1 名前:THE FURYφ ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 14:01:11.92 ID:???*.net

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、すでに戦力外を
明言している元スペイン代表GKビクトル・バルデスにさらなる過酷な冷遇処置を
とると英地元メディアが報じている。地元紙「デイリー・ミラー」は「ルイス・ファン・
ハールがマンチェスター・ユナイテッドのGKビクトル・バルデスを練習場の規則で
屈辱を与える」と特集した。

昨季途中にフリーエージェントでマンUに加入したバルデスは、ファン・ハール監督の
哲学に反したという理由で今季開幕前に戦力外を告げられていた。バレンシア移籍などの
可能性も浮上し、今夏の移籍市場閉幕直前にはトルコ強豪ベシクタシュへの移籍寸前と
なったが、破談。急転残留していた。

バルセロナ時代にUEFAチャンピオンズリーグ制覇に3度貢献している守護神は、すでに
過酷な状況に陥っている。今季始動日にユナイテッドのカーリントンのクラブハウスに戻ると、
トップチームのロッカールームにはバルデスの居場所はなかった。ユニホームなど、
すべてU-21チームに移され、バルデス自身もファーストチームからの追放を言い渡された。
トップチームとの食事も禁止され、昼食も一人だったという。
.
そんなバルデスに対し、バルセロナ時代の恩師であり、ユナイテッド移籍に尽力したはずの
オランダ人指揮官から鬼の仕打ちが新たに下されたという。マンUのトップチームの練習中は、
バルデスのカーリントンの練習場への立ち入りを禁止。トップチームが練習場を離れた後、
トレーニングを許可されたという。チームが午前練習で昼食後に解散となる場合、バルデスは
午後に練習を行うことになるもようだ。

指揮官は2週間前、バルデスに対してU-21、U-18のチームの練習か個別練習とアカデミーの
コーチ限定の練習のみを認めたという。それも直接会話はせずに、他のコーチと関係者を通じて
指示を伝えたようだ。

記事では「これがファン・ハールの妥協を知らないマン・マネジメントの方針で、オールド・トラッフォードに
多くの友人を勝ち得ない新たな例である」と指摘されている。

2年連続で200億円以上の補強を行い、指揮官は今季のマンUを現在リーグトップへ導いた。
だが、守護神デ・ヘアも兄と慕うベテランへのあまりの冷遇は大きな波紋を広げている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010007-soccermzw-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443502871
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
サッカー好き

ビクトール バルデスに対する ファン ハールの仕打ちは ひどすぎる

2015-09-30 05:25:53

ジェイ

ファン•ハールって頭おかしいよな

2015-09-30 00:00:51

QMAスポスロbotその2です。

1994‐1995シーズンにアヤックスを率いてサッカーチャンピオンズリーグに優勝した監督はルイス・ファン・○○○?→ハール(正解率58%)

2015-09-23 07:15:21

→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)