にほんブログ村 2ちゃんねるブログ  人気ブログランキングへ

サッカー速報まとめ

2ちゃんねるのサッカー板から日本代表、Jリーグ、海外サッカーまで速報ニュースをまとめています。

    1 名前:@Egg ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 17:12:10.50 ID:CAP_USER9.net

    第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦が23日に行われた。J3のY.S.C.C.横浜とFC琉球が敗れる波乱が起きている。

    今季J3を戦うギラヴァンツ北九州は、ホームで四国リーグのアルヴェリオ高松(香川)と対戦。
    前半から相手を圧倒すると、FW平井将生とMF花井聖がハットトリックを記録するなど大量10得点を奪い、10-0で大勝した。

    また、ガイナーレ鳥取と鹿児島ユナイテッドFCのJ3対決は、終盤までスコアが動かない展開となったが、
    後半45分にFW藤本憲明が決勝点を決め、鹿児島が1-0で勝利。2回戦進出を決めた。

    以下、1回戦結果(13時&14時キックオフ分)

    北九州 10-0 アルヴェリオ高松 [本城]
    [北]平井将生3(13分、66分、84分)、花井聖3(39分、55分、88分)、茂平(45分+1)、水永翔馬2(60分、83分)、西嶋弘之(78分)

    韮崎アストロス 1-5 ブリオベッカ浦安 [中銀スタ]
    [韮]小泉公二(20分)
    [浦]笠松亮太(8分)、上松瑛(12分)、相馬将夏(25分)、南部健造(69分)、富塚隼(73分)

    琉球 5-5(PK3-5)FC今治 [沖縄県陸]
    [琉]富樫佑太(25分)、前田央樹(38分)、田辺圭佑(69分)、西岡大志2(90分+1、119分)
    [今]桑島良汰2(21分、45分+1)、長尾善公2(50分、73分)、片岡爽(100分)

    ヴェルスパ大分 2-1 高知ユナイテッドSC [大銀ド]
    [大]清水大輔(61分)、鍔田有馬(66分)
    [高]横竹翔(36分)

    Honda FC 3-1(延長)びわこ成蹊スポーツ大 [都田]
    [H]富田湧也(77分)、大町将梧2(95分、104分)
    [び]堂安憂(6分)

    YS横浜 1-2 筑波大 [BMWス]
    [Y]宮尾孝一(90分+2)
    [筑]中野誠也2(28分、81分)

    盛岡 2-0 ソニー仙台FC [岩手]
    [盛]菅本岳(77分)、八角大智(79分)

    富山 1-0 アミティエSC京都 [富山]
    [富]國吉貴博(61分)

    鳥取 0-1 鹿児島 [とりスタ]
    [鹿]藤本憲明(90分)

    SRC広島 1-0 三菱水島FC [福山]
    [広]田口翔輝(65分)

    熊本県教員蹴友団 19:00 松江シティFC [えがおS]

    ゲキサカ 4/23(日) 17:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01639043-gekisaka-socc
    2 名前:@Egg ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 17:12:20.64 ID:CAP_USER9.net

    [4.23 天皇杯1回戦 琉球5-5(PK3-5)今治 沖縄県陸]

    第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦が23日に行われた。

    沖縄県総合運動公園陸上競技場では、J3のFC琉球と今季からJFLに参戦しているFC今治が対戦。
    5-5で突入したPK戦の末にPK5-3で今治が勝利した。6月21日の2回戦では、J2ファジアーノ岡山と対戦する。

    試合は壮絶な打ち合いとなった。今治は前半21分にMF桑島良汰が先制点を挙げ、一時逆転を許したが、
    桑島の2点目で前半を2-2で折り返す。後半はFW長尾善公が2ゴールを挙げるも、4-3のアディショナルタイム1分に同点に追いつかれ、4-4で延長戦に突入した。

    興奮した雰囲気に包まれる中、今治は延長前半10分に途中出場のDF片岡爽が勝ち越しゴールを決める。
    そのまま今治のリードで終了かと思われたが、延長後半14分に再び追いつかれると、直後のPKも桑島が決めきれず、5-5でPK戦に入った。

    PK戦でも互いにゴールネットを揺らし続けると、迎えた後攻・琉球3番手のシュートをGKクラッキがストップ。
    その後、DF玉城峻吾とMF上村岬がきっちり決めてPK5-3で勝利。

    元日本代表監督の岡田武史氏が代表を務める今治が、2013年大会以来、4年ぶりの1回戦突破を決めた。

    ゲキサカ 4/23(日) 15:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01639039-gekisaka-socc

    天皇杯  日本サッカー協会
    http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492935130
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/21(金) 17:48:56.39 ID:CAP_USER9.net

    今シーズンのJリーグは、キックオフ時間の幅が広い。
    テレビ放映の軸足がダ・ゾーンへ移り、チャンネル数の制約から解放されたのが主な理由だ。
    地上波やBS放送の中継が入ると調整が必要になるものの、基本的にはクラブ側がキックオフ時間を選べる。

    ここまで7節を終えたJ1リーグで、もっともキックオフが早かったのは12時35分である。横浜F・マリノスと浦和レッズの開幕戦だった。
    12時台はこの1試合だけで、13時台が3試合、14時台が18試合、15時台が17試合、16時台が7試合、17時台が5試合となっている。
    18時台のゲームは、6月までひとつも予定されていない。19時台開始のナイトゲームは12試合だ。

     クラブがキックオフ時間を決めるにあたって、判断基準となるのはどんな要素だろうか。

     たとえば、13時キックオフのメリットを考えてみる。

     観客がスタジアムへ到着するのは、11時半から12時あたりが多いだろうか。ランチタイムのど真ん中である。
    途中で食べ物を仕入れてくる人もいるだろうが、スタジアムグルメを楽しむ人は多そうだ。
    店舗の売り上げが増えれば、クラブが受け取るマージンも増える。これはメリットのひとつにあげられる。

     また、試合終了は15時戦後になるので、イベントをやったりする時間的な余裕もある。
    スタジアムまでの所要時間が1時間なら16時前後に、2時間でも17時前後には帰宅できる。
    家族連れにとっても、週末のレジャーの選択肢になりそうだ。付け加えれば、運営スタッフが後片付けに急がされることもない。

     19時開始のナイトゲームはどうだろう。

     スタジアムグルメについては、こちらも需要がありそうだ。
    キックオフ前から試合中が夕食の時間に重なるので、試合前にあらかじめ空腹を満たしつつアルコールもほどよくとって、という観戦が成立する。
    一般的にビールなどのアルコール飲料は、昼間よりも夜のほうが売れ筋と言えるだろう。

     また、キックオフ時間が遅いので、週末も働くビジネスマンやOLを取り込むことができる。デーゲームでは想定できない客層だ。
    不意に時間が空いた場合の緊急避難としても、レジャーの選択肢に加えてもらえる期待感がある。
    緊急避難では虚しいかもしれないが、とにかく候補に上がることは大切である。
    ライト層を引き寄せるには、偶然のアシストも必要なのだ。

     ダ・ゾーンがもたらした変化は、キックオフ時間だけではない。
    昨年までは土曜日にJ1、日曜日にJ2とJ3を基本スケジュールとしていた。
    曜日によるリーグの棲み分けが今年からなくなり、クラブが選べるようになった。

     サッカーに限らず週末のレジャーで、もっとも集客に影響するのは日曜日の夜だろう。
    翌日からの仕事を考えると、できるだけ早く帰宅したいと考える人が多いからだ。

     そこでJリーグである。3月に行なわれたJ1、J2、J3リーグから、日曜日のナイトゲームを探してみると……なかった。
    条件が良くないうえに寒さが居座るかもしれないことを考えると、積極的になれないに違いない。

     4月は2試合あった。15日のベガルタ仙台対鹿島アントラーズ戦と、30日のセレッソ大阪対川崎フロンターレ戦だ。
    この2試合はダ・ゾーンだけでなく、NHKのBSでも放映される。
    日曜日のナイトゲームとなったのは、そのあたりにも理由がありそうだ。

     集客という意味では苦戦を強いられるものの、日曜日のナイトゲームは在宅率が高い時間帯に放映される。
    普段はJリーグに触れていないライト層を、開拓する好機ととらえることもできるだろう。

     いずれにしても、キックオフ時間や曜日よりも大切なのは、コンテンツとしての魅力だ。
    最後まで目の離せないサッカーを繰り広げることが、Jリーグの価値を高めていく。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12966292/

    ◇DAZN公式サイト:http://www.dazn.com/ja-JP
    ◇DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ):http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    ◇DAZN「For You ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」:http://www.youtube.com/watch?v=zAxMbYmiJs0


    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492764536
    続きを読む →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    01サガン鳥栖は22日、2016年度の経営情報を開示し、2期連続の黒字となったことを発表しました。売上高は過去最高となる約27億6千万円で、広告収入が36%増となったそうです。[佐賀新聞]サガン鳥栖、2期連続黒字 http: ... 続きを読む→ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    [Twitterでの反応]
    →ranking

    続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

    このページのトップヘ