1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/25(土) 12:46:26.06 ID:CAP_USER9.net

2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたアフリカ最終予選の組み合わせ抽選が24日行われ、グループ分けが確定した。

アフリカからは計5チームがW杯本大会へ進むことができる。2次予選を勝ち上がった20チームは4チームずつ5つのグループに分かれてホーム&アウェーのリーグ戦を行い、各組1位のみがロシア行きの切符を獲得できるという厳しい戦いだ。

中でも”死の組”として注目を集めることになりそうなのはグループB。前回のブラジルW杯に出場した5チームのうちカメルーン、ナイジェリア、アルジェリアの3チームおよびザンビアが同居することになった。この中から次回のW杯に出場できるのは1チームだけだ。

同じく前回大会に出場したコートジボワールとガーナは、それぞれグループCとEに入った。少なくとも2チームはブラジル大会と異なるチームが本大会に出場することになる。

最終予選は今年10月から開始され、2017年11月まで続く。グループ分けは以下のとおり。



グループA: チュニジア、DRコンゴ、ギニア、リビア

グループB: アルジェリア、ナイジェリア、カメルーン、ザンビア

グループC: コートジボワール、マリ、モロッコ、ガボン

グループD: セネガル、カーボベルデ、南アフリカ、ブルキナファソ

グループE: ガーナ、エジプト、コンゴ、ウガンダ

GOAL 6月25日(土)11時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000004-goal-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1466826386
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)