サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    2016年09月

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 21:29:05.34 ID:CAP_USER9 [9.29 AFC U-16選手権準決勝 日本2-4イラク]

     AFC U-16選手権インド2016は29日、準決勝を行った。25日の準々決勝でUAEに勝利し、すでに17年U-17W杯出場を決めているU-16日本代表はイラクと対戦。前半19分に先制された日本はFW山田寛人(C大阪U-18)の2ゴールによって前半のうちに逆転したが、後半に3点を失って2-4で敗れた。日本は決勝進出ならず。10年ぶりのアジア制覇を達成することはできなかった。

    「アジア王者としてU-17ワールドカップへ」。その目標を果たすことはできなかった。日本は準々決勝から先発3人をチェンジ。4-4-2システムの先発はGKが谷晃生(G大阪ユース)で4バックは右SB喜田陽(C大阪U-18)、CB菅原由勢(名古屋U18)、CB瀬古歩夢(C大阪U-18)、左SB菊地健太(JFAアカデミー福島U18)の構成。中盤は平川怜(FC東京U-18)と福岡慎平(京都U-18)のダブルボランチで右MF鈴木冬一(C大阪U-18)、左MF谷本駿介(C大阪)。2トップは宮代大聖(川崎F U-18)と山田寛人(C大阪U-18)がコンビを組んだ。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?199793-199793-fl


    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 14:41:20.27 ID:CAP_USER9 イベントに出席するため、日本に向けて出発していたデイヴィッド・ベッカム。

    28日午後8時頃、成田空港に到着した。

    http://qoly.jp/media/15e4be1a-8829-467c-99e9-c5b0dbbd9210
    http://qoly.jp/media/e9f86098-442c-428b-a759-6da90409a7a1

    およそ14時間のフライトを経て、日本に到着したベッカム。便名は全日本空輸(ANA)のNH103便で、ニューヨークからの直行便である。

    白のシャツとブルーのパンツというベッカムらしいシンプルなファッションで現れた。

    http://qoly.jp/media/53897116-14a7-4ec6-b3da-a8f589ab9232

    ヘッドフォンもファッショナブル!

    http://qoly.jp/media/a8ab4b0f-d631-4fcc-85e8-6517b617146c
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://qoly.jp/2016/09/29/david-beckham-at-narita-airport?part=2


    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 12:15:09.53 ID:CAP_USER9.net

    中国メディアの今日頭条はこのほど、日本サッカー界はすでに世界から尊重される力をつけることに成功したと伝え、その力の源は「少年時代から選手を育てる日本の方法」をにあると伝えている。

     記事はまず日本のジュニアユースチームに所属する日本人の子どもたちが上海で中国スーパーリーグを観戦したことを紹介。その際、子どもたちはノートに観戦から得た多くの戦術が書き込まれていたという。ただ試合を観戦するのではなく、盗めることは盗もうとする日本のサッカー少年の貪欲さに、「日中ユースの差はちょっとどころじゃない」と指摘した。

     続けて、日本のユースチームが小学生の段階から「一貫制指導」を採用しており、「コーチは選手個人の成長に合わせてトレーニング内容を変えていく」と説明、さらにユースチームの少年たちの環境は「プロ選手に直接触れる機会もあり、サッカーに打ち込む思いをさらに強く促進する作用がある」と指摘した。

     また記事は、日本の場合は本田圭佑選手のようにユースで伸び悩んでも高校のサッカー部で花を咲かせてプロ選手になるケースもあると紹介。日本には少年少女たちがレベルに応じてサッカーに打ち込む環境があり、こうした環境のもとで日本サッカーは強くなってきたのだと指摘した。

     記事は日本のジュニアユースチームに所属する子どもたちがすでに多くの戦術を観察する力を有していることに驚嘆しているが、これは間違いなく良質な訓練の成果であり、またこの良質な訓練の目標がプロ選手の育成にあることは明らかだ。訓練と明確な目標の設定は一体の関係にあるが、子どものころからプロ選手になるという目標を持たせ、またそのための訓練を施す環境こそ、日本サッカーが近年成長している理由なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    http://news.searchina.net/id/1619747?page=1
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475118909
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 18:31:10.41 ID:CAP_USER9.net

    Football ZONE web 9月29日 16時25分配信

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督はワールドカップ(W杯)アジア最終予選の
    本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦に、フランス1部メッツに第3GKとして加入し、
    出番のない川島永嗣を“応援団”として招集することを明らかにした。

     都内で記者会見に臨んだハリルホジッチ監督は最初のGKのメンバーを発表した。

    「GK3人です。西川は前回選びました。川島永嗣もここに連れていきたいと思っている。
    エイジはプレーしていないが、プレーしていないのは彼だけではない。我々、海外組が
    たくさんいて、12人ほど先発で出ていない。今回のリストは難しかった」

     昨季浪人生活を経て、スコットランド1部ダンディー・ユナイテッドに加入も
    2部降格という憂き目を見た川島は今季、フランス1部メッツに移籍した。だが、
    クラブが移籍発表時に「第3GKとして獲得」と発表するという異例の加入だった。

     そして、川島はトップレベルでの試合勘を再び失った状態でいる。だが、
    ハリル監督は川島にGKというポジションとは全く別の役割を求めている。
    チームを鼓舞する応援団としてSOSを出した。

    「エイジはメッツというチームの二軍でプレーしている。それでも悪くないはずだ。
    どういう状態かということ、グループの中で特別な役割を担ってもらわなくては
    いけない。発言力があり、チームに良いスピリットをもたらしてくれる。経験もある。
    厳しい戦いに、彼のグループの中での存在感が必要になる。彼がプレーするかは
    別問題だ。経験のある一人で期待している。特にコミュニケーションで、
    励ますところをやってほしい。この2試合、今までよりもメンタルを出さなくては
    いけない。そのためにエイジを呼ぶ」

    浪人生活や二部降格、そして現在、二軍生活という過酷な現実を生きている
    川島の発信力を生かし、周囲を励ます応援団として期待していると語った。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010010-soccermzw-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475141470
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2016/09/30(金) 03:39:12.72 ID:2s2Heaiv ⇒16/17 UEFA-EL GroupA ManUtd × Zorya(UEFA.com)

    ManUtd 1-0 Zorya

    1-0 Z. Ibrahimović 69'(assist by W. Rooney)



    no title

    引用元: 【スカチャン1】マンチェスターU vs ゾリャ

    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ