1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/28(金) 06:52:30.27 ID:CAP_USER9.net

■甲府は磐田、新潟、名古屋よりも得失点差で不利。
 
残り2試合で13位の磐田から16位の名古屋までの年間勝点差はわずか“3”。福岡に続き、湘南の降格が決まったサバイバルレースで、最後に泣くのはどのクラブか。
 
 残留を争う4チームの残り2節の対戦相手は以下のとおり。
 
13位 磐田(勝点33/得失点差-13)
16節・浦和戦(ホーム)、17節・仙台戦(アウェー)
 
14位 甲府(勝点31/得失点差-24)
16節・湘南戦(アウェー)、17節・鳥栖戦(ホーム)
 
15位 新潟(勝点30/得失点差-13)
16節・G大阪戦(アウェー)、17節・広島戦(ホーム)
 
16位 名古屋(勝点30/得失点差-15)
16節・神戸戦(アウェー)、17節・湘南戦(ホーム)
 
 13位の磐田は難敵・浦和との一戦を仮に落とすと厳しい状況に追い込まれそうだ。最終節がアウェーというのも気になる。浦和戦で勝点1でも拾えれば、だいぶ楽になる可能性はあるが……。
 
 前節の福岡戦で劇的な勝利を収めた14位の甲府は、アウェーとはいえ湘南戦を是が非でもモノにしたい。得失点差で磐田、新潟、名古屋よりも不利なだけに、最終節を前に新潟や名古屋に勝点で追いつかれると一気にプレッシャーがかかるかもしれない。
 
 15位の新潟はG大阪、広島と過去2シーズンの王者と激突する。G大阪も広島も決して好調とは言えず、付け入る隙は十分あるだろうが、試合終了間際に失点した浦和戦のダメージをどこまで回復できているか。16節のG大阪戦で先制される展開になると、巻き返すのは難しいかもしれない。
 
 新潟と同勝点の16位・名古屋は第2ステージ制覇が絶たれた神戸、降格がすでに決まった湘南と対戦する。厄介なのは、ひとつの目標がなくなった神戸、湘南に開き直られることだろう。のびのびとプレーされてしまうようだと、名古屋が苦しい戦いを強いられる可能性はある。
 
 果たして、どこが生き残り、どこが降格するのか。白熱の残留争いからは目が離せない。

SOCCER DIGEST Web 10/28(金) 6:30配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00020043-sdigestw-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161028-00020043-sdigestw-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477605150
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)