サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    2017年09月

    352: 名無しさん@架空です 2017/09/30(土) 11:52:45.97 ID:0CLm69s9d 誰もビュルキの奇妙な儀式を妨げられない

    Borussia Dortmund goalkeeper Roman Burki doesn't let anyone prevent him from doing his bizarre pre-match ritual https://t.co/xKBvKyttXi pic.twitter.com/Z683qFj8g0

    — MailOnline Sport (@MailSport) 2017年9月29日no title

    引用元: 管理人

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: プエルトリコ ★@無断転載は禁止 2017/09/30(土) 10:00:40.14 ID:CAP_USER9 <欧州L:ケルン0-1レッドスター>◇1次リーグH組◇28日◇ケルン

     欧州リーグの1次リーグ第2戦が28日に各地で行われ、H組でケルンのFW大迫勇也(27)はレッドスター戦で後半から出場も、チームは0-1で敗れて2連敗となった。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00015675-nksports-socc

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/30(土) 07:21:18.85 ID:CAP_USER9.net

    ■山口蛍をベストポジションで使うためにも…。

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170930-00030542-sdigestw-000-6-view.jpg


    ニュージーランド、ハイチと戦う10月シリーズの見どころのひとつが、中盤の機能性だろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下では長谷部誠を欠くと、中盤の構成力が下がる傾向にある。17年3月のタイ戦は山口蛍と酒井高徳の急造ボランチコンビが低調なパフォーマンスに終始し、9月5日のサウジアラビア戦ではアンカーを務めた山口の両脇にあるスペースをサウジアラビアに上手く使われた。
     
     アウェーで2-0と完勝した3月のUAE戦も、実はアンカーだった山口の寄せの甘さから大ピンチを招いている。今回のワールドカップ・アジア最終予選の戦いぶりから判断するかぎり、長谷部以上のアンカーは見当たらなかった。
     
     現在33歳の長谷部に依存している現状は看過できない。アジア予選ならまだしも、来年6月の本大会でこのベテランMFに頼りきるようでは厳しい戦いを余儀なくされるのではないか。
     
     長谷部の代役となれるアンカーの発掘は、ロシア・ワールドカップに向けて早急に解決すべき課題のひとつだ。そのソリューションとなるべき選手が山口なのか、今回呼ばれた遠藤航なのか。それとも、成長著しい井手口陽介(10月シリーズのメンバー発表の席でハリルホジッチ監督は井手口を「守備的MF」枠に入れていた)か、はたまた前回の代表活動で招集された髙萩洋次郎か。
     
     ひとつ確かなのは、山口はインサイドハーフでのほうが計算しやすいということだ。山口をベストポジションで使うためにも、アンカー・長谷部の代役探しは重要だろう。
     
     サッカー大国ではないニュージーランドやハイチを相手にアンカーの脇のスペースを攻略されるようであれば、それこそ緊急事態になる。
     
     果たして、ハリルホジッチ監督はどんなシステムや戦術で10月の連戦に挑むのか。大胆な起用法でこれまで何度かメディアを驚かせてきたように、この指揮官は長谷部不在時の対処法についてなにかしらの回答を示してくれるかもしれない。

    サッカーダイジェスト9/30(土) 5:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00030542-sdigestw-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506723678
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 19:40:32.40 ID:CAP_USER9.net

    Jリーグは28日に理事会を開催し、来季以降のルヴァン杯の大会方式の変更を決定した。
    現行では現行ではJ1クラブのみが参加していたが、来季以降は前年度のJ1でJ2に降格したチームも参加することになる。
    またグループリーグ(GL)を1位通過したチームでも必ずプレーオフステージを戦うことになった。

    現行、7チームの2グループに分かれて行われていたGLは、4チーム4グループで争う方式に変更となる。
    ただしAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に日本から参加するチームが4チームになるか、3チームになるかでプレーオフステージなどの方式に変更が出てくる。

    まずACLに4チームが出場する場合は、その4チームを除くJ1の14チームと、前年のJ1で16位と17位だったチームの16チームが4グループに分かれてGLを行う。
    そしてプレーオフステージでは1位通過チームと2位通過チームが激突。4チームが決勝トーナメントに勝ち上がり、ACLに出場した4チームを加えた合計8チームで決勝トーナメントを戦う。

    ACLに3チームが出場する場合は、その3チームを除くJ1の15チームと、前年のJ1で16位だったチームが参加。4チームずつの4グループに分かれてGLを戦う。
    プレーオフステージはやや複雑だが、下記のような組み合わせで、5チームの勝ち上がりを決定。ACLに出場していた3チームを加えた合計8チームが決勝トーナメントを戦う。

    なお、GLから準決勝までの組み合わせはホーム&アウェーでの対戦を実施。決勝のみ1試合で勝者を決める。

    またGLでは順位決定方法の変更も行われる。現行では勝ち点が同じ場合はグループ内での優劣が優先されていたが、来季以降は勝ち点で並んだチーム同士の当該対戦成績によって、順位を決定することになる。
    これについて村井満チェアマンは「ACLのレギュレーションに合わせるため」と説明した。

    ■18シーズン以降のルヴァン杯プレーオフステージ組み合わせ
    【ACLに4チームが出場する場合】
    A組1位vsD組2位
    B組1位vsC組2位
    C組1位vsB組2位
    D組1位vsA組2位

    【ACLに3チームが出場する場合】
    GL1位チーム中1位vsGL3位チーム中2位
    GL1位チーム中2位vsGL3位チーム中1位
    GL1位チーム中3位vsGL2位チーム中4位
    GL1位チーム中4位vsGL2位チーム中3位
    GL2位チーム中1位vsGL2位チーム中2位
    ※同一グループ同士の対戦は行わない

    ゲキサカ 9/28(木) 18:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-01644554-gekisaka-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170928-01644554-gekisaka-000-view.jpg

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506595232
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    39: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/09/30(土) 06:17:46.01 ID:1pEvIeqya 塩谷ゴール

    الهدف الثاني لـ العين بصاروخية شيوتاني في الوقت القاتل#العين_شباب_الأهلي#أبوظبي_الرياضية#دوري_الخليج_العربي pic.twitter.com/UVq1BuA5a7

    — قناة أبوظبي الرياضية (@ADSportsTV) 2017年9月29日

    引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9477

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ