1 名前:首しめ坂 ★:2018/03/20(火) 14:44:13.88 ID:CAP_USER9.net

女子サッカーの救世主か。なでしこリーグを無料放送、新興外資系配信企業「mycujoo」の正体
3/20(火) 11:34配信
フットボールチャンネル

なでしこリーグは2011年のワールドカップ優勝以降で最も危機的な状況に置かれている【写真:Getty Images】
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00010001-footballc-000-4-view.jpg


昨季はテレビ放送やインターネット上での映像配信がほとんどなくなってしまい、観客数の減少にも悩まされていたなでしこリーグ。
そんな日本女子サッカーのトップリーグを救うかもしれない新たなパートナーが現れた。
今季から1部リーグの試合をリーグ公式サイト上で配信する「mycujoo」とはいかなる企業なのか。
日本では馴染みのない新興勢力のビジョンに迫った。(取材・文:舩木渉)

mycujooの創業者である双子のプレサ兄弟。左がペドロ氏、右がジョアン氏。オフィスの壁にはボアヴィスタのユニフォームが飾られている【写真提供:mycujoo】
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180320-00010001-footballc-001-4-view.jpg


●岐路に立つ日本女子サッカー。新たなパートナーと再出発

いま、日本女子サッカー界は岐路に立たされている。なでしこジャパンのワールドカップ優勝から7年経ち、代表も国内リーグもかつての勢いを完全に失ってしまった。

特になでしこリーグの現状は深刻と言わざるをえない。世界一に輝いたワールドカップの前年、2010年のリーグ全90試合の平均観客動員数は912名だったが、
なでしこジャパンの活躍が起爆剤となって1試合で2万人以上の観客を集める試合も出るようになった。

しかし、ロンドン五輪でのなでしこジャパンの銀メダル獲得以降は減少傾向に転じ、代表チームがリオデジャネイロ五輪出場を逃したことでさらなる打撃を受けた。
なでしこリーグ3連覇中の日テレ・ベレーザでさえ2016年は1134人だったホームゲームの平均観客動員数が、2017年には1039人にまで減少。
リーグ全体を見ても、いまや観客動員数はワールドカップ優勝前の水準に近づきつつある。

また、テレビ放送が激減したこともリーグ戦の観客動員数に影響しているかもしれない。
2017年はリーグ全体の放映権を取得した組織がなく、継続的な全国ネットなどでのテレビ放送はなかった。
2016年までは存在していたインターネット上での配信もなくなり、INAC神戸レオネッサがクラブ公式サイト上で展開していたライブ配信以外には
ほとんど映像で試合を視聴する機会がなかった。消費者がなでしこリーグに触れ、ファンを獲得する機会を失っていたのである。

そんな中、今月21日に開幕する2018シーズンのなでしこリーグは1部リーグの70試合がインターネット上でライブ配信されることになった。
新たにパートナーシップを結んだのは「mycujoo(マイクージュー)」という日本ではほとんど馴染みのない企業。
オランダの首都アムステルダムに本拠地を置く“救世主”は、いかなる組織なのか。

電話での取材に応じてくれたmycujooのコミュニケーション担当を務めるラファエル・モルグリス氏は、
同社の成り立ちについて「非常に個人的な思いから生まれた」と明かしてくれた。

mycujooが立ち上げられたのは2014年のこと。創設者はポルトガル人の双子の兄弟だった。
そのうちの1人、ペドロ・プレサ氏が母国のボアヴィスタというクラブの大ファンだったが、2009年から2014年にかけて
過去の八百長問題に対しての処分などの影響で3部リーグに降格していた同クラブの試合を視聴することができず困り果てていたという。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010001-footballc-socc
4 名前:首しめ坂 ★:2018/03/20(火) 14:46:39.90 ID:CAP_USER9.net

●橋渡し役は日本人。FIFAマスター卒業生が尽力

というのもペドロ氏は当時スイス在住で、ボアヴィスタの試合はテレビ放送もなくスタジアムへ足を運ぶ以外に観る方法がなかったのである。
「プレミアムコンテンツ以外のサッカーを観る場所が、既存のマーケットにない」ことがmycujoo設立のアイディアとなったとモルグリス氏は語る。

設立当初は3人だったmycujooは、現在52人の大所帯に成長。本社を置くアムステルダム以外にポルトガル、ブラジル、シンガポールに拠点を置いている。
昨年は60ヶ国から約4200試合が配信され、全世界で視聴回数4000万回を超える巨大なプラットフォームに成長した。

特にアジアではAFC(アジアサッカー連盟)に加盟する47協会のうち29の協会と直接パートナーシップを結び、シェアを急激に広げている。
毎節1試合を試験的にmycujooで配信している韓国のKリーグや、なでしこリーグのように協会レベルでなくパートナーシップを結んでいる国も含めれば、アジア30ヶ国以上でチャンネルが開設されている。

では、なぜこのタイミングで日本の女子サッカーのトップリーグの配信権獲得に至ったのか。モルグリス氏はmycujooのルーツに理由があると教えてくれた。

「会社がチューリヒで設立されたこともあって、mycujooを最初に信頼してくれたパートナーはFCチューリヒの女子チームでした。実は我々は女子サッカーから始まっていて、
それが今も女子サッカーを積極的にサポートしている理由でもあります。日本のなでしこリーグとパートナーシップを締結したのも、
この最初のステップから始まった素晴らしいストーリーの一部なのです」

 そして、なでしこリーグの配信権の獲得に尽力したのは日本人の女性だった。FIFAマスター(スポーツに関する組織論や歴史、哲学、法律を学ぶ国際修士。
FIFAとCIES[スポーツ研究国際センター]が提携して運営している)を修了した後、昨年10月にmycujooに入社した、辻翔子氏がプロジェクトを成功に導いた。

「私の同期や先輩、後輩もまだ現役選手としてプレーしている人が多くて、日本に帰れば見られるのですが、海外にいながら試合を見る方法が今まで全然なかったんです。
せめて国内で配信されていたら日本のファンも見られますが、日本ですら配信されていないというのは私としても衝撃的で、なんとかしてそれを変えられたら…と思いました。
選手としても見てもらいたい気持ちはすごく強いと思うので」
6 名前:首しめ坂 ★:2018/03/20(火) 14:47:21.60 ID:CAP_USER9.net

●利用は無料。mycujooのビジネスモデルとは

 自らも早稲田大学ア式蹴球部女子(女子サッカー部)でプレーしていた元選手として、なでしこリーグの現状に危機感を抱いていた。
「コンテンツを持っているリーグ自身が主導権を握って、自分たちでコンテンツを作って、配信して、コントロールするのが鍵だと思っています。
コンテンツの価値を一番理解しているのはリーグなので」と、辻氏は語る。

「まずは日本の女子サッカーファンと、海外のなでしこリーグのファンが増えてくれれば一番だと思います。リーグとしてもファンを増やしたり、競技人口を増やしたり、
mycujooには様々な使い方があります。実際私たちのプラットフォームを通して収益化することもできます。クラブや選手が自分たちの試合を分析したり、
海外移籍したい選手は自分の試合の映像のリンクを送って自分を売り込んだり、色々な可能性や使い方があります」

 mycujooの提供しているプラットフォームは世界統一のもので、サッカーだけに特化している。映像にはスコアボードやタイマー、メンバー表などが簡単に挿入できる。
また配信者が配信しながら動画にタグ付けすることによって、ゴールなどの印象的な場面に1回のクリックで飛べるような工夫が為されている。

 統一のプラットフォームを利用することで、映像の二次使用を防ぎながらコンテンツホルダーの権利を守り、利用者のデータ収集などを容易かつ正確に行えるようになっている。
配信者用のチャンネル開設はクラブやリーグ、サッカー協会単位でしかできないが、視聴者は全てのサービスを無料で利用できる。

 では、どのように収益をあげるのだろうか。mycujooではイングランドのプレミアリーグやスペインのリーガエスパニョーラといった「プレミアムコンテンツ」が配信されているわけではない。
それでもパートナーとWin-Winの関係を築けているとモルグリス氏は語る。

「主な収入源は広告です。ビデオ広告やサイト内のスポンサー枠、この2つからの収入がメインになっています。アジアの小さな国などは、視聴者も少ないですし、
広告だけでは収益化できないと感じる方も多いでしょう。なので、我々はコミュニティを世界に大きく広げることに力を入れています。複数の国やレベルのコンテンツを合わせたり、
女子サッカーのコンテンツをパッケージ化したり、それによって初めてスポンサーも価値を理解してくれます。時間はかかると思いますが、まずはコンテンツを増やして、
コミュニティを大きくすれば価値を生み出せると思っています。

また、我々はパートナーに対してレベニューシェア(収益分配)のモデルを提供しています。コンテンツを配信しているパートナーと我々で収益を分配することによって、
利益がクラブやリーグに入れば、サッカーの発展にもつながりますし、我々にとってもいいことです」
7 名前:首しめ坂 ★:2018/03/20(火) 14:47:52.66 ID:CAP_USER9.net

●コミュニティを広げる。日本女子サッカーのポテンシャル

mycujooの「コミュニティを大きく広げる」というビジョンは、従業員のバックグラウンドにも繋がっている。
先述した52人のうちFIFAマスターの卒業生が7人、そしてFIFAの元職員が6人在籍している。
辻氏だけでなく創設者のペドロ氏も2010年のFIFAマスター卒業生で、実はモルグリス氏の前職はFIFAの普及部門だった。

「私の仕事はサッカーの普及・発展やグラスルーツ、アマチュアといったテーマに深く結びついていました。
mycujooが大事にしていることとも強く関連していますし、長期的な視野で取り組んでいかなければならないものです。

mycujooには2つの側面があります。1つはビジネス的な視点で、これは組織を成長させ、サービスの提供や拡大を進めるために必要なことです。
2つ目はサッカーの普及に働きかける、貢献することができきるということです。パートナーによっては、1万人以上の視聴者を我々にもたらしてくれますが、
一方で10人ほどしか視聴者を集められないこともあります。

それでもパートナーによって扱いを変えることはありません。我々のゴールはmycujooのコミュニティを大きくすることで、
1つでも多くの組織やクラブにプラットフォームを活用してもらうことを望んでいます。それはコミュニティを広げていくうえで非常に重要なことです。
これはサッカーを普及・発展させていくだけでなくより良いサッカー体験をグラスルーツレベルに提供することにつながります」

コミュニティを全世界的に広げていくうえで、今回のなでしこリーグとのパートナーシップはmycujooにとっても転機になるかもしれない。
モルグリス氏をはじめ、同社は日本の女子サッカーに大きなポテンシャルを感じている。

「なでしこリーグは我々が今配信している中でもプレミアムなコンテンツの1つで、ウェブサイト内でも大きく取り上げると思います。
今後、なでしこリーグとパートナーシップを結んでいる事実はコミュニティを拡大するうえで大きなアドバンテージになると感じています。

日本でもなでしこリーグを配信していることによって、もっと下のカテゴリのリーグなどにも興味を持ってもらえるかもしれませんし、
海外でもなでしこリーグを配信しているなら私たちも配信したいと思ってくれるところも多くあるかもしれません。そういう意味で非常に重要なパートナーシップだと思っています」

●「下」を攻める理由。mycujooと日本女子サッカーの未来

辻氏もこの意見に同意する。特にアジアでは日本のサッカーが模範になっていることが多く、
急速に拡大している同地域でのmycujooのコミュニティに大きな影響を及ぼす可能性を感じている。
さらに今回はなでしこリーグ1部の70試合の配信が決定しているが、今後2部以下のクラブが個別に配信を希望すれば視聴できる試合数が増えるかもしれない。

mycujooでライブ配信されたコンテンツは、権利保有者が非公開にしない限りアーカイブとして半永久的に視聴することができる。またチャンネルを持つクラブやリーグ、
協会はテレビ放送のようなマルチカメラ体制だけでなく、スマートフォン1つでもライブ動画を配信することが可能となっている。
様々なシチュエーションに対応できる柔軟性もmycujooのプラットフォームが武器にしていることの一つである。

課題は現在英語のみでのサービス提供になっていることだが、モルグリス氏は「今後日本語のコンテンツも利用できるようにしたい」と多言語対応にも意欲的で、
その他の新機能のリリースも予定しているという。

「我々の会社としてのビジョンが他と違うのは、プレミアムコンテンツをどんどん獲得しようと上を見るのではなく、
よりサッカーのピラミッドの下の方を開拓していきたいと強く思っているところです。これからも新たな機能をどんどん増やす予定で、
クラブにとっても選手にとってもより楽しんでいただけるように開発していきます。選手にとっても自分の試合を見ることができて、
試合後に自分のゴールのハイライトをシェアできるようにしたり、今後はクラブにとってもmycujooのコミュニティに仲間入りすることによって、
多くのものを得られるような展開をする予定です」

純粋なサッカー愛、クラブ愛から生まれたサービスが世界のサッカー界に革命を起こすか。
DAZNの参入などでインターネット配信による試合視聴が一般的になりつつある中で、
「コミュニティ」の形成を最重要ミッションに掲げるmycujooの挑戦が日本女子サッカーの新たな起爆剤となるかもしれない。
なでしこリーグは今月21日に2018シーズンの開幕を新たなパートナーとともに迎えようとしている。
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521524653
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)