15日に開催されたJ1セカンドステージ第2節神戸対湘南の試合は、ホームの神戸が先制するもその後追いつかれ、1-1ドローという結果でした。
この試合で、ヴィッセルのネルシーニョ監督はホーム・ノエビアスタジアム神戸の芝にかなりおかんむりだったようです。



ネルシーニョ監督は試合後の監督インタビューでこのように語っています。

image

Q. きょうは(ミッドウィークで)タイトな試合でしたが、振り返っていただけますか。
A. 我々はこの試合、ボールを回して入っていこうと思ったのですが、非常にグラウンドのコンディションが悪く、うちのやり方と選手の特長に反していて、なかなかうまくボールが動かなかったと思っています。

Q. 2ndステージ開幕戦で素晴らしい結果(5-0勝利)を収め、この試合に高いモチベーションで臨めたのではないでしょうか。
A. 前半グランドのせいもあってリズムが作れず、ハーフタイムに選手にも話したのですが、こういうときはフィジカル面をもっと出していかないといけないと思いました。玉際やセカンドボールの反応など、もっとチームがコンパクトで、圧力を前にかける必要があると。後半、選手はそれを実行してくれました。

Q. 暑い夏に向けてタイトなスケジュールになってきますが、次節に向けてお願いします。
A. 我々の問題はタイトなスケジュールでも夏の暑さでもなく、ノエビアスタジアムの芝だと思っています。これをなんとか直していかないといけないなと思っています。

確かに昨日のノエスタの芝は、前半30分の時点ですでに何箇所もめくれ上がっているのが画面から見て取れました。

image

image



このネルシーニョ監督の発言を受けてか、ヴィッセルのオーナー・三木谷浩史氏が気になるツイートを投稿しています。

12年間言い続けましたが、芝が良くならない。そろそろ決断の時かな。

— 三木谷浩史 H. Mikitani (@hmikitani) 2015, 7月 16

神戸市がお金をかけないと難しいですね。本当にアジアのトップチームを作るなら、決断の時は迫っていますね。 https://t.co/svRotxSBwc

— 三木谷浩史 H. Mikitani (@hmikitani) 2015, 7月 16

@kazumone 基本的には、指定管理者は別の企業さんがやっていて、離さないんですよ。 ただ、真剣にやれば解決策はあるかも知れませんが、他人事なんでしょう。

— 三木谷浩史 H. Mikitani (@hmikitani) 2015, 7月 16


過去には日本代表MF遠藤保仁がタジキスタンの荒れたピッチになぞらえたこともあったノエスタ。
三木谷オーナーがどのような決断をするのか注目ですね。



image
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
デズラー

RT @rugby_no_side: 三木谷さんがノエスタの芝に言及してる。かなり本気のようでどう動くのか。 三木谷さんとヴィッセルの動きにかかわらず、ラグビーワールドカップの試合会場になることは決まってるわけだし、神戸市には本気で動いてもらわないといけないのだけど…

2015-07-17 04:30:36

アマゾ…ポロロッカ!

三木谷さんがノエスタの芝に言及してる。かなり本気のようでどう動くのか。 三木谷さんとヴィッセルの動きにかかわらず、ラグビーワールドカップの試合会場になることは決まってるわけだし、神戸市には本気で動いてもらわないといけないのだけど…

2015-07-17 04:14:27

ティ~ダ@次の遠征未定

三木谷マネーでどうにでもなるだろ。 ヴィッセル神戸のホーム100勝ならず 劣悪なピッチに監督が怒り #ldnews http://t.co/HlkKmbB9XD

2015-07-17 00:48:24

DAIKI.VK®

@hmikitani ヴィッセル神戸を応援しているものです。三木谷さんに言っても仕方ないかもしれませんが、ノエスタの芝生は何とかならないでしょうか??今の状態だとチームが目指しているフットボールが出来ません。。

2015-07-16 08:52:34

きたば

デーブと三木谷のリアルやきゅつくはもうこりごり。二人でヴィッセル神戸にいってどうぞ

2015-07-16 03:14:30

→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)