サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    カテゴリ: 清水

    MF野津田の獲得濃厚 清水エスパルス

    来季J1に昇格する清水が、J1新潟のMF野津田岳人(22)を獲得することが19日、濃厚となった。野津田はこの日までに他クラブからのオファーを断り、清水入りを決断した。保有権を持つJ1広島から期限付きでの移籍となる見通し。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [静岡新聞]
    http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/spulse/topics/312373.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    【G大阪】清水DF三浦獲り…183センチ、空中戦の強さが武器

    G大阪が清水DF三浦弦太(21)の獲得に乗り出していることが10日、分かった。183センチの高さを誇る三浦はタイトなマークと空中戦の強さが武器で、リオ五輪代表の候補にも挙がったセンターバック(CB)。今季は清水で29試合に出場し、CB以外に、チーム事情から右サイドバックもこなしてJ1昇格に貢献した。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [スポーツ報知]
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161211-OHT1T50005.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/20(日) 16:04:04.41 ID:CAP_USER9.net

    2016明治安田生命J2リーグ最終節(第42節)が20日に行われ、徳島ヴォルティスと清水エスパルスが対戦した。

    1年でのJ1復帰に向け、前節遂に自動昇格圏の2位に浮上した清水。連勝は8に伸び、目標にあと一歩に迫っている。
    首位・北海道コンサドーレ札幌との勝ち点差は3、3位・松本山雅FCとは同勝ち点で得失点差により上回っている。
    得失点差では松本を大きく引き離しているため、勝てばほぼ確実となるが、J2優勝の可能性もJ1昇格プレーオフ行きの可能性もある。
    一方、徳島はJ1昇格の可能性がなくなったものの、5試合無敗の3連勝と好調を維持している。
    ホームでの最終戦を勝って終わりたいところだ。徳島は前節2得点のFW渡大生らがスタメン入り。
    清水は7試合連続ゴール中のFW鄭大世や主将のFW大前元紀らが先発出場している。

    序盤からホームの徳島が前線からの守備で清水を苦しめる。しかし、清水。29分、右サイドで河井陽介がFKを獲得する。
    キッカーの大前が右足でふわりとしたクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだ犬飼智也がヘディングシュート。
    これがゴール右下隅に決まり、清水が貴重な先制点を挙げた。犬飼にとっては今季初ゴールとなった。

    しかし、直後の35分に徳島も反撃。右CKの流れから、左サイドの大﨑淳矢が藤原広太朗へパス。
    藤原がエリア手前左45度の位置から狙いすましてシュートを放った。これがクロスバーに当ってゴール右に決まり、試合を振り出しに戻した。
    藤原にとってはJ初ゴールとなった。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

    後半は両チームともになかなか決定機を作り出せない。清水は68分に大前を下げて金子翔太を投入。
    直後の69分に鄭大世がエリア手前でボールを受け、強引に左足でシュートまで持ち込んだが、ここはGK長谷川徹の正面だった。
    すると73分、右サイドを突破した鄭大世が中央へ速いクロスを入れる。
    これをゴール前の金子がゴール右にダイレクトシュートを突き刺し、清水が勝ち越しに成功した。

    一点を追う徳島は77分に右CKを獲得。アレックスのクロスを橋内優也がすらすと、ファーサイドに藤原が詰めていたが、ここは合わし切ることができなかった。
    清水は85分に河井を下げて本田拓也を、88分に三浦弦太を下げて鎌田翔雅を投入した。
    このまま清水が2-1で逃げ切り9連勝。
    横浜FCを下した松本と勝ち点で並んだが、得失点差で清水が上回り、1年でのJ1復帰を果たした。
    清水の小林伸二監督にとっては2002年の大分トリニータ、2008年のモンテディオ山形、2013年の徳島に続いて歴代最多4度目の昇格を飾った。

    【スコア】
    徳島 1-2 清水

    【得点者】
    0-1 29分 犬飼智也(清水)
    1-1 35分 藤原広太朗(徳島)
    1-2 73分 金子翔太(清水)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00518093-soccerk-socc
    SOCCER KING 11/20(日) 15:57配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggmdl.E0pS9bfuLcZBuAQmNg---x400-y266-q90/amd/20161120-00518093-soccerk-000-2-view.jpg

    http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/data/standings/
    順位表

    http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/score/
    試合スコア
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1479625444
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    254: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2016/11/21(月) 12:19:09.05 ID:GWIWxPFB0

    @reds_dk282519 守備しないからですねー

    — 鄭大世 정대세 Chong Tese (@ChongTese9) 2016年11月21日

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart8281

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    清水が1年でJ1復帰果たす!好調・徳島を下し破竹の9連勝で自動昇格

    2016明治安田生命J2リーグ最終節(第42節)が20日に行われ、徳島ヴォルティスと清水エスパルスが対戦した。

    1年でのJ1復帰に向け、前節遂に自動昇格圏の2位に浮上した清水。連勝は8に伸び、目標にあと一歩に迫っている。首位・北海道コンサドーレ札幌との勝ち点差は3、3位・松本山雅FCとは同勝ち点で得失点差により上回っている。得失点差では松本を大きく引き離しているため、勝てばほぼ確実となるが、J2優勝の可能性もJ1昇格プレーオフ行きの可能性もある。一方、徳島はJ1昇格の可能性がなくなったものの、5試合無敗の3連勝と好調を維持している。ホームでの最終戦を勝って終わりたいところだ。徳島は前節2得点のFW渡大生らがスタメン入り。清水は7試合連続ゴール中のFW鄭大世や主将のFW大前元紀らが先発出場している。
    (以下略)

    ・・・記事全文はこちら
    [サッカーキング]
    http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161120/518093.html

    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ