ★ 2018/05/11(金) 15:42:20.97 ID:CAP_USER9 本田が公式ツイッターで行動規範を紹介 「最近は特に8を意識してます」と綴る
    日本代表FW本田圭佑(パチューカ)は、自身の去就やロシア・ワールドカップに向けたメンバー選考などで注目を集めているなか、11日に自身の公式ツイッターを更新。「10の行動規範」を紹介し、「最近は特に8を意識してます」と明かして反響を呼んでいる。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00103224-soccermzw-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180511-00103224-soccermzw-000-1-view.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/05/08(火) 20:48:47.39 ID:CAP_USER9.net

    本田圭佑どこか物足りぬ練習 自力で選手集め試合も
    2018年5月8日18時3分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201805080000613.html

    本田圭佑(2017年6月13日撮影)
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/img/201805080000613-w500_0.jpg


    孤独な金狼はとうとう独力で選手を集めて試合をはじめた。日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が8日、トレーニングを続けている東京近郊のグラウンドで、練習パートナーを20人以上を集め、試合形式の練習を行った。

    大学、高校の経験者と思われる選手が11人、本田のサッカースクールのスタッフと思われる12~13人がピッチに集合。4日に帰国して以来、実戦練習から遠ざかっていた本田のために異例のトレーニングマッチを開始した。

    変則的な20分×2本と、10分×1本の計50分で汗を流した。本田チームは、どうしても右サイドの本田にボールを多く触らせようと、右サイドに偏る攻撃に成らざるを得ず、一方の相手チームは本田との激しいマッチアップでケガをさせたくない意識が働いたのか、あまり本田への厳しいチェックはなかった。

    ぎこちない感じも多少はあったが、それでも試合になると本田は存在感を増す。体のキレ、運動量はいまひとつだったが、右サイドでボールを持った時の視野の広さと、正確なパスはまずまずの内容。ただし、流れの中でシュートを3本放ったが、決定的な1本で枠を外すなど、ノープレッシャーで決められない点には不安を残した。

    3本目にペナルティーエリア外のやや右寄りでFKを蹴り、貫禄の得点を奪ったが、GKのレベルを見ると参考にはならなかった。フィジカル的には本田の迫力はこのレベルでは抜きんでているものの、調整の意味を含んだ試合だけに、練習パートナーも本気で奪いに行く気配はなく、まだまだ実戦を想定した内容とはほど遠い。

    本田が右サイドでボールを持った際、相手チームから「縦に行かせろ」とコーチングの声が飛んだ。本田はサイドで縦に突破することは皆無で、ほぼ中へ切り替えて左足で処理する。この切り替えた瞬間に、鋭いチェックをしなければ、本田にとってのトレーニングとしては物足りない。
    帰国してから体を動かし続けているが、プレーの質と量をこれからもっと上げていかないと、知らず知らずのうちにコンディショニングは緩やかに下降線をたどる心配は消えない。
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525780127
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/08(火) 20:48:47.39 ID:CAP_USER9 孤独な金狼はとうとう独力で選手を集めて試合をはじめた。日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が8日、トレーニングを続けている東京近郊のグラウンドで、練習パートナーを20人以上を集め、試合形式の練習を行った。 
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201805080000613.html

    本田圭佑(2017年6月13日撮影)
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/img/201805080000613-w500_0.jpg

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:豆次郎 ★:2018/05/06(日) 10:01:42.60 ID:CAP_USER9.net

    2018年5月5日 09:56


     ロシアW杯を2カ月後に控えて、電撃発表されたハリルホジッチ前監督の解任劇。この仰天人事に代表メンバーも大混乱しているのだ。

    「今、ハリル解任によって『ザッケローニ体制』から続く『代表選手間の根深い“軋轢”』が一気に表面化しているんですよ」

     と語るのは日本代表に近いスポーツマネージメント関係者だ。続けてもらおう。

    「ザッケローニが率いた14年ブラジル大会前、チームリーダーの本田圭佑(31)が『自分たちのサッカーをしてワールドカップで優勝する』と言いだし、長友佑都(31)、香川真司(29)ら主力選手たちが“洗脳”されていったのは、周知の事実です。だが、代表選手間では『非現実的だ』『着実に決勝トーナメント進出を狙うべき』といった反発も多かった。しかし、急速に“王様化”する本田に対して、キャプテンの長谷部誠(34)でさえもモノを言えない空気になってしまったんです」

     当時、チームの“独裁者”となった本田だったが、唯一反旗を翻したのが、キーパーの川島永嗣(35)だった。結果、ブラジル大会では「1分2敗」の成績で予選敗退の結果になったものの、本田からは川島に対して厳しい言葉が投げかけられたという。

    「ブラジル大会での惨敗後、本田が川島も同席した反省会で口にしたというのが『川島がポジティブだったら結果は違った』というもの。半ばジョークの意味合いもあるのかもしれませんが、本田としては少なからず“川島にチームをつぶされた”という思いがあったことは間違いありません。対する川島も『今の圭佑はイカれている』とまで断言していて、一時は『今後、同じチームでプレーするのは不可能じゃないか』とまで言われていた」(マネージメント関係者)

     そんな状況を一変させたのが、15年に監督に就任した、他ならぬハリルだった。サッカー関係者の証言。

    「監督の威厳を重んじるハリルは、一選手の本田に王様としてふるまうことを絶対に許さなかった。結果、両者の軋轢も目に見えなくなったんです」

     一見すると平穏に見えたチーム内でも、両者の対立はあまりにも根深いものがあったとしてこう続ける。

    「ハリル体制になってから、本田、川島とも直接言い合うことはせず、もっぱら大手スポーツメーカーの関係者相手に悪口を漏らすようになった。本田は『川島は世界で戦うには志が低い』なんて言っていますし、一方の川島も『圭佑、衰えたんじゃない』と厳しいかぎりの言葉を‥‥」

     ハリル解任を受けて西野朗体制となった代表チームだが、ハリルを巡ってシンパとアンチに二分されたチームが、一枚岩になる可能性はほとんどない。

    「このままではチーム内で他の選手を巻き込んだ大激突の可能性が高い。宇佐美貴史や清武弘嗣ら、ハリルのお気に入りだった“ハリルチルドレン”にとっては、『ハリルを追い出した主犯』と報じられた本田に対する反発が相当あるでしょう。そうなると川島と結びついて、大会前に“反本田”派閥が急拡大するでしょうね」(サッカー関係者)

     本田を代表とする“冷や飯組”の一挙手一投足に注目が集まるばかりだ。

    https://www.asagei.com/103392
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525568502
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★:2018/05/05(土) 11:35:06.89 ID:CAP_USER9.net

    パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が5日に自身のツイッターを更新し、南北首脳会談を行った韓国と北朝鮮に対して歓迎の言葉を綴っている。

    韓国のムン・ジェイン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月27日、南北軍事境界線の板門店で南北首脳会談を行い、
    「板門店宣言」を発表した。朝鮮半島の非核化をはじめ、両国の関係改善に向けた複数の項目が合意され、南北融和の流れが加速している。

    本田は両国の首脳が手を取り合って掲げる写真とともに「少し遅くなったけど、素晴らしく、歴史的な第一歩。
    多くの韓国人と北朝鮮の友人達よ。本当におめでとう!そして乾杯!!」とツイート。

    また、フォロワーとの会話の中で「僕は両方にそれぞれ友人がいて、これまで悩みなど本音を聞いてきただけ嬉しいですね!」と発言するなど、喜びを示した。

    5/5(土) 10:25配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-01653413-gekisaka-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggWmM6TswY1Br3zNytiMzW6Q---x900-y675-q90-exp3h-pril/amd/20180505-01653413-gekisaka-000-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525487706
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ