サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    2016年11月

    25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/01(火) 00:27:30.75 ID:j8gMddU30 槇野と柏木がハリルをディスりまくってるな

    https://youtu.be/VRYEyWcTF8c



    ・コミュニケーションとるためにと食事のときの円卓を廃止して長机を採用したが逆に会話しにくくなった

    ・ミーティングは1日3時間

    ・呼び出されて個別ミーティングをされ、「今までで一番侮辱を受けた」と槇野に言わせてメンタルがイかれ自信を無くさせるほど罵倒

    ・1ヵ月前にミーティングで褒められたプレーが、1ヵ月後にミーティングでダメ出しされて何が正解か分からない


    バラエティとは言え、ここまで選手からボロクソ言われる監督いなかっただろ

    もうコイツさっさと更迭しようぜ

    引用元: ハリルホジッチジャパン Part646

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 23:49:32.66 ID:CAP_USER9 no title29日に行われたブンデスリーガ第9節、ボルシア・ドルトムント対シャルケのルールダービーはスコアレスドローに終わった。ドイツ誌『キッカー』は、この一戦で先発出場を果たした日本代表MF香川真司が、自身をアピールできていないと酷評している。

    香川は宿敵シャルケとのホームマッチで、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとともにインサイドハーフでプレー。しかし自らシュートに持ち込むことや、チームのシュートチャンスを演出することなく、79分にピッチを退いている。

    『キッカー』はこの試合の選手採点で香川に「4.5」をつけ、MFクリスチャン・プリシッチとともにワーストタイとした。さらに「観察者にとどまることが多すぎる」と題した記事で、香川のプレーを分析。その中で、「ドルトムントはここ数週間、たくさんの負傷者を出しており、香川にアピールするチャンスが訪れていた。しかし土曜日のシャルケ戦と同様、彼はそれを物にすることができなかった」と記している。

    同誌はさらに「ダービーで、香川は交代までほとんど試合に参加しなかった」と続け、「日本人選手が入ると、ドルトムントの攻撃的MFは他の組み合わせに比べて明らかに機能しなくなる」とも指摘。「相手選手をフェイントで交わすことができても、1対1で抜くことができない」と香川の弱点を挙げ、「現在はゴールを脅かす場面も少なければ、チャンスの起点となる、または演出をする天才的なパッサーとしての輝きも見られない」と批判している。

    同誌は一方で、香川とポジションを争うライバルとされるMFゴンサロ・カストロの今季データを比較。カストロは3ゴール6アシストをマークし、65分につきチームの1得点に関与したのに対して、香川がゴールに絡むのは160分につき1度にとどまっていると伝えた。またシュートを放つ頻度においても、カストロは46分につき1本と、80分に1本の香川に差をつけ、シュートチャンスの演出でもカストロ(30分に1本)が香川(64分に1本)に大きくリード。競り合いの勝率でも、カストロが52.1%と香川の40%を上回った。

    『キッカー』は、それらの数字が香川の現状を示していることを強調。カストロ、マリオ・ゲッツェ、ラファエル・ゲレイロらがプレーできる状態にあれば、香川はベンチ、もしくはスタンドに追いやられる可能性が濃厚だとしている。

    GOAL 10/31(月) 22:28配信
    ⇒ドイツ誌がドルトムント香川を酷評&レギュラー剥奪を予想「試合に参加していない」(Goal.com)

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477925372/

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 23:49:32.66 ID:CAP_USER9.net

    29日に行われたブンデスリーガ第9節、ボルシア・ドルトムント対シャルケのルールダービーはスコアレスドローに終わった。ドイツ誌『キッカー』は、この一戦で先発出場を果たした日本代表MF香川真司が、自身をアピールできていないと酷評している。

    香川は宿敵シャルケとのホームマッチで、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとともにインサイドハーフでプレー。しかし自らシュートに持ち込むことや、チームのシュートチャンスを演出することなく、79分にピッチを退いている。

    『キッカー』はこの試合の選手採点で香川に「4.5」をつけ、MFクリスチャン・プリシッチとともにワーストタイとした。さらに「観察者にとどまることが多すぎる」と題した記事で、香川のプレーを分析。その中で、「ドルトムントはここ数週間、たくさんの負傷者を出しており、香川にアピールするチャンスが訪れていた。しかし土曜日のシャルケ戦と同様、彼はそれを物にすることができなかった」と記している。

    同誌はさらに「ダービーで、香川は交代までほとんど試合に参加しなかった」と続け、「日本人選手が入ると、ドルトムントの攻撃的MFは他の組み合わせに比べて明らかに機能しなくなる」とも指摘。「相手選手をフェイントで交わすことができても、1対1で抜くことができない」と香川の弱点を挙げ、「現在はゴールを脅かす場面も少なければ、チャンスの起点となる、または演出をする天才的なパッサーとしての輝きも見られない」と批判している。

    同誌は一方で、香川とポジションを争うライバルとされるMFゴンサロ・カストロの今季データを比較。カストロは3ゴール6アシストをマークし、65分につきチームの1得点に関与したのに対して、香川がゴールに絡むのは160分につき1度にとどまっていると伝えた。またシュートを放つ頻度においても、カストロは46分につき1本と、80分に1本の香川に差をつけ、シュートチャンスの演出でもカストロ(30分に1本)が香川(64分に1本)に大きくリード。競り合いの勝率でも、カストロが52.1%と香川の40%を上回った。

    『キッカー』は、それらの数字が香川の現状を示していることを強調。カストロ、マリオ・ゲッツェ、ラファエル・ゲレイロらがプレーできる状態にあれば、香川はベンチ、もしくはスタンドに追いやられる可能性が濃厚だとしている。


    GOAL 10/31(月) 22:28配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000018-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477925372
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 01:11:38.91 ID:CAP_USER9.net

    プレミアリーグ第10節のマンチェスター・ユナイテッド対バーンリーが29日、オールド・トラッフォードで行われた。主審はマーク・クラッテンバーグ氏。

    リーグ戦ではここまで3試合勝利が無いユナイテッドだが、27日に行われたEFLカップでのマンチェスター・ダービーでは1-0で勝利している。

    この日ジョゼ・モウリーニョ監督は、EFLカップで腕を骨折し欠場したアントニオ・バレンシアの代役に、マッテオ・ダルミアンを今季のリーグ戦で初めて起用。前線にはマーカス・ラッシュフォード、フアン・マタ、ズラタン・イブラヒモビッチらを送り出す一方で、ウェイン・ルーニーはまたしてもベンチスタートとなった。

    試合は前半からユナイテッドが主導権を握る。開始直後にイブラヒモビッチがエリア外からシュートを放つと、これを皮切りにバーンリー守護神トム・ヒートンが守るゴールへと襲いかかる。

    ところがユナイテッドはマタ、イブラヒモビッチ、ジェシー・リンガードらにビッグチャンスが生まれるも、これを決めきることができない。さらに前半終了間際には、エリア付近でダルミアンがジョン・フラナガンに倒されるも、PK獲得とはならず。逆に、ハーフタイム中に(この一件について抗議したと思われる)モウリーニョ監督が退席処分となり、後半からスタンドでの観戦を強いられてしまう。

    後半に入りマタ、エレーラを中心にユナイテッドが攻め立てるも、ヒートンが好セーブを連発し、ユナイテッドは得点を奪うことができない。さらに69分には、アンデル・エレーラが2度目の警告で退場してしまう。

    そこでユナイテッドはリンガードとマタに代えて、ルーニーとマルアーヌ・フェライニを投入するも、結局最後まで得点を奪うことができず、試合は0-0で引き分けとなった。ユナイテッドは前後半を通じて40本近くのシュートをバーンリーに浴びせたが、無得点に終わっている。

    この結果により勝点1を得たユナイテッドは暫定8位につけている。だが、直近のリーグ戦7試合ではわずか1勝となっており、勝点を取りこぼした印象が強いだろう。勝利が欲しかった指揮官にとって手痛いドローとなった。

    ■試合結果

    マンチェスター・ユナイテッド 0-0 バーンリー

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000022-goal-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477757498
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    02毎週木曜日に放送中のテレビアニメ「アイカツスターズ!」。 10月27日には第29話「本当のライバル」が放送されましたが、今回舞台となったのはサッカースタジアム。 主人公のゆめやローラたちは、サッカーのハーフタイムショーに ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ