新潟DF早川が急性白血病…「もう一度大好きなクラブに戻ってこられるように」

アルビレックス新潟は13日、DF早川史哉が急性白血病と診断されたと発表した。4月24日に行われた名古屋戦後にリンパ節に腫れが見られたため、新潟市内の病院で精密検査を行っていた。

現在は病院で寛解に向けた治療を開始。今後も経過を注意深く診ながら、適切な治療を行っていくという。

22歳の早川は新潟の下部組織出身。2011年にはU-17W杯メキシコ大会で5戦3得点の活躍をみせ、U-17日本代表の世界8強入りへ貢献した。筑波大へ進学後は主将を務め、2016年に古巣復帰の形で新潟へ加入。今季のJ1では開幕戦・湘南戦から3戦連続でフル出場するも、その後の5試合はベンチ入りのみで出場はなし。4月24日の名古屋戦を最後にメンバー入りを外れていた。
(以下略)

・・・記事全文はこちら
[ゲキサカ]
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?191718-191718-fl

早川 史哉選手の病状検査結果について

[アルビレックス新潟]
http://www.albirex.co.jp/news/top_team/49107




※以下、Twitterの反応まとめです。 →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)