1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 07:33:36.36 ID:???*.net W杯決勝は、米国が“地元の利”を生かし、あっと言う間に試合を決めてしまった。

隣国カナダでの開催とあって、スタンドは米国サポーターで埋まった。熱狂的な応援を背に受けた米国は、キックオフと同時に一気呵成に攻め込んできた。思うに米国選手は「難しいシュートを打ってみたら、次々に入ってしまった」といった感覚だったはずだ。

なでしこたちは、優勝した前回ドイツW杯の主力が多く残っていた。経験値の高い選手をそろえながら、前半16分までに4失点を食らい、選手は完全に浮足立ってしまった。局面でのプレーもやや緩慢だった。確かに11年ドイツW杯と比べるとボールへの寄せ、機動力、攻守の切り替えスピードなど「あぁ、4年が経過したんだな」という印象も否めなかった。
(中略)
■日本女子サッカーをより活性化させるために

その澤が、米国戦後のインタビューで「最後のW杯として臨んだ。悔いなくやれた」とコメントした。もっとも、二度と日本代表のユニホームを着ないというわけではないみたいだ。来年夏のリオ五輪には「招集されたら出てみたい」と話しているからである。

しかし、偉大なレジェンドだからこそ、澤に対して「ご苦労さま。もう十分に日の丸をつけて頑張ってくれた。ここで代表に別れを告げ、後進に道を譲るべきじゃないだろうか」と言いたい。

優勝を逃して監督、コーチ、関係者、もちろん選手たちは悔しい思いでいっぱいだろう。その悔しさを何にぶつければいいのか? 4年後のW杯に向けて何をなすべきなのか? を真剣に考えないといけない。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://nikkan-gendai.com/articles/view/sports/161481
2015年7月8日
http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/161/481/171870e17db9e473e854c3f96fec6df620150707111452369.jpg
オーストラリア戦での澤(左から2人目)

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
瑪斉@コエテク応援宣言

余談その3:更に釜本さん曰く「つうか俺もバカだし。武田も俺も福田もバカだよ。サッカー選手でバカじゃないのは宮本くらい。」何故か巻き込まれたミスターレッズ。

2015-07-06 07:56:17

→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)