1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/14(木) 17:29:28.16 ID:CAP_USER9.net

サッカーJ1・FC東京のドタバタが止まらない。公式戦5連敗となったことで篠田善之監督(46)を10日付で解任。
後任の第一候補としてJ1・広島の森保一前監督(49)をリストアップしたまではよかったが、同氏は日本協会が東京五輪監督の有力候補としている。
これを知ったチーム株主側が「それを無視して交渉するわけにはいかない」と森保氏をリストから外すことを検討している。

クラブ強化は2015年に就任した立石敬之GM(49)がトップ。しかし昨年に続き、2年連続で監督が解任になり3年連続の無冠も確実。
強化策には選手たちからも疑問があがっている。

一部報道で森保氏の名前があがったが、それは株主の中から出た名前だ。当面は安間貴義コーチ(48)が監督に昇格する。
同コーチは2015年に東京に入団、前年にはJ2だった富山をJ3に降格させた監督だ。
立石氏が強化部長からチーム強化のトップであるGMに昇格したことをきっかけに東京に呼んだ。
「立石GMと安間コーチは監督ライセンスを取得する講座の同期生ですから」と、
力量とは別の『縁故入団』という声がチーム関係者からあがっており、主力選手のモチベーションも低下する一方だ。

2年連続で監督が途中解任となった立石GMらの強化部では、FC東京の再建は任せられないという声は身内からもあがっている。
東京ガスを筆頭に三菱商事や三井物産など、他のJクラブがうらやむ株主が10億円以上の資本金を出しているが、
現体制ではとてもリーグ戦を戦える状況ではない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000016-ykf-spo
9/14(木) 16:56配信
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505377768
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)