サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    2016年12月

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 09:34:10.72 ID:CAP_USER9.net

    J1広島は31日、米MLSバンクーバーから日本代表経験のあるFW工藤壮人(26)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

     工藤は柏の下部組織から2009年にトップチーム昇格。翌年から主力として活躍し、7年でJ1通算162試合56得点を記録、日本代表としても国際Aマッチ4試合2得点をマークした。今年1月に「環境を変えてチャレンジをしてみたい」とバンクーバーに移籍し、17試合2得点の成績を残した。

     工藤はクラブを通じて「このたび、Vancouver Whitecaps FC から加入することになりました工藤壮人です。ここ数年、毎年優勝争いをしているサンフレッチェの一員になれることをうれしく思っています。広島の勝利のために全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

    スポニチアネックス 12/31(土) 9:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000080-spnannex-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483144450
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 09:40:46.29 ID:CAP_USER9.net

    鹿島アントラーズは、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝のレアル・マドリード戦で延長戦にもつれ込む死闘を演じ、一気に世界中にその名を知らしめた。

    アジア勢初のクラブW杯決勝進出とUEFAチャンピオンズリーグ11度優勝を誇る白い巨人との一戦は、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのプレミアリーグ制覇とともに、「2016年サッカー界10大サプライズ」に選出されている。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が特集している。

    「鹿島アントラーズがアジアサッカーの歴史を打ち立てる」というタイトルで、Jリーグ勢の躍進は10大サプライズの大トリで紹介された。

     世界最強クラブを巡る争いは、これまで南米王者と欧州王者の間で頂上決戦を迎えるのが通例で、過去2度アフリカ勢が決勝進出を果たしたのがこれまでの大番狂わせだった。

     特集では「しかし、日本のチーム、鹿島アントラーズは準決勝で今年アトレティコ・ナシオナルに衝撃を与えた。南米王者を3-0で飲み込むと、クラブワールドカップ決勝に進出した初のアジアのチームとなった。そして、鹿島アントラーズは決勝でレアル・マドリードを延長戦へと導いた。欧州、南米以外で世界王者にこれまでで最も近づいた。わずかに及ばなかったが、彼らはそれでも歴史を打ち立てた」と偉業を称えられている。

    他のサプライズにはレスターの優勝や…

     他のサプライズには、レスターの奇跡のプレミア優勝をはじめ、チリ代表がメキシコ代表を7-0で撃破した衝撃のワンサイドゲーム、欧州選手権で小国アイスランドの8強躍進、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの代表引退宣言などが選ばれている。

     また女子サッカーアメリカ代表のリオデジャネイロ五輪での8強敗退、イングランド代表のサム・アラダイス前監督の不祥事発覚による在任67日の光速解任がネガティブな意味で選出もされている。その一方で悲劇のクラブ、シャコペエンセは飛行機墜落事故ではなく、コパ・スダメリカーナ決勝進出への躍進で選出された

    Football ZONE web 12/30(金) 20:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00010015-soccermzw-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483144846
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    00今年も一年間、ありがとうございました。 当ブログは7年目のシーズンを終え、来年は8年目となります。 来年のJリーグは大きな変革の時期を迎えますが、当ブログもこのビッグウェーブに乗り損ねないよう、これまで以上に頑張ってつい ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    174: さあ名無しさん、ここは守りたい 2016/12/31(土) 12:31:38.53 ID:+3AXal/6 うひょー

    レベル高いね!

    市立船橋対京都橘#高校サッカー pic.twitter.com/2owXlxo0Nu

    — ネコスポ(気軽にフォローどうぞ♫) (@nekospo) 2016年12月31日

    引用元: 市立船橋ー京都橘

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 09:47:29.81 ID:CAP_USER9 ここ何年も素晴らしい仕事を披露

    国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は27日、2016年の世界クラブ監督ランキングを発表した。

    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターを奇跡のプレミアリーグ制覇へ導いたクラウディオ・ラニエリは惜しくも3位。チャンピオンズリーグ制覇やクラブW杯優勝を成し遂げ、世界No.1クラブの称号を得たレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダンは2位に名を連ねた。

    そんな偉大な2人を抑えて1位に輝いたのは、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ。IFFHSの公式サイトは「56カ国の専門家が、ここ何年も素晴らしい仕事を披露し、好成績を収めているシメオネを選んだ」と伝えている。

    その他には、4位に今季からマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ、6位にバルセロナを率いて3年目のルイス・エンリケ、10位に南アフリカのマメロディ・サウンダウンズをクラブW杯出場へ導いたピツォ・モシマネなどが上位に選ばれている。

    発表されたランキングは以下のとおり

    1.ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード)
    2.ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード)
    3.クラウディオ・ラニエリ(レスター)
    4.ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン/マンチェスター・シティ)
    5.ウナイ・エメリ(セビージャ/パリ・サンジェルマン)
    6.ルイス・エンリケ(バルセロナ)
    7.ユルゲン・クロップ(リヴァプール)
    8.マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)
    9.マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)
    10.ピツォ・モシマネ(マメロディ・サウンダウンズ)
    11.アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
    12.レオナルド・ジャルディム(モナコ)
    12.ローラン・ブラン(パリ・サンジェルマン)

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/29(木) 20:10配信
    ⇒奇跡のラニエリ、世界一のジダンを抑えて1位に輝いたのは…… 2016年の世界クラブ監督ランキング発表(TheWorld)

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483145249/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ