1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/21(水) 21:58:08.43 ID:CAP_USER9.net

「Jリーグが新規のファンを獲得するのは重要なテーマ。『DAZN』は手軽にアクセスできるメリットは大きい」(村井チェアマン)
 
Jリーグは12月21日、「2016シーズン年間総括」をテーマにした『J.LEAGUE PUB Report 2016 Winter』
(15日からJリーグ公式サイトで全編公開)の発行に伴い、メディアブリーフィングを行なった。
 
村井満チェアマンがシーズン総入場者数の推移や視聴率、大会方式、選手育成や2017年に向けたプランについてなど、約2時間に渡ってブリーフィングと質疑応答に対応。
数あるテーマの中で、来年から10年間で総額2100億円に上る大型の放映権契約を結んだ『DAZN(ダ・ゾーン)』と、ACL出場権に関して質問が集中した。
 
今月15日、2017シーズンより、J1、J2、J3リーグはライブストリーミングサービス『DAZN』で全試合生中継すると発表された
(2007年からリーグ戦中継を行なってきたスカパー! は撤退)。リーグ戦放送のメインデバイスが、テレビからインターネットに変わることによって、様々な懸念材料が浮上する。

村井チェアマンは「DAZNのプロモーションはまだ全面的にはできていない」と世間の認知度がまだ十分ではないと認めたうえで、自身の見解を説明した。
 
「(移行に関して)ハードルがあるのは事実です。WIFIや光回線などネットの接続環境があるかなど一定の準備が必要で、丁寧な説明やPRをしていくことが大事だと思います。
現時点でPR不足は否めませんが、パフォーム様、NTT様と知恵を出しながら、三者一体となって、国民の皆さんにお伝えしていきたい」
 
「Jリーグが新規のファンを獲得するのは重要なテーマ。『DAZN』は手軽にアクセスできるメリットは大きいし、サッカー以外(のコンテンツ)を視聴する人も多い。
他のスポーツからサッカー、サッカーから他のスポーツと、新たな“プラットフォーム”として、新規のファンが来ることを相当期待しています」
 
また、ACLは2019年・20年大会より出場国枠を決めるポイント制度の比率が変わる。19・20年は15~18年までの競技成績が対象となるが、
すでに終わっている15、16シーズンの成績が振るわなかったため(15年はベスト4進出1チーム、ベスト8進出1チーム。16年はベスト8進出チームなし)、
17年大会における成績が重要であると説明した。また、21年・22年大会の出場枠は、17~20年の競技成績が反映されるという。詳細は以下の通り。
 
【今後のAFCポイント制度】
2017・2018/出場枠:3+1
競技成績(2013~2016)/ポイント比 代表3:クラブ7
 
2019・2020/出場枠:?
競技成績(2015~2018)/ポイント比 代表1:クラブ9
 
2021・2022/出場枠:?
競技成績(2017~2020)/ポイント比 代表0:クラブ10

SOCCER DIGEST Web 12/21(水) 20:17配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00021380-sdigestw-socc

村井チェアマン、2ステージ制とCS導入の効果は「限定的」
http://www.sanspo.com/soccer/news/20161221/jle16122119510016-n1.html

Jリーグの村井満チェアマンは21日、東京都内で今季の総括会見を開き、2年で終えることになったJ1の2ステージ制とチャンピオンシップについて
「ヤマ場ができて露出が増えたことに一定の成果は感じているが、全体の関心度を底上げしたかというと、直接的な影響は限定的だった」と評価を語った。

J.LEAGUE PUB Report 2016 Winter
http://jlib.j-league.or.jp/content.html#!/42/mposition=1&mtype=index

DAZN
https://www.dazn.com/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482325088
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)