1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 07:15:04.96 ID:CAP_USER9.net

J1神戸の新社長に、プロ野球・楽天の球団社長で、神戸の代表取締役副会長を務める立花陽三氏(46)が就任することが16日、分かった。

立花氏は楽天球団社長と神戸社長を兼任する見通しで、田中健一社長(48)は9月末に退任する。また、J1で11位と苦戦している神戸は成績不振を理由にネルシーニョ監督(67)の解任を発表。

暫定で吉田孝行ヘッドコーチ(40)が指揮を執るが、次期監督候補にはカタール1部、アル・ラーヤンで監督を務める元神戸のミカエル・ラウドルップ氏(53)が浮上した。

 J屈指の名将が神戸を去る。解任されたネルシーニョ監督は神戸市内で行われた非公開練習前に練習場を訪れ、選手、スタッフにあいさつ。15分ほどの滞在で、数人のスタッフに見送られ、クラブハウスを後にした。

 優勝を掲げて臨んだ3年目の今季。開幕4連勝で首位に立ったものの、相次ぐ負傷者と得点力不足で失速した。今夏には元ドイツ代表FWポドルスキを獲得したが、13日のFC東京戦で今季3度目の3連敗を喫して11位と低迷。「プロとして応えられなかったことに大きな責任を感じている」とコメントした。

 後任としてOBの吉田ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。吉田新監督は「守備の意識付けをさせたい」と力を込めたが、監督経験がなく手腕は未知数。クラブ関係者によると来季以降は白紙といい、既に次期監督選任に着手している。

 複数の関係者によるとデンマーク人のラウドルップ氏が有力候補として浮上している。指揮を執るアル・ラーヤンとの契約は18年まで残るが、豊富な資金力を持つ神戸にとって引き抜きは不可能ではない。

阪神・淡路大震災後の96年に神戸に入団し、Jリーグ昇格に貢献。関係者が挙げる「今までの神戸の背景を受け継いでくれる人」という条件にも合致する。同氏のほか、浦和の監督を解任されたペトロビッチ氏も候補の一人としている。

 20日の横浜M戦(ノエスタ)が新体制の船出。まずは連敗を止めることで再浮上の足掛かりとする。

8/17(木) 6:03配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000018-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170817-00000018-dal-000-1-view.jpg


つづく
2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 07:15:15.67 ID:CAP_USER9.net

■神戸 ネルシーニョ監督解任 後任候補に元バレンシア指揮官

J1で現在11位の神戸は16日、成績不振を理由にネルシーニョ監督(67)との契約を解除し、暫定的に吉田孝行ヘッドコーチ(40)が監督として指揮を執ることを発表した。関係者によれば、後任監督は欧州中心に人選を進めており、元バレンシア監督のパコ・アジェスタラン氏(54)らが有力候補に挙がっている。

 13日のFC東京戦に敗れ今季3度目の3連敗。三木谷浩史会長の最終判断を仰ぎ契約解除に至った。複数の関係者によると、安達亮強化本部長(48)や強化にも携わってきた安本卓史事業本部長(44)らも現職を解かれることが判明。シーズン中では異例の大ナタが振るわれる。

 負傷者続出を受け、クラブの中枢がMRI検査の厳格化に乗り出すなどすると、ネルシーニョ監督とフロントの溝は深まった。0―5で大敗した7月1日の川崎F戦後には解任へと向かったが、次の仙台戦で勝ったことで保留となっていた。

 初タイトルを目標に掲げた今季は、7月に元ドイツ代表FWポドルスキや元日本代表FWハーフナーも加えながら、低迷中。まずは吉田監督の下で連敗脱出を目指す。

8/17(木) 6:00配信  スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000007-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170817-00000007-spnannex-000-0-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502921704
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)